経済・政治・国際

民主党政権の 終焉!!

20098/9/16

今日は、半世紀続いた、政権の

  交 代 

の日である。

未明に 衛星テレビを見ていたら

今日発足する 民主党政権の

  終 焉 

を予想される事実が 話されていた。

今は 時間が無いので今晩にでも

政権が成立してから、ゆっくり書こうと

思います。

乞う ご期待!!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

JUS

2007/12/4  今日は環境のことをすこし

JUS ジュスと読むそうです。これは国連でもっとも軽蔑されて

いる 二つの国のことを指す 造語 だと地球村の高木さんに

教えてもらいました。

現在インドネシアのバリ島の ヌサドゥア というところで

COP13(国連気候変動枠組み条約第13回締約国会議)

が行われています。日本が初めて環境の国際会議の

ホストを務めた京都会議でとりまとめた、CO2削減の

ための 京都議定書 その次の枠組みを論議している

ようです。残念ながら日本はホスト国でありながら

何も削減のための取り組みをせず、CO2排出量を

大幅に増やしています。自分で決めたことも実行

できないかも知れません。

そのCOP13の会議で米国と組んで世界各国の努力

の足を引っ張ろうとしている模様です。

インド洋での戦争のために無料ガソリンスタンドを

続けようという国際貢献(?)には真剣ですが、

地球温暖化防止の国際貢献には消極的ですね!!

さて、 JUS ですが、おわかりですね。

JAPAN の J

USA   の US

を組み合わせ JUS となりました。

ちなみに 国連の費用を負担している国で

No1 は USA 、No2 は JAPAN です

| | コメント (0)

ノ-ベル平和賞

2007/10/26

今年のノ-ベル平和賞を アメリカの元副大統領のアル・ゴア氏

と国連の「気候変動に関する政府間パネルIPCC」が受賞しましたね。

環境と平和との関係は???

では、昨年の平和賞は誰がもらったのでしょう???

娘に送ったメ-ルの一部を引用します

----------------------

先日ノ-ベル平和賞にアルゴアとIPCCが受賞したとの
第一報を入れてくれましたね。では、昨年は誰がもらった
のでしょう??
一年経つと忘れてしまいますね。
もらったのはバングラデシのムハマンド・ユヌスという
経済学者と彼の創設したグラミン銀行でした。たぶん
、初めて聞いた名前だと思います。こんな活動です
バングラデシの貧しい村で竹椅子を家内作業で作って
売っていた女性が、材料を買うお金が無いので高利の
金を借りて仕事をしていたのですが、金利が高く、
働いても働いても生活は楽にならなかったそうです。
それを知ったユヌス氏は低金利で小口(千円単位の
お金らしい)の貸し出しを始めました。援助という形で
はなく、ちゃんとした金融システムで対等のつきあいを
したことが、すごいですね。
借りる人が多くなり世界中でも評価を得るものになった
そうです。借りる人はほとんどが女性で、回収率は95%
以上だそうです。日本の金融機関には爪のあかを煎じて
飲んでもらいたいものです。ゴアやユヌスさん、もっと前に
はケニアの「モッタイナイ」を世界中に流行らせた
ワンガリ・マ-タイさんなども受賞しています。こういっ
たコツコツと続けることが平和に繋がるとノ-ベル
委員会は見ているのでしょう。原爆やミサイルでは永遠に
平和は来ないと言うことです。去年のユヌス氏の受賞に
感動したのですが、一年経つと忘れてしまうものですね。
--------------------------
今は情報があふれていて、マスコミを賑わす話題も
賞味期間が短く、大事なことも
すぐに忘れさせられてしまいます。
現在は世界中で貧富の格差がすごいレベルで
拡大しています。アメリカ合衆国(ブッシュ大統領)
が敵視するテロ(見る位置を変えるとレジスタンス)
も大きな原因はこの貧富の格差に有ると言えます。
日本国内でもやはり格差はヒドイ状況にあります。
ムハマンド。ユヌス博士のような活動を世界に
広めないと、問題は解決しませんね。

| | コメント (0)

あまりに大人げない人 安部ちゃん

たまには政治のことを

本日突然 安部首相が辞任を言い出しました。

その記者会見を聞いていても、全く意味不明な発言

そうしている内に友人からメ-ルで情報到着

---以下引用---

毎日新聞、安倍首相辞意:「週刊現代」が「脱税疑惑」追及で取材
http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/973.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2007 年 9 月 12 日 15:28:36: 4sIKljvd9SgGs


安倍首相辞意:「週刊現代」が「脱税疑惑」追及で取材
 突然辞意を表明した安倍首相については、「週刊現代」が首相自身の政治団体を利
用した「脱税疑惑」を追及する取材を進めていた。

 同編集部によると、安倍首相は父晋太郎氏の死亡に伴い、相続した財産を政治団体
に寄付。相続税を免れた疑いがあるという。晋太郎氏は91年5月に死亡し、遺産総
額は25億円に上るとされていた。編集部は安倍首相サイドに質問状を送付し、12
日午後2時が回答期限としており、15日発売号で掲載する予定だったという。

毎日新聞 2007年9月12日 15時00分

---引用終わり---

毎日新聞の電子版が出典らしいが、突然この記事は削除され

今は見ることができない、

真偽はこれから明らかになるでしょうが、あまりにも大人げない

辞任の仕方に開いた口が塞がらない状態です

| | コメント (0)