« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

平太郎 と 普照 の問い

2012/1/24

親鸞聖人の絵伝の四幅目に お弟子の平太郎の

熊野詣でのことが描かれていますが、神祇不拝を宗とする

真宗門徒にとっては、いくら公用とはいえ、神様にお参り

するのは抵抗があり、京都にみえる聖人に可否を問います。

もっとも、最近の我ら門徒はあまり抵抗なく神社でも

キリスト教会をお参りするひとが多いような気がします。

私のお寺の お朝事にお参りされている方も寺に来る前に

家で 祝詞 をあげてきているそうです。

また、役僧をしていた若者はキリスト教会で結婚式を

挙げたとも聞きました。

いったい、真宗はどこに行ってしまっているのでしょう?

そんななか、先日長女が

「職場の友人に誘われたので

    伊勢神宮にお参りに行ってもいい?」

と訊いてきました。

父親の私が 神社に一切お参しないのをみていたり、

家にあった神棚を真宗の話を真剣に聞くようになってから

降ろして焼却してしまったことを見聞きしていたので

そんな質問をしてきたのでしょう。

さて、私の回答は

「お付き合いで行くのはいいけど 

     真宗門徒は 神さんは 要らんのよ!!」

でした。だって親鸞聖人は

「雑行を棄てて 本願に帰す」

と言われているし

曇鸞大師は命懸けで手に入れた 仙経を 

二度と読まないように焼き捨てているのですからね・・

毎日 正信偈 を祝詞と同じように呪文の

ように読んでいるんだろうか?

ちなみに 普照 は長女の法名であります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

一枚の紙に雲を見る

2012/1/11

詩のお好きな 石見の安楽寺のブログに紹介されていた

 「一輪の野花に天界を眺める」(W.ブレイク)

ひとつぶの砂に世界を観る
一輪の野花に天界を眺める
汝《なれ》の掌《て》に無限を握れ
そして一刻《ひととき》のなかに久遠を

という詩を読んで、いつも使用している勤行本の

末尾に乗せられている詩のことをコメントに書いたら

詳しく紹介して欲しいとリクエストがあったので

自分のブログの記事に致します。(手抜き?)

「一枚の紙に雲を見る」

もし、あなたが詩人であるならば、この一枚の

紙のの中に雲がうかんでいることを、はっきりと

見るでしょう。雲なしには、水がありません。

水なしには、樹が育ちません。そして、

樹樹なしには紙ができません。ですから、

この紙の中に雲があります。この一ページの

存在は、雲の存在に依存しています。

紙と雲は、きわめて近いものです。・・・・

この小さな一枚の紙の存在が、宇宙全体の

存在を表しています。

      「ビーイング・ピース」

        ティク・ナット・ハン

         ベトナム生まれ(1926〜)僧侶 

           フランス在住   

そもそも私は詩を読むような人間ではありません。

たまたま、おつとめの本にのせられていたので

記憶に残っていただけのことですが、なんとなく

似たような詩だと思ったのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

101年目の世界遺産

1012/1/10

Photo

昨年がマチュピチュの空中都市と呼ばれる遺跡が

西洋社会の人間に発見されて、100年目の年に

当たると聞いていたので、是非訪れてみたいと思いつつ

暇も金も無いので諦めていたが、年が明けた先日の

7日に訪れることができた。

というのは真っ赤な嘘で、県内犬山市にある

野外民族博物館

    リトルワールド

に子供二人と母親の4人で お手頃世界旅行をして

来たのです。100周年ということを記念して

大パノラマ写真をバックに記念撮影ができるような場所

が設けられていて、そこでのスナップであります。

息子(小生のこと)は外国航路の船員をしていたので

世界中のあちこちの国に行く機会に恵まれたのですが

母親は出べそ(外出することが大好きな人間の別称)

なのですが、30年前にくも膜下出血で半身不随と

失語症という病に恵まれ(?)海外旅行というものには

全く縁がなく、現在に至っています。残念ながらこの

圏内にある リトルワールド にも来たことはなかった

ようです。

今回はありがたいことに車の運転から開放されたので

アルコール解禁の旅となり、以前から飲みたかった

ドイツ館での ソーセージをつまみにビールグラスを

傾けることができました。(映像取り忘れ)

丁度季節限定の催しとして、世界の鍋料理が園内随所

で食べられるようになっていました。Photo_2

韓国では、味噌チゲ、海鮮チジミプラスしてマッコリで

乾〜杯ィ!!

その他の食材 前出のドイツソーセージと三種ビール

の他には。

1.インドネシアのパイナップルスティック

2.山形の力こんにゃく と さくらんぼソフトクリーム

3.沖縄のサータアンダギー(お土産にも購入しました)

などなど

アフリカエリアの食堂には ワニ・ラクダ・ダチョウの

三種串焼きなどが有りましたが、手が出ず?!

当日の旅費(入場料)4人分合計で

   4200円

でありました。

おまけの映像

アイヌの家

Photo_3

極寒の北海道で中に囲炉裏があるだけです。省エネの

極みです。見習わなくっちゃ!!

母親、私、長女全部辰年生まれ

Photo_4

この台湾の家に娘の名前が

Photo_5

私のお気に入りの 南米の家で

Photo_6

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

他化天の大魔王

2012/1/9

Photo

明けましておめでとうございます。

サボり癖がすっかりついてしまい、今年はじめての書き込み

であります。

大晦日から寺の鐘楼に上がり、参詣される方々に107個の

キャンディーを渡して新年を迎えました。

同時に還暦の誕生日を迎えた訳です。1月1日が誕生日なので

新たな 他化天大魔王

の誕生の瞬間でありました。この王座からの引退を願いつつも

なかなか果たせずに 60年 

念仏が口から出ません!!

本年も宜しくお願いいたしまする・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »