« 緊急講演会案内・・是非おいで下さい | トップページ | 実るほど頭をたれる稲穂かな・・・に新説 »

144坪の龍谷(おおたに)本願寺

2011/12/7

ずいぶん書き込みを休んでしまいました。

怠けているうちに カレンダーは最後の一枚になり

日めくりも極薄状態になりました。

本山(ひがし)の御正当報恩講にもとうとうお参りできずに

終わってしまいました。50年に一度しかないのに、次は

齢109才のときですので、待受側に回っているはず。

本山の報恩講の前後にこの地域(三河)の寺の報恩講が

勤まります。ことしは例年の半分以下の寺にしか縁が

無い模様です。そして、我 手次の寺

  龍蓬山・安専寺

の報恩講もまもなく 15〜17日にかけて嚴修されます。

お近くの方は是非お参り下さい。詳細は後日に

さて、報恩講といえば、どの寺でも法話とお斎(とき)

の法施をうけることが出来ます。

ある寺の法話で 最初本願寺の敷地はたったの

    144坪

しかなかったと教えていただきました。廟地ですので

お墓と考えるとかなり大きいわけですが、教えを聞く

場所としては現在の本願寺に比べるとかなり小さい

ですね。

また、西本願寺の山号である

   龍 谷

という文字も りゅうこく の他に おおたに 

と読めるのだそうです。な〜るほど、

大谷 = 龍谷

だったんですね。

そういえば 手次の寺にも 龍 の字がついています。

蓬(ほう)は よもぎ のことですが、龍樹大師の

エピソードに よもぎ が出てくるようなことを聞いた

気がするのですが、記憶がハッキリいたしません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« 緊急講演会案内・・是非おいで下さい | トップページ | 実るほど頭をたれる稲穂かな・・・に新説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急講演会案内・・是非おいで下さい | トップページ | 実るほど頭をたれる稲穂かな・・・に新説 »