« 真宗大谷派 の 正式な盆提灯 | トップページ | ここにも おじいさんが・・・ »

おじいさんが 正信偈 に??

2011/8/1

Photo

とうとう8月に突入?いたしました。

先日、突然&直前の情報提供を受けて、隣町に隣の組(そ)

の真宗講座を受講させていただいた。丁度仕事も暇で

タイミングが良かったともいえるが、縁というものは概して

こんなものなのだろう。

講師は私の 善知識筆頭ともいえる A・J師だ!!

お話の中で

正信偈の中に 私の おじいさん が出てくる」

と言われた。   ん ん ん????

800年も前に 彼のおじいさんが生きているはずも無いのに

いったい どこに???

回答は 最後の最後

弘教大士宗師等

の部分だと

大士 とは 龍樹&天親 の両菩薩さま

宗師 とは 曇鸞~源空 の五師を指す

とその場で教えていただいた、そして最後の一文字

     

の中に おじいさん 登場されるのだと・・・・・・

正信偈意味を訪ねる時に私はよく 和訳正信偈

を読むようにしている。その作業をすると

しちこうそうはあわれみて

とある。和訳では 等 は省略されてしまっている。

しかし、七高僧の方々も大切であろうが、直接

私の手を引いて 仏法 に遇わせてくれた

その人こそが 同じ空気を吸って生きていた存在人

として、とても大切な人であろう。その存在が

無ければ今の私はいないのであるから・・・

たった一文字の漢文を そう読み取れるような

生活をしたいものである。

冒頭の写真は 携帯電話で撮影したので画質が

粗く、読めないと思うので解説するが、

講座を受けた寺の同朋会館のお内仏の上に

掛けられていた額で 書かれたのは

米沢英雄さん

この寺によくお話に来て見えたそうである。

下半分が余白になっているのは、この文と

対になる文をこの寺の先住が揮毫することに

なっていたからだそうですが、すでに故人と

なられました。今の住職が書くことになって

いるそうですが、どんな書でありましょう? 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« 真宗大谷派 の 正式な盆提灯 | トップページ | ここにも おじいさんが・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真宗大谷派 の 正式な盆提灯 | トップページ | ここにも おじいさんが・・・ »