« テレフォン法話・・・川村妙慶 | トップページ | 2億3500万円の国家予算 »

作詞 勢至丸

2011/8/10

朝のラジオで 現在熱戦が続いている 甲子園 の

出場校の 校歌 の特集のような事をしていた。

リスナ-から 全国の珍しい校歌について投稿があり

その中に

月影の いたらぬ里は なけれども

ながむる人の 心にぞすむ

という歌詞の高校があるというものが有った。

この歌は ご存じ 法然上人 が作られたと

言われている。ということは

上宮高校は浄土宗の宗門校ということでしたか

我が宗派の 浄土真宗系列の学校で

恩徳讃 または 真宗宗歌 などを校歌としている

ところが有るんだろうか????

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« テレフォン法話・・・川村妙慶 | トップページ | 2億3500万円の国家予算 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレフォン法話・・・川村妙慶 | トップページ | 2億3500万円の国家予算 »