« 放射能対策の極意を 山下俊一教授に聞く | トップページ | この一文に尽きる 歎異抄 »

仏教ブログに登録しているけど・・・

2011/7/13

Photo_2

仏教ブログに登録しているけど、最近仏教に関すること

書いてなかったナ~

私は本を読むスピ-ドがかなり遅い、というよりすぐに

眠くなるので中断が多いということですが、現在

3ヶ月計画で読んでいる文庫本、といっても文字も

小さく530ぺ-ジもあり、難解な仏教用語が多発する

この本に悪戦苦闘しているわけである。この本とは

   歎異抄聴記

曽我量深さんの夏安居(げあんご)の講義を文章化

したものだ。時は1942年7月、元号でいうと

昭和17年、私の生まれる10年も前のことで、しかも

戦争中である。

本のカバ-の裏表紙の部分にこんな一文が

--------------------------------------------

わたくしは「歎異抄」では、第一章が真実教を明らかに

したものであると思うようになりました。そしてみると、

第二章は真実行であり、第三章は真実信、第四章は

真実証であると思います。それから第五章は還相回向

だと思います。ですから、初めの五章で教・行・信・証

から還相回向まで明らかにされたものであると、

こういうようにこのごろ考えるようになりました。

           -曽我量深「改版の序」より

---------------------------------------------

歎異抄も最近やっと全文読んだような人間ですので

どこを指して 教 行 信 証 還相回向 というのか

よくわかりませんが、折に触れて読むようにして

読み込めば少しは分るかと、朝のお勤めの代わりに

歎異抄をたまに拝読するようにしました。

ご遠忌の 理念 として大谷派では

「宗祖としての 親鸞聖人に遇う」

を掲げていますが、私にとっては意味不明な

ご遠忌テ-マ

「今 いのちがあなたを生きている」

が提起されたこともあり、理念を忘れてしまっている

ような気がします。

遇う には まず聖人に残していただいた書を読む

ことからだと思っているところです。

随分前に購入した 真宗聖典が新品のようなわたし

ですので、いつまで続くことやら・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« 放射能対策の極意を 山下俊一教授に聞く | トップページ | この一文に尽きる 歎異抄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放射能対策の極意を 山下俊一教授に聞く | トップページ | この一文に尽きる 歎異抄 »