« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

真宗大谷派 の 正式な盆提灯

2011/7/27

ずいぶん前から 我が家の

お内仏(ないぶつ)

の前に 切り子灯籠 が荘厳されている。

20111

真宗大谷派(東本願寺)の正式な 盆提灯

ちょうちんではありませんが、これだと聞きました。

手続きの寺が新調されたのを機に 我が家にくだされた

ものです。

中に電球が入っていて おあかり が灯るのですが

まだ電気配線をしたことがありません。

以前は我が家にも 葬儀屋さんが祭壇とセットで販売

するような 回り灯籠 のような盆提灯がありましたが

壊れたのか いつの間にか 飾られななっていました。

真宗では とりわけ お盆 にお参りすることはありません。

もちろん 迎え火 や 送り火 を炊いたり、なすなどの野菜で

馬をつくることも、お盆用の供物もいたしません。

しか~し、やっているところはかなりあるようです、なにを

隠そう、我が家でもお墓から蝋燭で迎え火を持ち帰り

送り火もしていました。

大谷派の門徒さんは、この次にお葬儀をあげられる場合は

葬儀屋さんの セ-ルス に乗って 盆提灯 を購入されま

せんように お気をつけられるべし!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (3)

この一文に尽きる 歎異抄

2011/7/17

やっとのことで読み終えました。

歎異抄聴記

この本は何度か読み返さないといけないと思いますが

果たして 次回がいつになることやら???

ところどころに メモ しておかねばというところがありました、

が、メモを取らずに終わってしまいました。

曽我量深さんが 歎異抄 の感動はこの一文に尽きると

いわれているところがある それは

---------------------------------------------------

弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとえに

親鸞一人がためなりけり。されば、そくばくの業をもちける

身にてありけるを、たすけんと

おぼしめしたちける本願のかたじけなさよ

---------------------------------------------------

であると、この文の前には

「聖人のつねのおおせには」

とあり、後には

「と御述懐そうらいしこと」

とある。つまり、何度もなんども そして しみじみと独り言の

ように言われていたのであろう。

 正信偈 には

顕大聖興世正意

明如来本誓応機

と有ります。和訳正信偈では

弥陀の誓いの 正機(めあて)をば

われらにありと あかします

となります、私はこの部分が好きです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

仏教ブログに登録しているけど・・・

2011/7/13

Photo_2

仏教ブログに登録しているけど、最近仏教に関すること

書いてなかったナ~

私は本を読むスピ-ドがかなり遅い、というよりすぐに

眠くなるので中断が多いということですが、現在

3ヶ月計画で読んでいる文庫本、といっても文字も

小さく530ぺ-ジもあり、難解な仏教用語が多発する

この本に悪戦苦闘しているわけである。この本とは

   歎異抄聴記

曽我量深さんの夏安居(げあんご)の講義を文章化

したものだ。時は1942年7月、元号でいうと

昭和17年、私の生まれる10年も前のことで、しかも

戦争中である。

本のカバ-の裏表紙の部分にこんな一文が

--------------------------------------------

わたくしは「歎異抄」では、第一章が真実教を明らかに

したものであると思うようになりました。そしてみると、

第二章は真実行であり、第三章は真実信、第四章は

真実証であると思います。それから第五章は還相回向

だと思います。ですから、初めの五章で教・行・信・証

から還相回向まで明らかにされたものであると、

こういうようにこのごろ考えるようになりました。

           -曽我量深「改版の序」より

---------------------------------------------

歎異抄も最近やっと全文読んだような人間ですので

どこを指して 教 行 信 証 還相回向 というのか

よくわかりませんが、折に触れて読むようにして

読み込めば少しは分るかと、朝のお勤めの代わりに

歎異抄をたまに拝読するようにしました。

ご遠忌の 理念 として大谷派では

「宗祖としての 親鸞聖人に遇う」

を掲げていますが、私にとっては意味不明な

ご遠忌テ-マ

「今 いのちがあなたを生きている」

が提起されたこともあり、理念を忘れてしまっている

ような気がします。

遇う には まず聖人に残していただいた書を読む

ことからだと思っているところです。

随分前に購入した 真宗聖典が新品のようなわたし

ですので、いつまで続くことやら・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

放射能対策の極意を 山下俊一教授に聞く

2011/7/7

今日は七夕ですが、あいにくの雨模様です。

雨が降ると 織姫と彦星(スペルは大丈夫か?)が会えない

という人がいますが、宇宙で雨が降っているはずも無い

ので、年一回のデ-トを楽しんでいることでしょう。

今は日中ですので当然星は見えませんが、金子みずず

さん曰く。

昼間の星は目に見えぬ

見えぬけれど 有るんだよ

 さて、原発の放射能汚染の実態がどんどん明らかに

なってきています。福島県の住民健康調査で

1000人の内 43%から放射能が検出されたとか。

しか~シ、健康には影響が無いそうです。

安心 安心 安心?

また、お母さんたちが国や東電が信用ならんと

フランスの放射能調査会社に 自費で依頼していた

10人分のサンプル全部(100%)がセシウムで汚染

されていたそうだ。

私は現在。新聞を購読していないし、地上波テレビも

ほとんど見ません。ニュ-スなどとても胡散臭いし

ドラマも韓国のものの方が面白いので、衛星の番組

をほとんど見ています。当然ニュ-スも衛星で見ています。

スポンサ-は私ですので、東電や電通などに関係なく

遠慮なく辛口のコメンテ-タ-が登場します。

久しぶりに

democracy now!

を見たら、福島原発事件の特集をしていた。

地上波テレビによく登場している、長崎大学狂授Photo

山下俊一氏が面白ろいことを言っていることを知った。

もっとも新聞を読んで見える方は先刻ご承知でしょうが・・

「放射能の影響は ニコニコ笑って

いる人には来ません。クヨクヨ

している人に来ます。」

なかなか名言ですね。昔から「病は気から」

という言葉がありますので、その放射能版といった

ところでしょう。

こんな人を福島県は

放射能健康リスク管理アドバイザ-座長

に選任されたそうです。

みんなで笑って 放射能を吹き飛ばそう!!!

といった意気込みなのでしょう????

この方です。顔を覚ええおきましょう!!Photo_2

にこやかで いい顔してますね

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

息子の職場見学

2011/7/6

今週は次男が夜勤をしていて、毎日午前3時ころに

帰ってくる。一般的に夜勤というと 夕方に出て行って

明朝帰宅というのが普通と思っていたが、彼の場合は

人員不足で早出をしているので、お昼に家を出て行く、

通勤は片道15~20分程度なので毎日16時間拘束され

ていることになる。仮眠も無い職場なのでかなりハ-ド

な勤務だといえる。当然疲れ果てて帰ってくる。

疲れる原因は 長時間労働だけではなく、真夏にも

ボイラ-を炊いての作業なので、この季節は作業場の

温度は40度をはるかに越しているという。

そんな状態なので、一度どんな労働条件で仕事をしている

のかを体験しようと、昨晩 押しかけて工場見学を上司の

許可を得ずにさせてもらった。

いつもより外気温が低く、比較的楽だと言っていたが、かなりの

高温であり、機械のおとが耳を劈くような状態である。

ある場所では70度(摂氏ですよ)を越すところがあり、機械が

故障するとその中に入り作業をすることもあるそうだ。

毎週、週末を指折数える気持ちも 分る 判る 解る。

若いとはいえ、大変な仕事、体に気をつけて働いておくれ!!

スタミナをつけてもらおうと、彼の大好きなウナギの蒲焼を

一本購入しました。休みの日にゆっくり食べてね!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

地名のご縁・・・ふくシマね!

2011/7/4

先日、島根県に避難している人たちと 地元の市民が

楽しいイベントをしたらしい。

Photo

内容はみんなでそうめん流しを食べたりと、手作りの

イベントをしたそうだ。

島 という字のつく県はまだまだある

福島、徳島、広島、島根、鹿児島 の5県で第二位だ

そんな関係で同じ字のつく県名を

をクイズ形式で娘と考えた見た。

一番多いのは 山 の字のつく県名である。

山形、山梨、富山、和歌山、岡山、山口 と6県

ほかには 川、岡、城、etcだが

わが愛知では

愛・・・・愛媛、愛知

知・・・・高知、愛知

と少ない、わが愛知の県民は、同じ文字の付く県に

何かあったときは、島根の人たちのようにできるだろうか

????????????

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »