« 人間を救うのは 人間だ! | トップページ | 愚痴の破旬坊 »

衆悪の万川帰しぬれば・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

2011/4/7

今回の地震や津波の報道を見て、真宗門徒として

何が思い浮かびましたでしょうか?

私は 宮古の堤防を津波が襲い、全国から視察に

訪れていたといわれる、宮古ご自慢のス-パ-堤防を

易々と乗り越えた 海水の色が 真っ黒だったことを

目にして親鸞聖人の和讃

名号不思議の海水は

  逆膀の死骸もとどまらず

    衆悪の万川帰しぬれば。

     くどくのうしおに一味なり

がすぐに思い出されました。

私たち煩悩にまみれた衆生を衆悪の万川とたとえられ

そんな濁った川の流れも 清浄な大海に入り込めば

たちまちに同化して きれいな海水と一緒になると

詠われていますが、今回私の目にしたものは

逆でした。大海のみずが濁り水でありました。

もし親鸞聖人が今を生きてみえて、あの様を見られた

ならば、この和讃をお詠みになったであろうか・・・・・・・

だから どうの ということは何もありませんが

世の中のできごとを お聖教や善知識に問うてみる

ことも 必要なことであると思うのです。

もうひとつ 親鸞聖人が震災の被災者の皆さんを

思う私たちに対して メッセ-ジを下さっている

お手紙があったことを思い出しました、次回の

書き込みとしよう・・・・

|

« 人間を救うのは 人間だ! | トップページ | 愚痴の破旬坊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間を救うのは 人間だ! | トップページ | 愚痴の破旬坊 »