« 根性悪坊主 と 竹田の子守歌 | トップページ | 釈尊の国の発展?? »

あすありと おもふこころの・・・

2011/2/27

あすありと

思ふこころのあだ桜

夜はあらしの

ふかぬものかは

真宗門徒には有名な和歌ですね

でも ちょっと間違いでは??・・・と

私も最初は思いました。

夜は ではなく 夜半に

と聞いていたような・・・

先日、大阪の難波別院(お東)が発行している

南御堂 

という新聞の2月号を読んで(見て)いたら

数年かけて連載された

「宗祖親鸞聖人の生涯」

の続編として新たに連載が始まった

「伝承の中の親鸞聖人」

の第二話 出家得度への道

が掲載されていた。親鸞聖人が9歳で出家得度

された場面が描かれていいたわけであるが

「今日は夜も更けてきたので 明日にしましょう」

と言われたときに、とっさに読まれたろ言われている

和歌に 冒頭のものが使。われていた

この歌の出展は

「御一代記図絵」

という書物だそうだ。他にも

明日云人の心はあだ桜

夜の嵐は吹ぬものかは

(御絵伝教授抄)

明日までと思う心はあだ桜

夜は嵐の吹ぬものかは

(御伝抄演義)

なども有るという。

前作の 宗祖親鸞聖人 は

完結して 三冊の単行本になっている。

今回の連載も楽しみであります。

毎月地元の 赤羽別院に送られてくるので

それを目当て(失礼)にお参りさせて

もらいましょう。これも宗祖のありがたい

呼びかけかもしれませんネ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« 根性悪坊主 と 竹田の子守歌 | トップページ | 釈尊の国の発展?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 根性悪坊主 と 竹田の子守歌 | トップページ | 釈尊の国の発展?? »