« 梵鐘三昧・・その2 | トップページ | 自分の内に安心を!! »

梵鐘三昧・・その3

2011/2/9

話がちっとも進みませんが、昨日帰ってきた

梵鐘を 二つの新聞社が取材にみえた。Photo

お迎えに行ったときも、寺のカメラを預かり

カメラマンを務めたので、自分のカメラでは

一枚も撮影せずにいた。昨日の取材の折

本堂入り口の風除部屋(扉が2重になっている)

に置かれた235年前の梵鐘の写真を撮った

のでUPしておきましょう。

掃除もされ、埃が落ちきれいになりました。

4歳の時に送り出した記憶を持っている前の

住職と現住職の次女(中2)は毎日会いに

来ているそうだ。

考えてみれば、戦後埼玉県に連れて行かれ

8年前に隣町の他の寺に移されたこの梵鐘

それぞれの寺の檀家さん(真宗ではないので)

たちに、新しい梵鐘を迎えたいという願いを

起こさせた訳で、それぞれ新しい梵鐘が

作られた。子供を二人産んで、里帰りを

果たしたことになる。

また、供出(強制回収)されて溶かされて

(主成分は銅)金属材料として生まれ変わって

いれば真鍮などにされて砲弾の材料に

されていたはずである。つまり真宗の

基本聖典・大無量寿経に説かれている

  兵戈無用

の精神 兵隊も武器も用いることの無い

世界の希求とは正反対の 人を殺す

道具とされずに、無事(無傷で)生まれ

故郷に帰ってきたことに 感動を覚えずには

いられません。

次回 vol.4 は昨年新調された本山

東本願寺の梵鐘が登場です。

もう一枚肖像権侵害かもしれませんが

たぶん新聞にも掲載されるので

ご容赦を!! 喜ぶ新旧住職です。

Photo_2

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« 梵鐘三昧・・その2 | トップページ | 自分の内に安心を!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

jinryujiさん連続コメントありがとうございます。
ほんとに有難いご縁でした。
片道400kmの往復は日帰りでは少し大変なので
途中、寺の三男が婿入りした山梨県都留の寺に立ち寄り
近くの山中湖で一泊させていただきました。山梨側から
初めて富士山を見させていただきましたが、静岡側より
近くに富士がみえ、山中湖に映り逆さ富士なるものを
幸いに見ることができました。すごい景色でありました。ご褒美としては過分なほどでした。

投稿: 釈破旬 | 2011年2月 9日 (水) 20時54分

新聞記事を見る限り
非常に奇遇な御縁ですね。
1978年に存在を知ってから
33年目も経って本当に戻ってくるとは。
鐘は1942年に供出されてから、
69年ぶりの里帰りだそうで、
これからも平和の象徴として
大事にしてほしいものです。

梵鐘も、取りに行った方々もお疲れさまでした。

投稿: jinryuji | 2011年2月 9日 (水) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梵鐘三昧・・その2 | トップページ | 自分の内に安心を!! »