« ひと噛みの環境活動 | トップページ | 梵鐘三昧・・その5(最終回) »

梵鐘三昧・・その4

2011/2/13

Photo

(東本願寺hpから写真を借用しました。

  昨年新調された梵鐘を吊る作業か?)

さて、このシリ-ズも佳境に・・・

といっても誰も期待していないであろうが。

先月の末 29日~30日(土日)に本山へ

奉仕団として上山してきました。

いろんな目的で奉仕団か組まれていましたが

ご遠忌を目前にして、総ての奉仕団は

お待ち受け奉仕団

という名前に統一されています、奉仕団

のみでは有りませんが、門徒総上山を

呼びかけています。総をどう受け取るのかは

解りかねますが、ご遠忌イヤ-に突入した

一月最後の土日日程での同朋会館

全国のご門徒の皆さんとの交流を楽しみ

にして同朋会館の玄関に付いてみると

看板にある奉仕団名はたったの一つ

つまり、今回は会館貸し切り状態という

ことでした。 残念!!

今回の上山は地元の組(そ)で毎年開催

している

  心の元気塾

で 3年に一度上山しているものに参加

させていただいたものです。

埼玉まで一緒に寺の梵鐘を迎えにいった

前住職に

「本山の梵鐘も見てくるように、特に

  古いお鐘を置いている木製の台を

    よくみておいで!」

と云われての上山だったが、デジカメの電池

が切れているのを忘れて、写真は皆無で

ある。

台をと強調されたのは、前住職が正月元旦に

上山されて、台を調べ、それと同じようなものを

自作されていたからだ。

確かに、そっくりに作られている。この前住さん

お坊さんにならなかったら 大工さんになりた

かったという方で、いろんなものを手作りで

作られている(仏具など)、お庫裏の裏には

作業場があり、かなり専門的な道具が揃って

いるのには感心する。

冒頭の写真の梵鐘の音を聞くことは普通に

お参りで上山しても出来ない。今回は24時間

本山境内にいるので、幸い朝起きた時に

聴く機会を得た。音色についてはウ-ム

ちょっと残念といった感じをうけた、もっとも

寝ぼけ眼で、極寒の会館の廊下でのこと

ゆっくりちゃんと聴けた訳では無いので

またいつか、暖かい時に聴いてみようと思う。

この梵鐘は古いもの(400年ほど以前)の

鳴りが悪かったためか、滋賀県の梵鐘

メ-カ-の 金寿堂 さん昨年寄進して

下さったものだ、重量4.5㌧有るそうだ。

ちなみに 私の手次寺・安専寺の現在

使用中の梵鐘も ここの作である、こちらは

いい音で 響流十方 しています。

本山の古い梵鐘は現在工事中の

阿弥陀堂の前に展示されています。

Photo_2

(これも 借用しました)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« ひと噛みの環境活動 | トップページ | 梵鐘三昧・・その5(最終回) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひと噛みの環境活動 | トップページ | 梵鐘三昧・・その5(最終回) »