« あすありと おもふこころの・・・ | トップページ | 三つの 御本尊 »

釈尊の国の発展??

2011/2/28

今日は おはちんち

ですので家事放棄を続けている 連れ合い殿 は

いそいそと 寺に賄いの仕事をしに出かけました。

親鸞聖人の御命日であります。

我が家でも 一人だけで お朝事を勤めました。

さて、中国に追いつけとばかりに人口では第二位の

インドの経済発展はすごいようです。

トヨタ系の会社に勤めている友人も 少し前に

インドに長期出張をしていました。

2500年も前に仏教を生み出した国ですので

文化程度も能力もあるはずですので 無理からぬ

発展と思いますが、昨日衛星のニュ-ス番組を見て

いたら、この発展の裏側には恐ろしいほどの

貧困を生み出している実態が話されていた。

一日 20ルピ-(50セント/米)以下で暮らす人の

数が 8億3000万人もいるそうだ。

この数は 最貧国といわれるアフリカの26ヶ国の

総人口よりも多いとの事だ。

先刻 GDPで日本を追い抜いたお隣の中国でも

上海などの海岸部の諸都市の発展はすごいが

内陸部の農業しか産業のない地域ではインドと

同じようなものかも知れません。

日本の場合は戦後、急激に発展したが

ある北陸の政治化が総理大臣になり、都市部の

発展の富を、日本全国(地元により多く)に

公共事業を作り出し、分配したので地域間格差

が緩和されたとも聞いた。もっともその手法も破綻

して、今では格差が著しいことは誰も知るところ

であるが・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« あすありと おもふこころの・・・ | トップページ | 三つの 御本尊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あすありと おもふこころの・・・ | トップページ | 三つの 御本尊 »