« 梵鐘三昧・・その5(最終回) | トップページ | あすありと おもふこころの・・・ »

根性悪坊主 と 竹田の子守歌

2011/2/14

寺の坊んさん、

根性が悪い

守り子いなして、

門しめる

どうしたいこーりゃ

きーこえたーか

ある寺のhpに掲載されたその寺の

寺報(お寺の新聞)のバックナンバ-を

読んでいたら、この歌が紹介されていた。

Photo

この歌詞は上のレコ-ドジャケットの

竹田の子守歌

の元歌の歌詞だそうだ。

レコ-ド も ジャケット もこの歌も

若い人には解らないかもしれませんね。

しかし、B面(これも古い言い方ですね)

つまり、カップリング曲の方は学校の

音楽の教科書にのっているので、子供でも

知っているようです。

歌っている 赤い鳥

は私が仙台の学校に通っているときに

東北放送(TBC)のバイトでヤマハの

コンサ-トのゲストで出演した彼らに

お弁当を届けたことがあるので、若い頃の

思い出として 記憶に残っているグル-プ

です。女性メンバ-の一人

新居潤子(現在 山本潤子)さんは

すごく女性的な方だったデス

赤い鳥 は解散して、ハイファイセット と

紙風船 というグル-プに別れました。

この 竹田の子守歌 は被差別部落のことを

歌った歌ということが後に知られて、あまり

歌われなくなってしまいました。

それにしても、すごい歌詞ですね。

我が 教団でも部落差別については負の

過去を持っています。(詳しくは知りませんが)

仏教の生まれたときは 差別の無い世界を

求めてのことでしたので、本質を見失ったと

云うことですね。私自身も差別心は人一倍

持ち合わせています。

この歌詞をHPに載せていた寺の住職さんは

根性の悪い 坊さん とは自分のことでは

と慚愧の思いで載せてみえました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« 梵鐘三昧・・その5(最終回) | トップページ | あすありと おもふこころの・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梵鐘三昧・・その5(最終回) | トップページ | あすありと おもふこころの・・・ »