« 配送勤行 | トップページ | 十時間連続のご聴聞 »

ほのぼのカレンダ-

2011/1/13

毎年我が家の食堂には

ほのぼのカレンダ-

が吊られている。

今年は ずぼら してまだ吊って無く、仏間に

置いたままになっていたので、お夕事の時に

じっくり書いてある 遠井義雄さんの詩を

ゆっくり読んでみた。2月の所に

ひたすら私の目覚めをまち

ひたすら生かし続けてくださる

阿弥陀さま

とあった。娑婆世界に生をいただいている以上

いつか分からないけれど、今生での死を迎える

いくら阿弥陀さまでも永遠に私を生かしておく

ことは出来ません。

一秒後か 50年後か解りませんが、阿弥陀さま

の ひたすら が有効の間に 私が目覚める

必要があります。

しばらくお休みしていた 親鸞聖人の教えの学びを

再会いたします。

仏法は 若きときたしなめ と言われますが

若きときを無為に通過してしまいました。

いそげ いそげ いそげ・・・・・

|

« 配送勤行 | トップページ | 十時間連続のご聴聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 配送勤行 | トップページ | 十時間連続のご聴聞 »