« コイン三択 | トップページ | 梵鐘三昧 »

69年ぶりの里帰り

2011/1/19

日頃の ずぼら の埋め合わせに

本日2回目の投稿

先の大戦中に 資源の無い日本が海外から

物資を調達できないので、日本中から物資を

かき集めた。供出(強出・強制的に出せ・・?)

という形で寺の仏具(ほとんど真鍮製)も

瀬戸物に置き換えられたという。寺でもっとも

重い金属製品はなんと言っても 梵鐘 である。

とうぜんこれも供出の対象とされ。文化的価値の

有るとされる物(ほんとはどんな物も等しく有価値)

以外は大砲の弾などの材料にか 取りあげられた。

我が寺も同行さんたちが寄進された江戸時代の

ものが有り、昭和17年に送り出したという。

その梵鐘が、戦後東京の寄場に置かれていて

埼玉の寺が 同じく供出で無くしたので代替にと

払い下げてもらい、使って居たと云う。

その鐘が 新しい物を寄進される方が現れ

交代を機に 元の持ち主の所に返されることに

なった。金銭的やりとりは有ったと思われるが

それは私の知る所ではない。

その引き取りに 来週 25日~26日と一泊で

埼玉県深谷市に前住職と一緒に行くことになった。

暗い話の多いこのご時世に

明るい話題が到来いたしました。

本日の新年会では その話題で盛り上がる

だろうな~

私は出席できずに ザア~ンネン  

詳しいことは 帰ってきてから書きましょう

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

|

« コイン三択 | トップページ | 梵鐘三昧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

里帰りとは奇しき縁ですね。でもよく考えてみると、理解できない面があります。国が供出を求めたのは、鋳造が明治からの梵鐘と聞いていることと、梵鐘には寺院名・住職名や施主の名が刻字されているのが普通だと理解しています。その鐘が定型通りとすると他の寺院名が刻まれた鐘を69年間使用していたことになります。江戸期の半鐘で、岐阜県の重要文化財に指定されている御西の鐘は、中本山の寺号いりで、富山から小坂の道場に運ばれたと説明され来歴がはっきりしています。(その末寺の縁起も、この半鐘によって証明されます)。それにも拘わらず、他の寺院に戦中供出された梵鐘が69年間つり下げられていたという事実を考えると、偶然が重なった結果なのかも知れませんね。

投稿: jun | 2011年2月 4日 (金) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コイン三択 | トップページ | 梵鐘三昧 »