« みどりの市長誕生 | トップページ | やっとかめ »

弥陀のこころをあたえるぞ!

2010/11/23

今日は勤労感謝の日ですが、我が家の工場も

息子の勤める会社も 感謝されていないのか

お休みにはなっていません。

今はどうか知りませんが、ヨ-ロッパのドイツなどでは

「閉店法」

という法律があり、飲食などの特殊な商店を除き

日曜日はお休みにしなければならないと聞きました。

毎週はともかく、年に一度の勤労感謝の日くらいは

文字通り 国民の休日 なればいいな~っと

思います。わが社も取引先が仕事をしているので

つられて仕事をしています。(集中度は緩慢ですが・・)

さて タイトルの

弥陀のこころをあたえるぞ

は替え歌です。作曲家の平田聖子さんが曲をつけ

られた、正像末和讃の冒頭の無告讃と呼ばれている

有名な

弥陀の本願信ずべし

本願信ずるひとはみな

摂取不捨の利益にて

無上覚をばさとるなり

を法話の中で練習するときに、最初の一行を

弥陀のこころをあたえるぞ

弥陀のこころをうけてくれ

とに変えて歌うように指導されます。

つまり 「あなたが阿弥陀さまになったつもりで」

とこころをこめて歌うように指導されるわけです。

この平田さんが一週間の間に市内の二つの寺

の報恩講に講師として来られて、

お話(歌唱指導付き)を聞く縁をいただきました。

お話の中で、阿弥陀のはたらきを図解して示され

(運わるくデジカメを忘れた)

その中で 浄土に還帰した私たち衆生は阿弥陀様と

同じく 無上覚を悟り仏となり、還相回向して直ぐに

この娑婆世界に舞い戻り、迷える衆生を救うはたらき

をするのだそうです。

このときのために阿弥陀さまになったつもりの練習

という事ですね。

しかし、還相回向しなければならないのなら

 お勤めの最後に拝読する 回向文

願以此功徳

平等施一切

同發菩提心

往生安楽国

の最後は何なんだろう??一瞬しか浄土(安楽国)

に居られないので安楽も一瞬ということかな??

もっともご先祖さまたちもそうして 私を導いてくれて

下さっているわけだから 順送りか??

冥福なんて言葉に縁が無い 忙しい宗教である

真宗は・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« みどりの市長誕生 | トップページ | やっとかめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

junさんこんにちは
チョット書き方が悪かったですね。
テレビなどで芸能人などが亡くなると、必ず
「ご冥福をお祈りします」と言う事を皮肉って
書いたつもりですが、そう受け取れなかったということですね。
前傾した立像として阿弥陀仏が表されているということは、ここを去ること10万億仏土にいらっしゃる
阿弥陀仏はゆっくりと座る間もなく忙しく救いのはたらきをされているということでしょう。私ももし浄土に参らせていただいたら、お手伝いをさせていただきたいと思います。
冥福なんて大きなお世話!!それよりあんた大丈夫?
といいたかったのです。すみません

投稿: 釈破旬 | 2010年11月27日 (土) 09時12分

平田さん
コメントありがとうございます。
法友に「私は弘誓の船にのって、お浄土に行くモ~ン」と口癖のように言っているオバサンがいます。私が返す言葉に「バ~カ お前は俺と一緒に地獄にしか行けんわ、難中の難とお経に書いてあるやろ!」と投げかけています、言葉とは裏腹に彼女の言葉が本心から出ているなら、ホントはうらやましいことですね。疑い続け、そむき続けて私は生きていますから、私の場合は彼女のように信じられる身に近付くために法座に足を運び、賛歌を歌って練習をするしか無いと思っているところです。
ある先生が「真宗はもっとも聞きたくないことだ」と言われていたことを思います。自分の正体を知るのは怖いことであります。それを知らせる宗教が真宗だと言うことでしょうか?

投稿: 釈破旬 | 2010年11月27日 (土) 09時04分

最後の「冥福」という語が心に引っかかりました。「冥」は「暗く光がない」ことを示す漢字ですから、真宗にふさわしくない言葉と思いました。

投稿: jun | 2010年11月26日 (金) 10時31分

またひとひねりして書いてくださいましたね。
弥陀のこころを与えるぞ、が、還相回向の練習だなんて、
いくらなんでも・・・・。親鸞聖人は、お浄土にまいらせていただくことが
とても難しいとおっしゃっておられるのに、先に練習してるなんて、ちょっとふざけ過ぎですよ。

投稿: 平田聖子 | 2010年11月24日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みどりの市長誕生 | トップページ | やっとかめ »