« エンマさんまで嘘・・・ | トップページ | 四門出遊に二説 »

松代大本営壕 その2

2010/11/16

先の記事にコメントでお尋ねをいただきましたので

十分ではないですが、捕捉いたします。

Photo

これは壕の入り口の説明板です、先の記事の写真の

説明にも有りましたが、のべ300万人の住人と

朝鮮人労働者が強制的に動員され、工事が行われた

そうです。食料事情も悪く、工法も旧式な人海作戦で

行われ、多くの犠牲者を出したと言われています。

今回の旅行ではガイドをお願いしていなかったので

詳しい説明は聞けませんでしたが、他の団体の

ガイドさんの話をただ聞きしたところででは。

各抗は別々のチ-ムに請負制で工事をさせていた

ようで、なかにはとても立派に掘られているものが

ありました、その抗の工事の大将はよほど腕が

よく、また責任感も強かったのでしょうか、壁に

私たちが掘りました というメッセ-ジをのこして

います。

Photo_2

韓国の地名が読み取れます。その地域出身の

朝鮮人労働者のチ-ムが工事をしたのでしょう。

強制労働と説明書きにありますので、軍が彼らに

ひどい扱いをしていたのではないかと、私も

思い込んでいましたが、ふるさとの地名を彫る

ということは、誇りをも持って工事されたのだろうと

思われますので、この文字をみて強制労働に従事

された方々に申し訳ないと思っていた私の心も

少し楽になりました。

やはりガイドはお願いすればよかったと、今に

なって後悔いたしております。

ちなみにガイド料は 団体の人数×250円

とのことでした。

コメントに対する回答にはなっていませんですが

パンフレットに照会先が記されていましたので

参考までにお知らせしておきましょう。

長野市観光課

380-8512長野市大字鶴賀緑待ち1613

>tel 026-224-8316

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« エンマさんまで嘘・・・ | トップページ | 四門出遊に二説 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

junさんこんにちは
300日足らずの間に述べ300万人ということは毎日1万人以上となりますね、3交代のフル操業ですから常時3500人もの人があの中で作業していたことになります。削岩機のロッドで穴を開けそこにダイナマイトをいれて発破をかけての工事、想像を絶するものですね。しかし、労働者が100%朝鮮人の強制労働でなかったことが救いだったような気がします。現地の住民も一緒に作業されていたようです。
この壕の他にあと2ヶ所に地下壕の工事が行われていて、その一つは天皇用だったそうで、そこは総ヒノキ造りで内装が行われていたそうです。そこは非公開です。
そうそう。如光寄進と蓮如さんが筆を入れられたといわれているご影は それが事実ならばお木像であるはずだと、青木馨先生からお聞きしました。地元だけの伝承かもしれませんね。

投稿: 釈破旬 | 2010年11月17日 (水) 13時05分

早速の掲載ありがとう御座います。「強制的に動員され」という表現に、「自由に応募して」「本人の意志で」ということに対する遠慮が見られるのが、説明板作成者の良識だと感じました。

投稿: jun | 2010年11月16日 (火) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エンマさんまで嘘・・・ | トップページ | 四門出遊に二説 »