« 嫁ぼろ | トップページ | web拝観・・特別展「親鸞-その人と生涯-」 »

ご真影は 如光の寄進??

2010/10/26

わが町 愛知県碧南市の西端地区に

蓮如上人ゆかりの応仁寺が建っている。

Photo_2

Photo_3

愛知県唯一の天然湖沼 油が淵 の

ほとりである。この池を通称

   蓮如池

と呼んでいる。吉崎に行かれる少し前に

当地のお弟子 佐々木如光

に招かれて、しばらく滞在され、三河地方を教化され

そのときに 真宗に転派した寺も多い。

私の手次の 安専寺も元は真言宗だったと聞く。

この如光上人は 比叡山に拉致された 親鸞聖人の

ご影を 単身で乗り込み 取り戻してきたと言われている。

この上人のお堂が応仁寺の東に地元に人たちの手で

建てられている。

Photo_4

そして由緒書き

Photo_5

この池に住む 大蛇の生まれ変わりとも言われているそうだ

Photo_6

そして気になるものが有った。如光上人縁起の石碑には

比叡山からご真影を取り戻してきたことを 蓮如上人は

大変喜ばれて、自ら筆で ご真影の裏に

   如光寄進

と書かれたそうだ。

Photo_7  

東西本願寺では最近、ご影堂の修復が完成し

阿弥陀堂に仮安置されていた ご真影 を

御影堂に戻す儀式が行われた、その折にどなたか

この書を見た方が居るかもしれませんね

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 嫁ぼろ | トップページ | web拝観・・特別展「親鸞-その人と生涯-」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダブルコメント深謝!
一度確認してみますが、たぶんご影堂に座って見えるお木像だと思います。
蓮如さんの加筆があったかどうかはなんともいえませんが、比叡山から如光さんが取り戻してきたことは事実だと思います。如光さんはこの地域の海運を仕切るような事をしていたようで、かなりの財力を有し、そのお金を比叡山に届けたとも聞いたような気がします。また改めて記事にいたします。

投稿: 釈破旬 | 2010年10月26日 (火) 16時00分

ここで問題にされている御真影は、「絵像」「木像」のどちらなのでしょうか。如光堂扉裏の文からは判然としませんが、これが史実ならば、東西どちらかの絵像か木像に「如光寄進」の銘文があることになります。東の安城の御影は可能性は無しとなります。信仰を抜きにして、史実としての興味のみですが。

投稿: jun | 2010年10月26日 (火) 14時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嫁ぼろ | トップページ | web拝観・・特別展「親鸞-その人と生涯-」 »