« 重い新聞 | トップページ | 康元二歳2月9日 »

無言の帰宅

2010/9/22

少し前になるが、連れ合い殿が 突然書置きをし

家出をした。行き先が書いて有ったので、安心

したが、その行き先に

「宜しく頼む!ゆっくり母子を楽しんで!!」

と長女にメ-ルを入れておいた。

一週間で 帰宅をされたが、帰ってきた理由は

手次寺に 彼岸会のために 寺の掃除を頼まれた

からのようで、家が心配になったわけでは無い。

唯一人 家出を知らせていた 知り合いの寺の

坊守さんに

「帰って来た?」

と尋ねられたので

「無言の帰宅をされましった」

と云ったら

「それは 死んだ人に言うことばよ!」

と言われてしまった。

知らないうちに帰ってきて

「ただいま」

というどころか、全く何も云わずに家に居て

その後、しばらく言葉を交わすことも無かったので

文字通り 無言の帰宅 である。

その後、部屋に引きこもり、現在に至る

亡くなった方と思えば腹もたたないので

そうすることにしよう。

そろそろ 三七日目になりそうだ。

なんまんだぶ 南無阿弥陀仏

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 重い新聞 | トップページ | 康元二歳2月9日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 重い新聞 | トップページ | 康元二歳2月9日 »