« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

パンダ仏飯?

2010/9/29

本日の 阿弥陀さまへの仏飯はPhoto

なにやら パンダのような顔をしています。

三つそろったところは

Photo_2

そして 炊飯器の時は

Photo_3

ご飯の上にパラパラと乗っているのは

ムカゴです。野菜カゴの中で放置された長いも

から芽が出ていたものを ベランダのプランタ-に

植えておいたらツルが伸び、ツルのいたるところに

ムカゴがなり、昨日収穫して ムカゴご飯を炊きました。

親御さんも同時に掘り起こし、この状態でした

Photo_4

そして、ご相伴に預かりました。

Photo_5

秋~っ!!

という味がいたしました。まさに実りの秋ですね。

ご馳走様でした!!感謝!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

名古屋教区 お待ち受け大会 案内

2010/9/28

名古屋教区 の お待ち受け大会

を案内いたします。

ここで案内しておきながら、お参りできないことが

多いのです。暇をかいてお参り下さい。

詳しくは 教区のHP

お東ネット

http://www.inochikirakira.com/goenki/omatiuke.html

をご覧下さい。

----------------------------------------

宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌 

   お待ち受け大会

午前
11:00 ⇒ 帰敬式

午後
13:00 ⇒ お待ち受け法要
         (大谷暢顯門首による御親修)

     勤行/正信偈草四句目下 念仏讃三淘

14:30 ⇒ 記念講演「不安に立つ」 

      ―親鸞聖人に聞く―

        講師/高 史明氏(作家)

15:00 ⇒ パネルディスカッション

  パネリスト/高 史明氏(作家)
        藤野 豊氏(富山国際大学准教授)
        小笠原英司氏(あま市圓周寺住職)

  コーディネーター/菱木政晴氏(同朋大学特任教授)

17:00 ⇒ 閉会

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

貴金属

2010/9/26

ある方から送っていただいた DVD群の中に

  宏林晃信師

の講演会(法話と呼ぶべきか?)のもがあった。

このお方 西本願寺のHPで

「お坊さんが行く!」

というコ-ナ-を持ってみえる方で

お斎(とき) とか お香 とかテ-マを決めて

全国を飛び回り取材してレポ-トしてみえる。

駄洒落がお好きで、お笑いキャラなので

ちゃんとした法話ではどんなお話方をされるのかと

期待してみたが、やっぱり そのキャラは抜けて

いなかった。もっとも内容はまじめでしたが・・・

そのお話の中で 

   貴金属

という言葉が数回でてきた。

宝石・貴金属を売買するお店もたくさんあります。

金属の中でも希少で高価なものを指すようですが

最近では 電子機器などに使用される

   レアメタル

なるものも、アフリカなどの産出国では日本、韓国

中国など電子機器を製造する国々で争奪戦を

展開しているそうです。

しかし、これらは産出量が少なく、欲しがる人が

多いので、高値になっているだけで、貴金属の

貴 の意味する 尊いわけでは無い。

有用という点で考えるなら、鉄やアルミニウムなど

たくさん算出する金属は、強度という利点で

人間の身体を守る車の車体になったり。

軽いという利点で 食器や金具になって人間に

貢献してくれるので、安い金属の方が

本当は 人間にとって 役立っているのではないか?

そもそも 金 で自動車の車体を作ったら

さびないので塗装は不要かもしれないが

対向車がまぶしかろうし、重くて燃費悪そうですね。

そもそも 金属の価値なども 人間が勝手に考えて

いるもの、地中でのんびりしていたものを掘り出され

火の中に放り込まれ、叩かれたり、つぶされたり

伸ばされたり、化粧をさせられ、散々利用した挙句

路上に放置・廃棄されゴミ扱い、哀れな 金生

であります。

ポイ捨て は止めましょう!!

資源は有限 大切に使いましょう!!

法話の内容とは全然べつの事を考えてしまい

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

ました。

| | コメント (0)

康元二歳2月9日

2010/9/25

弥陀の本願信ずべし 

本願信ずるひとはみな

摂取不捨の利益にて

無上覚をばさとるなり

これは有名な(真宗門徒には)

無告和讃です。親鸞聖人の最晩年

85歳を過ぎてから作られた

  正像末和讃

の冒頭に載せられているものです。

タイトルの

康元二年2月9日の寅の刻・午前4時ごろ

見られた夢に告げられたものだと云われています。

今朝方パソコンで見ていた法話で教えてい

いただいたのですが、この年から50年を

遡ると。西暦表示で

1257 - 50 = 1207 

となります。1207年といえば 承元元年

つまり、承元の法難 の年となります。

そしてさらに、2月9日は法難の縁となったと

云われる 

住蓮房 と 安楽房 が斬首された日とのこと。

50年を隔てて、同じ日に夢をみるほど

このことを心に留めて見えたということでしょう。

いろんな御旧跡にお参りさせていただいて

いますが、このお二人にゆかりの寺

住蓮山 安楽寺

には、まだお参りしたことがありませんでした。

この寺は 観光寺院ではないそうですが、

紅葉のとても綺麗なところだそうです。

ぜひ一度お参りに行きましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

無言の帰宅

2010/9/22

少し前になるが、連れ合い殿が 突然書置きをし

家出をした。行き先が書いて有ったので、安心

したが、その行き先に

「宜しく頼む!ゆっくり母子を楽しんで!!」

と長女にメ-ルを入れておいた。

一週間で 帰宅をされたが、帰ってきた理由は

手次寺に 彼岸会のために 寺の掃除を頼まれた

からのようで、家が心配になったわけでは無い。

唯一人 家出を知らせていた 知り合いの寺の

坊守さんに

「帰って来た?」

と尋ねられたので

「無言の帰宅をされましった」

と云ったら

「それは 死んだ人に言うことばよ!」

と言われてしまった。

知らないうちに帰ってきて

「ただいま」

というどころか、全く何も云わずに家に居て

その後、しばらく言葉を交わすことも無かったので

文字通り 無言の帰宅 である。

その後、部屋に引きこもり、現在に至る

亡くなった方と思えば腹もたたないので

そうすることにしよう。

そろそろ 三七日目になりそうだ。

なんまんだぶ 南無阿弥陀仏

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

重い新聞

2010/9/20

先日紹介した、真宗大谷派

難波別院

の機関紙 

   南御堂

の8月号を引き続き 読ませていただいた。

タブロイド版12ペ-ジのかなり内容の詰まった

新聞である。もっとも、そのうちの3ペ-ジは

連載漫画 親鸞聖人の生涯

であるので、気楽に読めると思いきや

掲載されていた 第32話--父子の苦悩は

善鸞義絶の場面、これまた重い内容だ!!

その中でも インタビュ-記事

願いに生きた人々

  ~同朋会運動の深層を訪ね~

          宮戸 道雄師

を読んで、思わず唸ってしまった。

唸るといっても 字のように

口に念仏 が出たのではない。

推進員としての自分の姿を言い当てられ

口から念仏すら出ない状態です。

もし同朋会運動推進員の方がこのブログを

お読みでしたら、下に記事を貼り付けますので

パソコンに取り込んで拡大して読んで頂き

ご意見を コメントにお寄せ下さい。

Photo

メ-ルをいただければ PDFデ-タをメ-ルにて

送ることも出来ますのでリクエスト下さい。

そうそう、プロバイダ-を変えてのでメ-ルアドレス

も変わりました。

aidea1ban@hb.tp1.jp

この記事は 下 なので 上 を読まなくっちゃ!!

赤羽別院の御堂に全国の別院の機関紙が置いて

あります。別院においでの節は、ちょっと時間を

とって、ゆっくり全国の別院の新聞を読んでみましょう。

私もなかなか 出来ませんが・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

wunderbar

2010/9/19

元気塾の参加者に会が終わるときに

「感想 ひと言 メモ」

という紙を渡して書いてもらっている。

文字通り 会に参加しての感想や 講師に

質問などを書いてもいいことになっている。

今回 私の書いたメモは

------------------------------------

内仏が無いのに お参りしている方がいました。

仏壇があってもお参りしない人が多い中

なんとすごいことでしょう!! ワンダフル

------------------------------------

でした。最後の ワンダフル を 記憶している

数少ないドイツ語の単語で表すと

 wunderbar

となります。発音は ウンダバ-

昨日何気なく読んでいた 難波別院の機関紙

   「南御堂」

に、こんな人の事を 親鸞聖人も

   ワンダフル

と云われていたというような 記述を

「現代と親鸞」菅原伸郎

という記事に発見。

智慧なくして衆生のために時んば、

すなわち顚倒に堕せん。

もし方便なくして法性を観ずる時んば、

すなわち実際を証せん。

(真宗聖典P295)

名号軸、や絵像軸、木像のような

  方便法身

が無いのに 仏を観ることのできる人は

実際に至ると言うことか?

ここで云う 実際 とは用語解説によると

涅槃の別称 とある。

まさにwunderbarでありますね。

ひと言メモ に書き込みをしなかったら

読み流してしていた記事であったと思いますが

蓮如さんが 物申せ(書け) といわれるのも

頷けますね。 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

2010元気塾 その2

2010/9/16

どうでもいい話だが タイトルを入力するとき

げんき とするところを がんき

と間違えたら 変換した文字に

顔輝塾 

と出てきてしまった。げんき とも読める

すこし前に書き込んだ

光顔巍々

を生み出す 塾としては この名前も正解か?

さて、班別座談には 一斑の門徒助言者という

役向きを仰せつかった。

毎年4班に参加者を分けるが、数年前から

初めて参加される方だけの班を作ることにした。

その班が 一班 である。

これは 仏教(真宗)に余り馴染みの無かった

方と何十年も聴聞されてきた方とを同席させると

どうしても専門用語が飛び交い、初めて参加の

方が面食らって、来年から来なくなるという

反省から考え出された。

さて、講題の「家に内仏があるのは なぜ?」

のお話を聞いての座談であるが、自己紹介と

家に内仏が有るかを、答えてもらうことにした

ところ、ほとんど内仏を置かれているようだ。

その中で、20代(?)の若い女性が 

「仏壇はないけど、

  お花や仏供をそなえてお参りしている。」

といわれた方がいた。あまりよく考えずに

助言者として

「三つ折ご本尊 というものが有るので

   それを求められ、置かれたらどうですか」

と教科書どおりの助言をしてしまった。

その後、会を終えてスタッフでの反省会で

他の班から、仏壇(内仏)のない方が 昨年の

法語カレンダ-を貼り、それに向かい

お勤めをしている。との報告があった。

ある住職は、

「近くの本家に内仏があるなら

       そこに行ってお参りした方が良い」

と云われた。これは正論である。

しかし、よく考えてみれば、本尊は はたらき

なので、色も形も無いものである、

本尊軸の裏に

方便法身尊形

と有るように、法身 を感じるために

形どッた 手立てなのである。

とかく、私たちは 形がないとなかなか感ずる

ことは出来ません。感度が鈍いので

文字にしても 感じられないため 絵 にして

それでもまだ という人のために 立体の

木像(金属、石もあり)している訳だ。

ところが、この女性は 対象 が無くても

お参りができるのである。

理由を聞いてみると 

「親や祖父母がしていたので」

ということだった。親御さんや祖父母の願いが

はたらきとして生きているわけだ。

仏壇が有ってもお参りしない人が増える中

有り難い話を聞かせていただいた。

反面、講師の先生から渡された資料に

こんな 笑えない事例が紹介されていた。

-----------------------------------

東京のとある住職に聞いた話です。その住職が

あるアパートに盆参りに行かれた。その家は

家庭事情から、お内仏(ないぶつ)がテレビの上に

乗っていたそうです。それはそれで仕方のないこと。

全く問題ありません。その住職が、

「お参りを始めるからテレビを

   消していただけませんか」と言ったところ、

その家の人は「今、テレビを消せないんだ。

    御住職、悪いけど一人で拝んでくれるか」と。

 盆参りの時期は高校野球の真っ最中。

その時やっていた試合が接戦で、どうしても

見逃したくなかったんだって。

 仕方ないからその住職さんは、そのままお参りをした。

そこに居る人はみんな同じ方向を見ている。

つまりご住職は上のお内仏を拝んでおられるけれど、

家人は下のテレビを観ているという、奇怪な風景が

そこにあったそうです。
--------------------------------------------

これまででは無いにしても、月参りに坊さんがきいる

のに、家にいながら仏前に集合しない人は多いのでは

すこし前までは 朝晩のお勤めは 門徒必須の

日常行事だったはずなんですが・・・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

2010元気塾 始まる

2010/9/15

毎年恒例となっている 組(そ)の青壮年対象の

学集会(ほんとは 学習会 ですが、集の方が

しっくり来ますね)が約50名の惨禍で開始された。

3回コ-スで、講師は昨年と同じ 三重県の

  川瀬 智 師

にお願いした。昨年同様 身近な仏事の疑問を

ひとつずつ お話していただき、班に分かれ

みんなで話しあった。

初回は 

「家に 内仏 が有るのは 何故?」

だ、お話の内容や、班での話し合いで感じた事を

何回かに分けて 書き込むことにしよう。

---------------------------------------

講師は以前 恩師から 同じ話を 何度と無く

お聞きしたそうだ。

  誕生 

の 誕 の字は、めでたくも何も無い意味で

左右に分けて読むと 

言葉 を 延ばす

となる。真実の言葉を 聴く事を 延ばしのばし

にしている、私たちの生き方を問題にする文字

となるという。

--------------------------------------

他人からの言葉を 素直に聞くということになると

誕生から時を経るほど、出来なくなっている。

また、何度も同じ話を聞くと

あっ!これ前にも聞いたな!マタか?」

となめて聞くことがおおいが、よく考えてみると

法話で語られたことが、全く身についていなかったり

仏の願われたような私には全くなっていない。

つまり、話す方にすると、何度でも同じ事を

云わざるを得ないのである。

元気塾の次の日の 夕事勤行を 次男と一緒に

しているとき、勤行後に拝読した

「蓮如上人御一代記聞書」は

、ひとつことを聞きて、いつもめずらしく

初めたるやうに、信のうへにはあるべきなり。

ただ珍しきことをききたく思ふなり。

ひとつことをいくたび聴聞申すとも、めずらしく

初めたるやうにあるべきなり

であった。息子と二人で 

「川瀬先生のお話のことが 言われているね」

と話し合ったことだった。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

光顔巍々作戦の進化系

2010/9/7

先日書き込んだ

光顔巍々作戦

に ご褒めのコメントをいただいたり、他のブログでも話題に

していただいた。

教えていただいた、進化系を既に明治の時代に

実践されていた方がみえたので 紹介します。

よくここに登場する 石見の才市さんです。

ブログのコメントを転載させていただきます。

--------------------------------------------------

才市さんは,近くのお寺で法座があると,

近所に触れて回った後,つんのめるようにして

小走りにお寺に急いだそうです.

お参りが嬉しくてしかたがなかったという話として

聞かせてもらっていました.

でも,小走りにお寺に向かうのは,法座を触れてまわる

ことと同じことだったのですね

--------------------------------------------------

顔で 喜びを表して 「なにかいいこと有ったの?」

と聞かれるばかりでなく。

知り合いが 急いで目の前を走っていくと

「何か 一大事か??」

と思うわず、その人についていきたくなります。

仏法聴聞は まず その場に 身を置かなくては

始まりません。

才市 さんの 身口意 を総動員しての

ご聴聞の誘いに 頭が下がります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

梅雨なまず

2010/9/5

Photo

衛星放送のスカパ-で

時代劇専門チャンネル

というものがある。朝から晩まで四六時中

時代劇ばかりを放送している。

その中に 剣客商売 のドラマのあとに

剣客惣菜

という おまけの番組がある。剣客商売に江戸時代の

料理がたくさん出てくる、その料理を現代の有名な

板前さんが食材や調理法などを伝授してくれる。

作者の 

池波正太郎

さんは、かなりの食通であったようで、とくに江戸時代の

食べ物の記述が 他の作品にも多くある。

今日は なまずの蒲焼を紹介していた。

三枚におろし、竹串に刺し、炭火で甘ダレを何度も

付け焼きして調理していた。なまずはまだ一度も食べた

ことがない。見た感じ うなぎよりもアッサリしていて

とても美味しそうである。

番組を進行している 小林綾子さんが

梅雨なまず という言葉が有るように、梅雨の時期は

なまずの産卵期で、味もよく 旬であると紹介していた。

確かに 食べる人間にとっては 味がよいのは

有り難いことであるが。食べられる なまず にとっては

子孫を残すために大変な時期で、産卵は命がけの事業

で有るともいえる。

   旬

とは 人間から見た 傲慢で勝手な季節感であると知らされる!!

ところで なまずを 漢字で書くと

   鯰

となる。見ようによっては 念仏をしている魚

ということになる。御同朋御同行なのかもしれない

食べたいと思うが、申し訳なくて食べられないような

気もしないでもないですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

外国語力

2010/9/5

近年、赤ちゃんのころから英語を教えている

親がいるほど 英語教育が盛んだ、私自身

中学校、高校、高専と合計8年間学校の授業で

英語を習った、そして 就職して外国航路の

無線通信士として5年間勤務していたので

仕事でも英語を使う機会が多かったにもかかわらす

まともに英会話ができません。私が乗船中は

既に事務長職が消滅していて、その任務を

通信士が担当していました。外地では

カスタム(税関)、イミグレ-ション(入国管理)

エ-ジェント(代理店)との対応を船長と一緒に

行います。もう少し英会話を勉強しておけば

よかったと反省することしきりです。もう遅い!!

東大教授(だと思うが)の

姜 尚中(강상중 カン サンジュン)

さんは、いまの日本人は

漢文力がなくなったと云われていた

明治時代の文豪 夏目漱石 や森鴎外

などを引き合いにだされ、明治のころの日本人は

ちゃんと 漢文を 読み、理解する能力をもっていた

と話された。こどものころから論語の素読などを

していたので、その効果もあったのであろう。

今は亡き 遠井義雄さんは、師範学校に通っているとき

夏休みの宿題に 漢文の本を一冊読んでくること

というものを出されたとか、しかし、貧乏寺なので

とても漢文の本を購入することはできず、悩んでいたら

経典が漢文で書かれている事を思いつき

真剣に 大無量寿経をよんでみると、ビックリするような

言葉にであったとか、

「身自当之、無有代者」

などなど・・・・

それで私も久しぶりに 大経を読んで(拝読)みました。

もっとも長い経典なので途中までですが やはりここで

目が止まりました

設我得佛 國中菩薩 隨意欲見 十方無量

嚴淨佛土 應時如願 於寶樹中 皆悉照見

猶如明鏡 覩其面像 若不爾者 不取正覺

ここは ご存知法蔵菩薩が建てられた

四十八願のうちの 第四十願です。

本山で帰敬式を受けたとき いただいた法名の

   寶樹

が有ります、そして後に 連れ合い殿が受式するときに

法名を決める際、住職選定法名を選択してもらい

その法名を この中から

   照見

とつけさせていただきました。

つまり我が夫婦は 浄土に参らせていただいた後は

浄土国ねがい町40番地

に住むことになるということでしょうか。

その節は 美味しいお茶を用意してお待ちしていますので

是非 40番地にお訪ねくださいませ・・・・

それにしても、普段の日本語の中に漢字が散りばめられて

います。もう少し漢文を理解する力を養いたいものです。

生活するためには 英語力より 漢文力の方が

大事なような気がします・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

気になる花(木になる花ではなく)

2010/9/4

クルマで走行していると、いろんな花が目につきます。

今の季節、元気がいいのは

槿(むくげ)

百日紅(さるすべり)

などです。

槿はある集会で 苗をいただいたのですが鉢植えして

旅行中の水遣りを頼んでいかず 枯らしてしまいました。

すまないな~ という思いと、韓国の国花であることを聞いてから

目に付くようになりました。

百日紅は 岐阜県の醒ヶ井というところの川に咲く

梅花藻

をみにいったとき、その花の咲く岸に植えられた

真っ赤な百日紅から花びらが落ち、梅花藻の白に

赤が映えて すごく印象的だった。それから目に付く花に

最近 ひとつ増えました

Photo_3

すこし盛りを過ぎて、猛暑で水不足も手伝って みすぼらしい

姿を見せているものが多い カンナです。

別名 曇華 とか 壇得 と言うらしい。

曇華 の前に一字加えると 優曇華(うどんげ) となります。

何千年かに一度花咲く 花で 仏典にも出てくるような気が

します。

もう一つ 壇得(だんとく) はお釈迦様の生前譚で

釈尊が12年間修行された場所だとものの本にあったとか・・

日本にも 壇得山という山があります、一つは兵庫県と

岡山県の境に位置し、聖徳太子ゆかりの 太子町の近く

やはり太子に関係ありか??

ネット調べていたら

【インドの伝説】                           
  ブッダ(仏陀)さんの霊の力をねたんだ悪魔が
  あるときブッダさんにケガをさせ、         
  そのケガの傷から流れた血が土にしみこんで、
  そこから発芽して咲いた花がカンナだった、と
  いわれている。                           
  (花の色がそれほどまでに赤い、ということ)

と有りました。花の色はこちらの方でしたね

Photo_4

それにしても、知らないうちは見過ごしていても、知ってしまうと

目や心がひきつけられます。

反対に差別心も同じようなところがあります。こちらは無用な

ことでありました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

企画展 「安城御影」

2010/9/4

今月の18日から 隣町・安城市の

安城市歴史博物館

にて 親鸞聖人像の原点

安城御影

という特別展が開催される。

Photo

この町の 願正寺 に伝来したことから

  安城御影

とよばれている。

Photo_2

読みにくいが左の下に

表面の安城御影は10月3日までは複製を展示します

と書いてあります。

私などは本物も複製も区別できそうにありませんが

本物を見たい方は 10月4日~24日までの間に

入館されたほうがよろしいかと。

私の場合は組(14組碧南市)の お待ち受け大会

が10月19日に赤羽別院を会場に開催されますので

そこで 門徒感話 を担当させていただきます。

終了後 バスでこの 博物館に移動して 見学

することになっています。

組内の方で 青木馨師の解説付きでこの

安城御影 を見学したい方は 是非 お待ち受け

にご参加を!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

地デジ は 危険だ!ゾ 防災の日

2010/9/1

今日は 防災の日 なのでメディアでも関連の報道

が多いです。

ラジオで聞いたんだけど、来年7月にアナログTV

の放送が廃止され、地デジ のみとなりますが

地デジの電波は アナログに比べ 3秒ほど

遅れて信号が発信されるという。

今日は 防災の日 なので 地震 でこの事を心配している

リスナ-からの指摘があった。

ピロ ピロ ピロ~

という緊急地震放送が 送信されても 3秒後でないと

地デジの受信機では受信できないということ。

弱いP波の揺れを感知して発せられふものだが

その後に来る 強い S波 までに心の準備や

取り得る対策をするために発信される代物ですが

この 3秒 の遅れは かなり致命的ではないか?

もっとも、この地デジの弱点は先刻ご承知で

対策が進行中なのだそうだ、

ちゃんと対策を終了してから 転換を進めるべきでは

ないだろうか。

以前書いた、地デジへの移行も問題だが

あまりにも お粗末な 政治と行政に

  唖 然

このことは、とうぜん 本日 防災訓練の

指揮をとっている、

菅総理大臣

原口総務大臣

はご存知でしょうな???

対策が完了しても やはり 

0.5~0.7秒

は空白が生じるそうです。

ご用心を!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »