« 消毒なんかしなくていい!! | トップページ | お試し行動 »

天文学的戦後補償費

2010/8/16

戦争のことが続きます。

以前、先の大戦後、中国に対する戦後補償を計算していた

東大の教授が、あまりの多さに途中で止めてしまった。

ということを聞いた事があります。

しかし、その天文学的数字の金額を当時の中国は

請求しませんでした。

岡崎の教務所長をされていた、渡辺晃純師は

「当時の中国政府(周恩来さんか?)は

釈尊の「実にこの世においては、恨みに報いるに

恨みをもってしたならば、 ついに恨みのやむ

ことがない。恨みは捨ててこそやむ。 これは

永遠の真理である」  という言葉を知って

いたのであろう」 と云われたいた。

法然上人にもこのような逸話が残っている。

父は敵に襲われ傷つき死ぬ間際、息子の勢至丸に

「仇討ちをしてはならない」と言い残したと聞く

後に父親を殺害した武将は法然上人の

お弟子になったと記憶している。

仏の顔も三度まで

ということわざがある。これは釈尊の出身の

シャカ族を滅ぼそうと攻め進む 瑠璃王

(るり)軍の前に立ちはだかり、思いとどまるように

と釈尊が説得したのが、三度にわたることに由来している。

どんな戦争も始める前に何度と無く思い留まる

チャンスはあったであろう。特に冷静な立場で

居られる第三者である攻撃者の友人は

黙っていてはいけません。

戦争を知らないヤツが何を青臭いことを云うか!!

といわれそうですが、青臭い事を言う人が少なく

なるときな臭さが強まるような気がします。

最近引き起こされて、まだ継続中の戦争に対し

友人である某国は思い止まらせるどころか、

背中を押し、金銭的な援助までしている。

その援助のお金も総ては借金で、後に現在子供

である者が支払うことになっている。

そもそも、

金も無いやつが 戦争なんか始めるなよ!!

と友人なら助言してあげるべきである。

その友人の某国は 戦争をしている国に

80兆円もお金を貸しているそうだ。

某国の年間税収の2年分にあたるそうな・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 消毒なんかしなくていい!! | トップページ | お試し行動 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消毒なんかしなくていい!! | トップページ | お試し行動 »