« 敗戦記念日 | トップページ | 天文学的戦後補償費 »

消毒なんかしなくていい!!

2010/8/16

敗戦記念日が過ぎても、戦争に関する番組が

流されています。今年はとりわけ多いのか

自分自身が注意して見ようとしているのか?

たぶん、後者の方でしょう。

スカパ-のあるチャンネルで延々と戦争を体験

した、兵士や市民、従軍看護婦さんなどの証言を

流しているものを、半分眠りながら(夜中まで続いた)

見ていました。日本人だけでなく南方の島々での

激戦とその後の累々たる死体が海に浮かんでいる

様をモノクロ と カラ-の記録映像を交えて報じます。

米兵の証言では 死臭の匂いまで話されました。

そんな匂いの漂う中でも数日すると馴れて(麻痺して)

しまい、平気で食事を食べたそうです。

或る米兵は

「米国人全員にあの場に立って欲しかった

  立たねばならない。」

とつぶやいた

満州(たぶん)方面に従軍した看護婦さんの手記

が女優の 二木てるみ さんによって朗読された。

お孫さんに話されたものを記録したもののようで

亡くなる少し前に「この事を 話さずに死んで

行けない」といわれたとか

----------------------------------------

手術するというので 患者さんに消毒をしようと

したとき、医師から

「消毒なんか しなくていい!!」

と云われた。その一言で 生体解剖をするのだと

悟ったそうだ。指示により ガ-ゼにたっぷり

エ-テルを染み込ませ、朝鮮(中国かも)人の顔に

押し付けた、しばらくして ぐったりと したという。

しかし、その人の諦めたような悲しい眼を

忘れることができないそうだ。

---------------------------------------

そのおばあさんは戦後60年以上 その事を

心の重荷として生きてこられたのだろう。

孫に伝えようと、最後に吐き出されたのであろう。

先日、広島で被爆し、そのご急いで故郷に帰った

人が、たまたま故郷が長崎だったために、長崎

でも被爆した。その後、核兵器の廃絶のために

全力で努力されてこられたが、今年の始めに

亡くなった。そのお娘さんは後の始末をして

これからは原爆の事を忘れて

「ゆっくりと過ごしたい」

と思ってみえたそうだ。いろんな嫌な思いをしたり

父親が活動に明け暮れて、ゆったりとした

親子関係ももてなかったのかも知れない。

そんな時、高校で父親の話をきいたという

高校生が、死を知り尋ねてきたという。

その高校生と話をして。目が覚めたそうだ。

その後、その女性は父親の意思をつぎ

語り部を始めたという。

まだ、今なら戦争体験をした人の話を直接

聞くことも出来るであろうし、全国各地に

戦争に関する 資料館のようなものがある。

戦後65年 一度も戦争をしてこなかったと

胸を張っている人が居る。しかし、よく考えて

みると、戦場に行かなかっただけで、戦争を

遂行する国の背中を押して、爆弾を購入する

費用を税金という形で提供してきたという事実が

ある。遠くの国で起きている他人事として

見てみぬ振りをしてもきた。

今年は何時に無くいろんな事を見て、考えさせ

られた年である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 敗戦記念日 | トップページ | 天文学的戦後補償費 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

平野さん、ごぶさてしています
お元気ですか(奥方様も)
なぜか今年は戦争の報道に目が留まります。
NHKも式典をそのまま、何の手も加えず終了まで
放送して欲しいものですね。主催者はいろんな思いを込めて式典を進行しているのですから。NHKの考えは他の番組を作って伝えて欲しいといつも思います。
森村誠一さんの小説「悪魔の飽食」で描かれたことの実体験者の方なのでしょうか?
このことは乏しい知識をつなぎ合わせて記事にしたいと思います。
猛暑が続きます、お体をご自愛くださいませ。

投稿: 釈破旬 | 2010年8月16日 (月) 20時12分

"消毒なんかしなくていい”を拝読しました。
心に沁みる話ですね。
毎年の終戦記念日ですが、今年の記念日は殊のほか私にも関わってくれたようです。

昨年までは黙祷する程度で済ましていたのですが、今年はテレビ上の記念画像に最後まで付き合いしました。
昨今は広島・長崎の画面にも最後まで付き合いました。

ご高齢の方の心底から吐露する姿勢に深い感銘を受けるとともに、目が潤みっぱなしになりました。
最近になって少しは人の痛みが分るようになったのかな?と感じるのです。
なんだか、まだ少しずつ心の熟成がなされているのかと嬉しくなって近況がてらに差し上げました(~o~)

投稿: 平野武 | 2010年8月16日 (月) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 敗戦記念日 | トップページ | 天文学的戦後補償費 »