« あなたは 仏さんに なりたいですか? | トップページ | 2010年 こころの元気塾 案内 »

おおいなる世界 と ニルバ-ナ

2010/7/11

当地では雨降りの選挙となってしまいました。

いつもはバイクで投票所に行きますが、今日は

連れ合いと息子の三人・車で VOTE です。

さて、今晩の選挙速報が楽しみです。

昨日のお話のなかで、涅槃に入ることを

大いなる世界

に行くと受け取っている方がいるが、そんな

所ではないというようなことを言われていました。

ちゃんと聞けていないので、自分の勝手な

受け取りなのですが、確かに涅槃という言葉は

インドの言葉 ニルバ-ナの音写だと云われている。

状況として説明すると、蝋燭の炎が吹き消された

瞬間のようなものだといわれている。

明るいとも 暗いともいえない瞬間、燃えていた

芯からは、白い煙がくゆっているのが思い浮かぶ。

真宗は 力を抜く 宗教だと教えてもらったことが

ある。

確かにいつも 力んで聴聞し、お勤めをして

いるような気がしないでもない、力を抜く練習も

してみよう。

知り合い(合った事はないけど)のブログにあった、

浅原才市さんの歌を流用させていただこう。

-----------------------------------------

なむあみだぶに 心とられて

風はふけども山はいご《動》かぬ
もうねんのかぜはふけども
こころ いごかぬ
なむあみだぶに こころとられて

(『ご恩うれしや』pp.118--119)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« あなたは 仏さんに なりたいですか? | トップページ | 2010年 こころの元気塾 案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたは 仏さんに なりたいですか? | トップページ | 2010年 こころの元気塾 案内 »