« 鈴木君代さんのファンの方へ | トップページ | フランス料理 »

理念 と テ-マ

2010/7/14

来年春に厳修される

親鸞聖人750回御遠忌

のテ-マは

「今 いのちがあなたを 生きている」

である。この言葉に関していろんな意見が

出されている。先日お待ち受けにお邪魔した

一色の13組では、このテ-マの学集会というか

組内の門徒さんの意見を聞く集まりを持った

そうだ。理解できない とか 納得がいかない

という意見が出たらしい。

しかし、このテ-マを生み出した、基本理念

というものがあるのは、ご存知だろうか。

「宗祖としての 親鸞聖人に遇う」

というのがそれだ。この文章も主語がない

わざと落としているのだろうか??

遇う ではなくて 遇え!とか 遇おう!

ならば、私に呼びかけているわけだから

すんなり理解できる。

でも、やはり呼びかけられているのだろう

私は 宗祖として親鸞聖人に遇っているのだろうか?

750年前に亡くなったひと?

浄土真宗を興したひと?

たしかに遠い過去に京都に越後に関東に

存在された方である。でも本人はお手紙で

「先立ち、浄土にて 

 必ずかならず待っていますよ」

と云われています。いつまで??

私が行くまでということでしょう。

岐阜県の寺でいただいた(コピ-ですが)お手紙

には、たぶん私が行く

「地獄にて 待っていますよ」

とも云ってみえます。

やはり、現在進行形の存在として遇いたいですね。

そう受け取ると、意味不明のテ-マが

「今、親鸞聖人のいのちが、如来のいのちが

私の中に生きています、あなたの願いを

受け止め、生ある限り、生き抜きます。」

と理解して、ナルホドと頷けますね。

これは私の受け取りですので、このブログを

読んでいただいた皆さんも、自分の受けとりを

考えてみましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 鈴木君代さんのファンの方へ | トップページ | フランス料理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「イノベ-タ上人がやってきた」には,さすがに参りました(^-^;).

私もこうしてお話させていただいてありがたいのですが,どっちのblogで読み,どっちのblogにかいたことか,混乱しかけてます(^-^).

投稿: junk | 2010年7月16日 (金) 02時02分

junkさん こんにちは
お互いのブログで二人で問答をしているような雰囲気ですね。私はありがたいのですが・・・・
「なんや このテ-マ、文章おかしいで!」を
縁に話し合いをして欲しいと本山などは云っている
ようです(私の印象)が、あまりそのような動きになっていないようです。
蓮如さんの500回忌の本派のテ-マ
「イノベ-タ上人がやってきた」でしたか?には
ビックリいたしました。ちなみに大派のそれは
「バラバラでいっしょ、違いを認める世界の発見」でした。こちらの方が今回のものより理解しやすいですね。
今回の本派の「安穏」はシンプルでいいですね、この言葉の書かれているお手紙を読まなくっちゃ!となります。聖人のお手紙は現在の私たちにも宛てられたものですからね。門主さんのテ-マに関する
ご消息もよかったです。
ちなみに大派では 門首 と呼んでいます。
主(あるじ) と リ-ダ-(首)の違いらしいですが、どちらとも尊い存在であります。

投稿: 釈破旬 | 2010年7月15日 (木) 10時48分

え,そんなテーマがあったっけ,と一瞬慌てましたが,お東さんでしたね(^-^;).いままで,お東さんがどんなテーマを掲げているのか知りませんでした.
 ちょっとネットで検索してみましたが,やっぱり賛否両論あるみたいですね.お東は西に比べて思い切りのいいところがあるような印象がありますが,これも,思い切った標語,つまり,反対・反発があるのは承知の上でという感じがしました.私は,こういう言い方は割と好きな方ですけど・・・.もちろん,標語あるいは殺し文句(?)として.地の文でこんな言い方を連発されるとしんどいですが.

投稿: junk | 2010年7月15日 (木) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鈴木君代さんのファンの方へ | トップページ | フランス料理 »