« 世界最大の ヒット曲!!? | トップページ | 掲示伝道 2010年6月 »

参議院選挙 と 税率

2010/7/2

参議院選挙 夏の陣 真っ最中である。

いろんな争点はあるが、民主党に引き続き政権を

続けさせるか否か に尽きる選挙ともいえる。

3年前の先回は 当選させたい候補者が居たので

夜行バスの往復という強行軍で東京まで行き

参戦してきたが、当選したその議員さんに裏切られ

てしまった(心変わりして みんな に合流)ので

今回は観戦側にいる。

選挙前に菅首相が 消費税 を争点に持ち出したので

各党ともその点に 反応しての言動が激しさを増して

いる。

昨日だったか、衛星のテレビに 自民党を飛び出して

新党(古い人が多いが)を作り、選挙をしている方

が出演して、訳の解らないことを言っていた。

消費税 と セットで語られることの多い

法人税減税である。企業の国際競争力を高める

ために、法人税を外国並み引き下げるべき!!

との論調だった。しかし、この方税額の計算方法を

間違って理解しているようである。

(売り上げ - 仕入れ)= 粗利益

(粗利益 - 経費)= 所得

(所得 × 税率)= 税額

となるはずであるが、かれの曰く

(売り上げ - 法人税)= 残り

(残り - 仕入れ&経費)= 残渣

となるとの主張、ここで言う 

仕入れ=外注下請けへの支払い

経費 = 従業員&派遣社員の給与

と考えてもらおう。つまり マスゾエ氏

法人税が高いので 残りが 少なくなり

従業員の給料や 下請けが十分払えない

というのである。

極論から云うと 派遣社員を正規社員にしてあげ

給料を沢山あけて、下請けにもコストダウンを強要

せずに ちゃんと社員並みの生活ができるような

工賃を支払って。上の計算式の所得がゼロになって

しまったとしたら。法人税率などいくら高くても

恐れることはありません!!!

ゼロ に 100 かけようが 10000をかけても

税額は ゼロ ですから・・・・・・

でも、工場がドンドン外国に行ってしまい

日本が空洞化して、おまけに所得ゼロでは

日本企業は成り立たないのではと心配ですね。

企業の競争力は確かに必要であります。

ご心配無用ですよ、企業には引き当て金というもの

が認められていて、種々沢山あります。

売り上げから まず こっそり引き抜いていいように

なっています。たとえば退職手当引当金というものが

ありますが、地元の自動車メ-カ-の T社では

一度に全社員が退職しても払えるお金が既に

税額免除で プ-ルされていると聞きます。

(みせて貰ったことはありませんが・・・・)

法人税率の低い諸外国には このような

隠し金制度のような 引当金というものは

あまりないそうです。

みんな、人間も法人も自分に都合の良い

事ばかり主張しますね。

どの世の中も・・・・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

 

|

« 世界最大の ヒット曲!!? | トップページ | 掲示伝道 2010年6月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

junkさん こんばんは

少し感情的な記事でマズイカナと思っていたのですが
カラクリを理解してくれる人がいると、ホッとします。
政治の問題では まことしやかな嘘がまかり通っています。
沖縄で大問題の基地移設でも、普天間に残る米海兵隊は800~1000人だと言われています。こんな人数が抑止力になるとは思えませんし、沖縄には一万数千人の自衛隊が駐屯しています。自衛隊は抑止力にならないのか?
1000人の抑止力が必要なら、自衛隊を1000人増員すれば済むことですよね。
また、韓国の戦艦が魚雷で沈没された事件でも、あの時は米韓合同演習中で、米艦船(イ‐ジス艦もいたはず)がウヨウヨいる海域に潜水艦が攻撃をかけるとは思えませんし、ソナ-などで潜水艦が捕捉されていたという報道はありませんでした。やはり浮遊していた機雷による爆発が軍事通では常識のようです。
書き出すとキリがないので、このへんで
昔は 「金は天下の回りもの」といわれていましたが、
今では「お金は寂しがりやさん、一箇所にお集まり!」まあ、貧乏人の僻みですけど 若い人が夢を見られない世の中になりましたね
才市さんが びんぼは法の種 と言われいますので
種を縁に心豊かに法を聞かせていただきます。
貧乏で良かった!! 

投稿: 釈破旬 | 2010年7月 2日 (金) 21時11分

わかり易い説明,有り難うございました.この方面は疎いので,助かります.何日か前の新聞で,日本は法人税率が高いというけど,実際に収めている法人税は,韓国なんかの企業のほうが多いという話を読みましたが,そのからくりの一端がわかったような気がしました.
 以前,ある作家が激怒している文章を読んだことがあります.なんでも,ある出版社の経営者が,「本の売り上げから必要経費を引いたら,著者に払う印税なんか残らない」と苦しさを訴えたそうです.それを聞いた作家氏いわく,印税は必要経費の内に入らないのか! この経営者からは,給料を十分に払って所得をゼロにしたら,なんて発想は絶対に出ないでしょうね.

投稿: junk | 2010年7月 2日 (金) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界最大の ヒット曲!!? | トップページ | 掲示伝道 2010年6月 »