« 上海万博 | トップページ | 砲座案内 »

浄土行きの乗り物は?

2010/6/8

昨日の通夜にひき続き、葬儀式にもお参りさせてもらった。

最近、通夜は超満員!葬儀はまばら という傾向があるが

通夜ほどではないが、たくさんのお参りの方々がみえた。

これも故人と残された家族の方の人徳なのでしょう。

本日の僧分は、新任住職と前住職、そして友人のお坊さん

の3名であった。

葬儀場で念仏の声を聞くことは、私の知る限りでは

ほとんど無い。しかし、本日の司会の女性は

要所での合掌の度に

「ガッショウ、オネンブツ」

と促されたので、ちらほらお念仏の声が聞こえた。

私も 連れが居ると、恥ずかしくないので、なるべく大きな

声でお念仏をさせていただけた。

さて、お浄土行きの乗り物である。

葬儀が終わり、火葬場へ棺を送り出してから

当地では一般に

 お ひ じ

と呼ばれている、食事の席に着かせていただいた。

正規時間に食べれば お斎(おとき)のことである。

それをいただいているときに、婦人の団体の方の

お話が耳に入った。

「今頃は 船に乗っているワ・・・・」

うむ、この方はよくお話を聞いていて、

弘誓(ぐぜい)の船

とか

如来の願船(がんせん)

をイメ-ジされて話されているのか!

と関心していたら、その後

「飛行機かな?」 とか 「UFO?」

などと話されている。船と言ったのは

三途の川の渡し舟をイメ-ジされていたのだろうか?

一瞬、残念な思い違いをしてしまいました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 上海万博 | トップページ | 砲座案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上海万博 | トップページ | 砲座案内 »