« 還帰祝い の お赤飯 | トップページ | 明るい宗教の駐車場係 »

本屋さんも400年

2010/6/23

本屋さんも 京都の本屋さんとなると歴史が

ありますね。本山(東本願寺)の少し 東 に

仏教書の出版をしている

法蔵館書店

があります。なんと この 法蔵館は今年

創業400周年を迎えるとか

それを記念して 広島で ブックフェア-を

開催中とのこと

400

残念ながら、広島は遠すぎて、本店の方が

ずっと近くになります。

右奥に 作曲家の 平田聖子さん

和讃「本願力にあいぬれば」と

御文「聖人一流章、白骨章」の曲集も

みえます。広島でこのブログをご覧の方

は是非尋ねて 平田ワ-ルドに触れて見ては・・・

そうそう 会場は広島駅前

福屋百貨店の10階にジュンク堂書店

24日までですよ!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 還帰祝い の お赤飯 | トップページ | 明るい宗教の駐車場係 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

junkさん こんにちは
私は余り読書をしないので、本を買う量は
僅かです。おっしゃる通り、本屋さんでは
本が「私を買って 読んで!!」と誘惑していますね。
新刊書の場合はwebで注文するのも、書店で注文するのも
手元に届く時間の差がありますが、送料を取られないのと
「お買い物は地元商店街で!」に協力して、なるべく
地元書店に注文するようにしています。
webで便利なのは 古書ですね、全国の古本屋さんの
在庫が検索でき、なおかつその中で一番安いものを
getできます。
先日、国会図書館の事をテレビでやっていました。もう直ぐ書庫がパンクするそうです。この件は我がブログで取り上げることにしましょう。

投稿: 釈破旬 | 2010年6月24日 (木) 15時53分

 田舎暮らしも悪くないけど,こういうときは,都会がうらやましくなります.最近はインターネットの普及で劇的に本が入手しやすくなりましたが,“本が向こうから飛び込んでくる”経験は,やっぱり本屋さんでないと,なかなか味わえませんね(といいながら,すでに,死ぬまでには絶対読みきれない量の本を抱え込んでいるんですが^^;)

投稿: junk | 2010年6月23日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 還帰祝い の お赤飯 | トップページ | 明るい宗教の駐車場係 »