« イオンのお葬式 | トップページ | 逆効果 »

勤行本

2010/5/24

昨晩、今年秋に開催する 真宗ふれあい高座

心の元気塾

の講師を交えて、テ-マや進め方などの会議を持った。

以前は 真宗入門講座 と銘打っていた講座で

真宗の縁の薄い 青壮年 を対象に12年ほど前から

組で取り組んでいるものだ。

内容として 正信偈 に何が書かれているかを話して

もらおうとなった。たった1時間ほどでそれを話せ

というのも無理なはなしであるが・・・・

そこで、塾で参加者に配布することになっている

勤行本

1

これは、岡崎教区で発行しているもので、印刷の

文字が大きいので、私たち高齢者にとって好評で

寺においておくと、持ち帰ってしまう人がいると

云われる住職がたくさんみえる。

文字が大きいだけでなく

2

漢文の下に 和訳 と 読み下し文が併記されていて

我が家では 和訳 でお勤めをするので

重宝している。

原案となった、以前教務所長をされていた方の

思いというか、伝えたいことの参考文も巻末に

付されている。

3

金子大栄 さんと ベトナム僧ティク・ナット・ハン師

の詩もある。

その次には

4

釈尊から清沢満之師までの年表まである。

これを見ると道綽禅師と善導大師は生前に師弟

であったであろうことが解るし、本願寺派は

大谷派より4年ほど先輩であることも知らされる。

いたれりつくせりのような 勤行本であるが、

和讃が少ししか掲載されていないのが、私には

不満である。(愚痴は尽きない)

従って、我が家のお夕事は4種類の本を使用して

行われている。

元気塾の講師の先生も この勤行本が気に入られ

たようで、この本を使ってお話をしてもらえるようだ。

しかし、これだけの勤行本が たったの 200円

というのは、いかにも安い!!、値段はさておき

再度 表紙をみるに

-みんなでおつとめを-

の  とある。家族みんなで 友達みんなで

お勤めをして欲しいということが、この勤行本が

作られた一番の ねがい であるようである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« イオンのお葬式 | トップページ | 逆効果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イオンのお葬式 | トップページ | 逆効果 »