« 読書家の皆さんへ | トップページ | 2000年前の 戦争遺跡 »

22年ぶりの えいが「

2010/4/7

またまた紹介記事です。

最近話題になった、沖縄返還時の

核兵器持込 などの 密約 について製作された映画

 「 密 約 」

が 22年ぶりに急遽 上映されることになった。

教科書でも教わった事のある。

外務省機密漏えい事件

  西山事件

  蓮見事件

とも云われている。事件である。

事件というと、この西山毎日新聞記者 や

蓮見外務相事務官 などが 悪いような印象を受けるが

昨今 のマスコミ報道や、外務省元幹部などの証言でも

明らかなように、悪いのは 外務省 や 政治家

そして マスコミ なのである。 真実を追究させなかった

国民である、私も同罪かもしれません。

マスコミも仲間である 西山記者を見捨てたという

 負 目

があるのか。映画の紹介などは ほとんどしませんので

ネットの一端である、当ブログで紹介したわけです。

全国での公開は 映画の公式サイトをご覧あれ。

予告編も見られます。

名古屋は5月ですよ!!

http://密約.jp/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 読書家の皆さんへ | トップページ | 2000年前の 戦争遺跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

junkさん コメントありがとうございます。
備忘録としてブログを書いているので、読んでくださる方がいなくてもいいようなものですが、やはり反応があるとうれしいですね。スパムコメントは要りませんが。・・
小生、1952年生まれの58歳、還暦直前と言ったところですが、子どものまま大人になり、そして老人になってしまった感です。血のメ-デ-の有った都市ですね。若いころは政治にはまったく無関心人間でありましたので、世の中を大混乱にしていた、西山事件も
目耳に入っていたのでしょうが、ほとんど記憶していませんね。奥手というか30歳を過ぎて政治に目覚め
赤旗を振っていましたが、今はその赤旗からも見捨てられ、政治的には みどりの旗を振っております。
仏教と同じく中道を歩んでいるわけです。
そうそう、ヒヨコのうた は今年の本山報恩講の通夜布教で最初に話された 小林 顕英 さんのお話の中にあったものを 私が勝手にパクリ&脚色して書いたものです、小林さんのお話はいいですね~ぇ

投稿: 釈破旬 | 2010年4月16日 (金) 06時35分

 え,1972年ですか・・・? ひょっとして,リアルタイムの記憶は思い違いかなぁ?
 もっとも,中学生の頃から勤め始めるまでの間,新聞を読むのが趣味みたいになっていた時期がありましたので,新聞や週刊誌の広告を見ては一人で怒っていた記憶は思い違いではない可能性もなくはないです・・・.
 井上ひさしさんが亡くなられましたが,私は,ひょうたん島の前,ちろりん村をかろうじてリアルタイムで見た年代です(自分の家にはまだ,テレビがなかったので,隣に見にいってました).破旬さんよりちょっと年下くらいでしょうか?
 しかし,岡田外相の真意はわかりませんねぇ・・・.

投稿: junk | 2010年4月14日 (水) 22時55分

junkさん こんにちは
事件の起きた1972年はワタシは20歳前後で
政治にはまったく関心を寄せていませんでしたが、リアルタイムでの記憶はありません。当時
東北の仙台で船舶通信士の資格を取るために勉強中で、街中にあった東北大学では闘争が展開されていた事を記憶している程度です。西山記者の話は何度も衛星テレビや有料webニュ-スでききました。
しかし、裁判所から外務省はまじめに資料を探していないので、再度まじめに探すように判決がでたのに、この問題の火付け役である岡田外相からは、控訴するとのビックリするお言葉!!
私も忘れないくらいのことしかできませんが、映画は是非見に行こうと思っています。
junkさんはいったい何歳なんだろう???

投稿: 釈破旬 | 2010年4月11日 (日) 14時36分

あれは,実に腹立たしい事件でしたね.
 1)日本の外交姿勢を問うべき政治問題が,2)報道の自由の問題にずらされ,さらに,3)男女間のスキャンダルにすりかえられる.扇情的マスコミは3の話に熱中し,良心的なジャーナリズムもそれを2に引き戻すのに手一杯.その過程で,本来の1はどこかに吹っ飛んでしまったという事件でした.
 イラクで人質人なった3人を政府が率先していじめた例の事件とともに,権力の狡猾さ・冷酷さを思い知らされた事件です.
 映画は島根には来ないようですね.でも,島根で上映できるようにするだけの力もない.せめて,忘れないようにするのが,私にできる精一杯のことでしょうか.

投稿: junk | 2010年4月 9日 (金) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読書家の皆さんへ | トップページ | 2000年前の 戦争遺跡 »