« 東西協力 | トップページ | 政治 と 宗教 »

島倉千代子 vs さだまさし (敬称略)

2010/2/16

今年、西本願寺の報恩講にお参りしたとき、法要と法要の間の

空き時間を使って、若い女性が歌唱指導をしてくれた。

指導してくれた曲は

   しんらんさま

という曲で、真宗寺院ではよく歌われる曲である。

この曲は 50年ほど前に 親鸞聖人700回忌が行われたとき

たしか プロの作曲家 古関裕而氏に依頼して作られた曲だそうだ

歌っていたのが 

島倉千代子さん

である。仏教賛歌とは一味違ったできばえで、親しみやすい

メロディ-である。

来年は、親鸞聖人750回忌の年にあたり、東本願寺でも

イメ-ジソングというか、いろいろ歌曲が製作されている。

また、来年は浄土宗の開祖 法然上人800回忌の年でもある。

浄土宗では 来年の御遠忌のためにイメージソングを

さだまさし さんに依頼して作ったようである。

曲名は 「いのちの理由」

下記URLにアクセスして、画面から試聴できるようになっている

ので、是非 聞いてみよう

http://jodo.or.jp/onki800/kinen/presentation/uta.html

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

>

|

« 東西協力 | トップページ | 政治 と 宗教 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

相変わらずのスゴイ情報収集力ですね。

「しんらんさま」は、うちのお寺のご門徒も僕も大好きです。
3番で いつも泣けてくるという、おばあちゃんも居ました。

さだまさし「いのちの理由」は知りませんでした。
また、ちゃんと聞いてみます。

投稿: ONSAI | 2010年2月17日 (水) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東西協力 | トップページ | 政治 と 宗教 »