« 球友 | トップページ | 私は 今親鸞? »

二人の 離暗(りあん)

2010/2/12

遅遅として進まない 真宗の学びであるが

そのつど新しい発見というか、気付きがある。

ひさしぶりに開いた 分厚い 真宗聖典で

ハンドルネ-ムとして使っている 他化天の大魔王

   破旬(波旬)

に娘がいる事を知った。その名前も意味ありげな

    離暗

だそうである。魔王の娘であるから 当然 魔女

なのであるが、昔はよい行いをしてきた方らしい、

その娘の諭ししより、父王は仏の教えに導かれると

教行信証に書かれているような気がする。

気がするというのは、聖典の漢文読み下し文が

正確に理解できていないからである。

もう少し読み込んで、理解を深めることとしよう。

ちなみに 私には二人の娘がいます。私を仏道に

導いてくれているのだろうか????

悩みの種はいっぱいくれているが・・・・

しかし、常に横道にそれて、いろんなところに手をつける

ので、勉強が進まないことは分かっているのですが、

ついつい、・・・・・

さあ、今日は午後、赤羽根別院の真宗講座

池田勇諦先生のお話を聞きに出かけましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 球友 | トップページ | 私は 今親鸞? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 球友 | トップページ | 私は 今親鸞? »