« 聖道門のようですね。 | トップページ | お西・名古屋別院報恩講 »

手術不能の日本海外緊急援助隊

2010/2/4

衛星放送の有料ニュ-ス番組をよく見る。

地上波の同じ事を報道していてもかなり違う情報が多い。

先日、大地震の発生した ハイチ に派遣された、日本の

   海外緊急援助隊

について、地上波ではその活躍ぶりを伝えているが、先日みた

衛星放送の番組では、コメンテ-タ-として出演していた

現地に入り、帰国した民主党の国会議員から、ビックリする

現状が報告された。

日本の医療チ-ムでは、手術ができないそうである。

医師や看護士は当然外科担当の有能な人たちが派遣されて

いるのであるが、麻酔薬の持ち合わせが無く、手術が

必要な骨折患者が バイクで運ばれてきたのに、

レントゲン(これは他国の医療チ-ムが羨むほどの高機能品)

だけを撮って、そのままバイクに乗せて帰したそうである。

その理由たるや あきれて物がいえません。

「日本で使用されている麻酔薬は 厚生省が麻薬類として

認定していて、日本は麻薬を国外持ち出し禁止なので

緊急救援隊には持参させなかった。」というものであります。

そんなことは今始まった事ではないのに、中国・四川の地震や

大津波の救援隊も同じだったのであろうか?

ハイチで一番活躍している 救援隊は イスラエル の人たち

なのだそうです。地震発生後、いち早く大部隊で駆けつけ、

航空管制をしている米国軍が 空港着陸を許可しないのに

無断で着陸を強行し、瞬く間に医療施設をオ-プンさせた

そうである。医療チ-ムには産婦人科班も含まれている

そうである。ナルホド

なぜイスラエルが張り切るか??

パレスチナ問題で国際てきに批判を浴びている同国

この時とばかりの点数稼ぎをしているらしい??

まあ、いずれにしろ救助が進むのはいいことである。

-----------------------------------------

ニュ-スはいつでも無料で見られますが、たまには

お金を払ってでも、見る事も必要なようである、

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 聖道門のようですね。 | トップページ | お西・名古屋別院報恩講 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聖道門のようですね。 | トップページ | お西・名古屋別院報恩講 »