« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

たまには環境

2010/2/27

もう二月も終わろうとしていますね。

しばらく寒い日や荒れた日がありましたが、このところは

地球温暖化を実感する日が続きます。

温暖化の有無はそれぞれ主張があるでしょうが、身体は

間違いなく温暖化を感ぜざるを得ませんね。他の動物や

植物、命のない山や川も・・・

数字を示されるとビックリするようなことがあります。

先日、取引先で新聞を何気なく読んでいたら。

日本(人)は世界中から、水や土地を輸入していることが

書かれていました。

穀物輸入(食糧や飼料用)量 3000万トン/年間

を視点を変えて、それを生産するために使われた

水 と 農地

で考えると。600億トンの水

        1200万ヘクタ-ルの土地

を輸入していることになるそうである。

隣国の韓国や中国などは、農産物ではなくて

直接アフリカなどの国へ土地の買い付けに行っているそうだ。

土地を買って持ってくるわけでなく、自国向けに農作物を

専用に作らせるように契約してしまうとか。しかし、その国の

国民は飽食をしているかというと、自国民の食料自給もままならない

状態だと言う。

こういう行為を 仏教では 三悪道(さんまくどう)と言う

むさぼりの心を実行中と言ったところだ。

この取り組みが日本に欠けて(負けて)いると力説している

学者さんも多い。相手の国の国民を飢えさせて、札びらで

土地を相手国政府から買い付ける事より、廃棄する食料の

撲滅活動をするべきである。

もうひとつ、違った視点で日本の食糧自給率をみてみよう。

現在のわが国の食料自給率はカロリ-ベ-スで

     39%

と4割を切っている。その4割を生産するために莫大な

石油を必要とする。耕作する機械の燃料、化学肥料の原料

ハウス栽培の暖房燃料、生産物の物流燃料 などなど

すべからく石油だ!! 石油を食べていると言っても過言

ではない。

1900億キロカロリ-(2000年)の食料を生産するのに

145000キロカロリ-の石油が必要だと言う。

つまり、エネルギ-ベ-スで食料自給率を考えると

わが国の食料自給率は

    -279% 

となると、昨年私の所属する みどり東海

が開催した講座で講師の 篠原信氏が教えてくれた。

いずれにしろ、恐ろしい時代を生きている私たちである。

 少 欲 知 足

をいつも言っている自分自身の お腹を見るとこの記事は

自分への警鐘であることは 間違いない!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

二つのブログ

2010/2/27

少し前から もうひとつブログを書くことになってしまった。

地元の別院・赤羽別院の教化センタ-の3つある部会に

ひとつずつ ブログが割り当てられた。私の所属するのは

くらし部会

というところであるが、他の部員の方がほとんど書き込まないので

実質、自分のブログのようになってしまっている。URLは

http://d.hatena.ne.jp/kurasibukai/

こちらのブログもたまには覗いてみていただきたい。

同じ内容のこともありますが、自分だけのブログではないので

少し、気をつかって書き込んでいる、つもりであります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

2.13倍

2010/2/26

寺の聞法会を

   「百人会」

と銘打って開催されている、島根の寺がある。

門徒さんにお参りを誘うとき、

「あなたが座れば 101人になりますよ」と云われているらしい。

今まで二十数回されているそうですが、100人以下だったことが

無いと言うからすごいものである。この地は石見銀山や温泉の

あるところであるが、そこに訪れる人は多いかもしれないが

寺にお参りする人ではない。住民(=門徒)はどんどん減少している

過疎の町ともいえる。

先日行われた「百人会」はかなり雰囲気が違ったようである。

開催前から予感はあったようであるが、蓋を開けてみたら

なんと 213人の参加者だったそうである。

この寺の住職さんは アイデアマンでいろんな取り組みをして

寺に人が集うようにされている。 たとえば

・寺の本堂床が掘り炬燵になっていたり。

・月も出ないのに 月見ができる装置(?)を作ったり。

・組(そ)内寺院の報恩講参りをスタンプラリ-形式で公開したり。

数え上げれば きりがないほどである。そのつどブログやHPで

紹介しているので、大変参考になる(けど実行に至らずですが)http://blog.goo.ne.jp/rockwin18/

とにかく、開催に尽力された、住職、坊守、門徒さんたち

ご苦労様でした。

いつか私も 百一人目に加えていただきます!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (4)

政治 と 宗教

2010/2/21

保守派の論客として知られている

西部邁氏

が衛星放送の討論番組で話していた言葉である。

話の一部分を引用して書くのはよろしくないが。

その部分を聞いてナルホドと思ったのでご容赦を。

政治について話されたのである。

---------------------------------------------

政治は政策だ!!←政策はまともな価値観から生まれる

  ←まともな価値観は宗教に依る。

---------------------------------------------

と言うのである。その後の論調は

戦後、アメリカ軍の作った憲法はよくない

政教分離 ではなくて 祭政一致でなければ

    イカン!!

と言うわけである。この論調には同調できないが

引用した青字部分は 異論はありません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

島倉千代子 vs さだまさし (敬称略)

2010/2/16

今年、西本願寺の報恩講にお参りしたとき、法要と法要の間の

空き時間を使って、若い女性が歌唱指導をしてくれた。

指導してくれた曲は

   しんらんさま

という曲で、真宗寺院ではよく歌われる曲である。

この曲は 50年ほど前に 親鸞聖人700回忌が行われたとき

たしか プロの作曲家 古関裕而氏に依頼して作られた曲だそうだ

歌っていたのが 

島倉千代子さん

である。仏教賛歌とは一味違ったできばえで、親しみやすい

メロディ-である。

来年は、親鸞聖人750回忌の年にあたり、東本願寺でも

イメ-ジソングというか、いろいろ歌曲が製作されている。

また、来年は浄土宗の開祖 法然上人800回忌の年でもある。

浄土宗では 来年の御遠忌のためにイメージソングを

さだまさし さんに依頼して作ったようである。

曲名は 「いのちの理由」

下記URLにアクセスして、画面から試聴できるようになっている

ので、是非 聞いてみよう

http://jodo.or.jp/onki800/kinen/presentation/uta.html

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

>

| | コメント (1)

東西協力

2010/2/16

これも、購読中の 本願寺新報からの受け売りですが

来年の 親鸞聖人750回御遠忌 について 京都市長に協力要請を

東西本願寺の代表が共同で行ったようです。

1

近年は お互いの報恩講に 門首さん(お西では 門主さん)が

お参りしあわれるようになりました。

これからも 協力 と 競い合い をしていきたいですね。

さらに写真を拡大してみると

Photo

一番左の方が 京都市長さん ですので、普段執務されるときも

着物を着用してみえるのでしょうか??

三重県の伊賀市 では 議会中に議員さんが忍者スタイルで

議論しているそうですので、 京都の 着物は いいですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

王舎城の悲劇が 劇場劇に

2010/2/15

随分前に初めて 観無量壽経の序文で繰り広げられる

王舎城の悲劇・アジャセ王の物語を学んだとき

たまたま、自分の今は亡き 父親との不仲と重ね合わせ

2500年たっても 人間は進歩してない事を痛感したことがある。

その 王舎城の悲劇 が 劇場劇になった。

Photo

3月4~6(土)に公演される。

でも、残念ながら場所は 広島ALSOKホ-ルである。

キャストは

イダイケ 音無美紀子

アジャセ 川崎麻世

ビンバサラ 中山仁

となっている。

主催は 浄土真宗本願寺派 

      親鸞聖人750回大遠忌中国ブロック実行委員会

問い合わせ

      本願寺広島別院(082-231-0302)

とのことである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

おはちんち点描

2010/1/13

以前にも書き込みをしたことのある、手次寺

 安 専 寺

の毎月28日に行われている、親鸞聖人御命日のつどい

通称、おはちんち を遅ればせながら書き込もう。

Photo

案内ポスタ-にあるように、朝7時半から

お朝事の勤行から始まる。

Dscf0003

今日は年の初めと言うこともあるのか、お参りが多いぞ!!

そして、法話を聞きます。今月は若院さんの担当、講題が

決まっているわけではないようだが、今回は

   無縁社会

についてだ。NHKでこのことに関する番組が有ったような気がする。

Photo_2

この間に、お庫裏では、お手伝いの女性軍が奮闘中だ

一月は お雑煮 で、尊前に供えられていた正月の鏡餅を

冷凍にしておいて、お下がりをいただきます。

Photo_3

Photo_4

Dscf0004

棚の上には スピ-カ-が置かれます。

お手伝いの女性から、庫裏にいてお話を聞く機会が無いので

何とか作業をしながらでも聞けるようにとの要望があり、

檀家の電気屋さんに準備してもらったそうです。

Photo_6

これがあるので、お話を聴聞できるだけでなく、

本堂の状況が庫裏でも分かり、お給仕の

タイミングが察知できるようになったそうです。

さてお話も終わり、お楽しみの お斎(とき)です。

Photo_7

器も本格的です。ここの住職さんは道具にこだわりを

もってみえます。何人分あるんだろう?

Photo_8

お酒も チョッピリ出されます。車の方は NG です。

さあ、食前の言葉を唱和して、いただきましょう!!

Photo_9

普段はもっと凝った精進料理が出されます。

このお斎も出される 御命日のつどい 

は随分昔から行われていたそうです。当時は野菜などを

当番の組の門徒さんが持ち寄り、おかずとお汁を作り、

ご飯は各人が自宅から持参していたそうです。

それも、伊勢湾台風で寺が被害をうけて途絶えていました。

それを、復活させて現在に至っています。

28日が固定されますので、お休みでない場合が多く、仕事を

持っている方はお参りしにくいかもしれませんが、年に一度くらい

はお休みになることもあります。是非お参りを!!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

私は 今親鸞?

2010/2/12

今日は珍しく 夫婦二人だけで お夕事をした。

通常は 和訳・正信偈  のお勤めをするのだが

二人だけなのでと 讃仏偈( 嘆仏偈  )を拝読することに

した。コ-ゲンギ-ギ-から始まる偈文である。

視力の弱い連れ合いに 文字が大きい西本願寺の勤行本を渡し、

私は 東本願寺のいつも使っている 勤行本で拝読をした。

東西融合の家庭版??

当然、お経の一部であるので、全文漢字で、とても

意味は分からない。しかし、連れ合いの使った勤行本には

この偈文の説明と、おおよそのこのお経の意味が書かれて

いる、お勤めが終わってから、御文(御文章)の代わりに

それを読み上げた。

連れ合いは「何を言ってるんだか??」と言うよな顔をして

聞いていたが、よくよく考えてみるに、小生は他人に説教できる

ような人間ではないのに、その時点は偉そうにお経の

説明をしていたことになる。

タイトルの 私は 今親鸞

ということは、私は現代の親鸞聖人であるという意味ではない。

お経を読んでいる時点 私は 釈尊

正信偈  を読むとき  私は 親鸞

自分の声を通じて 釈尊が 親鸞聖人が教化してくださって

いると感ぜざるを得ません。

今日読んだ 諸経によりて弥陀和讃九首

しみじみ、うなずくばかりであります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

二人の 離暗(りあん)

2010/2/12

遅遅として進まない 真宗の学びであるが

そのつど新しい発見というか、気付きがある。

ひさしぶりに開いた 分厚い 真宗聖典で

ハンドルネ-ムとして使っている 他化天の大魔王

   破旬(波旬)

に娘がいる事を知った。その名前も意味ありげな

    離暗

だそうである。魔王の娘であるから 当然 魔女

なのであるが、昔はよい行いをしてきた方らしい、

その娘の諭ししより、父王は仏の教えに導かれると

教行信証に書かれているような気がする。

気がするというのは、聖典の漢文読み下し文が

正確に理解できていないからである。

もう少し読み込んで、理解を深めることとしよう。

ちなみに 私には二人の娘がいます。私を仏道に

導いてくれているのだろうか????

悩みの種はいっぱいくれているが・・・・

しかし、常に横道にそれて、いろんなところに手をつける

ので、勉強が進まないことは分かっているのですが、

ついつい、・・・・・

さあ、今日は午後、赤羽根別院の真宗講座

池田勇諦先生のお話を聞きに出かけましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

球友

2010/2/8

2

我が家のラガ-マンの紫男(シオン)くんである。

ラグビ-観戦を趣味としている末娘が友人のポジションの

背番号のものを見つけて購入して、着せている。

この友人氏、今年の花園・全国高校ラグビ-に出場して

ベスト4になったと言うからたいしたものである。

さて、球友であるが、高校(愛知県立三谷水産高校)を

卒業して以来、ラグビ-部のOBで草ラグビ-のチ-ム

白鯨クラブ

を作っていて、はや40年になろうとしている。もっとも最近は

練習のみで試合活動は皆無である。そのチ-ムの新年会が

豊橋であり、参加した。

Photo

一人だけ50歳になったばかりの 若手(?)がいるが

あとはほぼ還暦状態である。毎年同じ内容の話を初めて

聞くような顔をして話し合うが、これがまた楽しいのである。

そんな中でも、初めて聞く話も飛び出し、新鮮な収穫もあった。

冒頭に、先月27日に57歳でなくなったチ-ムメイトの奈良県

でのお葬式の報告もあり、その癌で世を去った友もまるで

生きているように、話の話題に登場してくれた。

私にはこの 球友 のほかにも、 法友、政友など接点によって

いろんな種類の友達がいる。それぞれの場で話す内容は

違うが、それぞれにアルコ-ルを潤滑油に話は尽きない

ほかの友達については、またの機会に登場してもらおう。

Photo_2

駅には満開の菜の花が、渥美半島では咲き誇っている

ようである。また 豊橋と言えば

Photo_3

筆が特産品で

Photo_5

Photo_6

勇壮な手筒花火と赤鬼が有名である。

そして、最後

Photo_7

駅蕎麦、これは外せない旅の楽しみである。

今日は友人と3人で食べた、しかも 私のおごり で

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

甘かったです

2010/2/5

Photo

再度、お餅が登場です。

先ほど大事に(実は忘れていたのですが・・)冷蔵庫の

奥にしまっておいた、お華束のお餅を 半分ずつ

夫婦でいただきました。名古屋名物の

味噌煮込みうどん

の中にいれて煮込んでたべたのですが、ひとかじりして

    うっ!!

なんと甘いのです、どうやら砂糖を搗きこんであったようです。

でも、ありがたく いただきました ナンマンダブツ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (1)

クイズの答え

2010/2/4

Photo_8

以前、これは何か?というクイズを出して回答するのを

忘れていました。景品が無いので応募はありませんでした。

Photo_9

そのまま、我が家の お内仏にお供えしました。

答えは、1月16日まで厳修されていた。京都の

浄土真宗。本願寺派の本山の報恩講に飾られていた

   お華束(けそく)

のお餅でした。名古屋の西別院に学集会に行ったとき

偶然、本山から送られてきたものをお裾分けして

いただきました。東本願寺のものよりかなり小さいですね。

ありがたいお下がりでした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

お西・名古屋別院報恩講

2010/2/4

今年も 浄土真宗本願寺派・名古屋別院の報恩講が

厳修されます。大谷派・名古屋別院の報恩講には一度も

お参りしたことがありません。なぜかと云うと

自分の手次寺の報恩講の日程と同じであるので永久に

お参りできないかも知れません。

手抜きして案内します。

Photo_6

Photo_7

興味のある方はPCに写真を取り込んで拡大して

ごらん下さい。今月13日午後~16日午前中までの間です。

毎年楽しみにしていた、通夜布教は今年から

オ-ルナイト開催でなくなりました。

15日18時~21時となりました。

今年も都合がつけばお参りさせてもらおっと

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

手術不能の日本海外緊急援助隊

2010/2/4

衛星放送の有料ニュ-ス番組をよく見る。

地上波の同じ事を報道していてもかなり違う情報が多い。

先日、大地震の発生した ハイチ に派遣された、日本の

   海外緊急援助隊

について、地上波ではその活躍ぶりを伝えているが、先日みた

衛星放送の番組では、コメンテ-タ-として出演していた

現地に入り、帰国した民主党の国会議員から、ビックリする

現状が報告された。

日本の医療チ-ムでは、手術ができないそうである。

医師や看護士は当然外科担当の有能な人たちが派遣されて

いるのであるが、麻酔薬の持ち合わせが無く、手術が

必要な骨折患者が バイクで運ばれてきたのに、

レントゲン(これは他国の医療チ-ムが羨むほどの高機能品)

だけを撮って、そのままバイクに乗せて帰したそうである。

その理由たるや あきれて物がいえません。

「日本で使用されている麻酔薬は 厚生省が麻薬類として

認定していて、日本は麻薬を国外持ち出し禁止なので

緊急救援隊には持参させなかった。」というものであります。

そんなことは今始まった事ではないのに、中国・四川の地震や

大津波の救援隊も同じだったのであろうか?

ハイチで一番活躍している 救援隊は イスラエル の人たち

なのだそうです。地震発生後、いち早く大部隊で駆けつけ、

航空管制をしている米国軍が 空港着陸を許可しないのに

無断で着陸を強行し、瞬く間に医療施設をオ-プンさせた

そうである。医療チ-ムには産婦人科班も含まれている

そうである。ナルホド

なぜイスラエルが張り切るか??

パレスチナ問題で国際てきに批判を浴びている同国

この時とばかりの点数稼ぎをしているらしい??

まあ、いずれにしろ救助が進むのはいいことである。

-----------------------------------------

ニュ-スはいつでも無料で見られますが、たまには

お金を払ってでも、見る事も必要なようである、

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »