« 民主党 | トップページ | 手術不能の日本海外緊急援助隊 »

聖道門のようですね。

2010/1/30

webを通じてbbsでお話をしている滋賀県のある住職さんに

東本願寺の報恩講(のみでなく他の法要もそうですが)のお勤めは

とても参詣の門徒さんが一緒に唱和できるものではなく、勤行中に

お話をしている人が多いし、せっかくお参りしたのに参加できず

ゆっくり座ることもせずに、お土産ショッピングがメインになっている

方も多くいる。 

と愚痴を書き送ったら、ご住職も同じように感じられているようで、

門徒を置き去りにしていることが当たり前のように言われる

僧族の方も多いとか・・・

まるで聖道門のようですね。」

と書かれていました。

末寺では勤まらないような、重いお勤めを本山で唱和されるのは

それなりに意味はあると感じつつ、すべてそれ一色では

全国から参詣される人は 参観者でしかなく勿体無いナ~

  道俗時衆共同心

と正信偈  の最後に書いてあったような・・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 民主党 | トップページ | 手術不能の日本海外緊急援助隊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党 | トップページ | 手術不能の日本海外緊急援助隊 »