« ずぼら荘厳 | トップページ | 来て!!来て!! »

六十肩

2010/1/5

以前、名古屋別院でお話をされた

笑う介護士と呼ばれている方が、お話の中で

「あなたはシャツの袖を右手から通しますか

  それとも、左手からですか?」

と訊かれたそうである。人それぞれ癖があり

必ず同じ腕を先にとおすそうで、介護をする場合

相手の方の癖を知り、そのようにしてあげないと

機嫌がわるいのだそうである。

そういえば、母親の介護をし始めたころ、いろんなことで

しかられた事を思い出す。失語症なのでちゃんとした

ことばで言うのではなく、大声で叫んだりするのである。

最近、その事をわが身で思い知らされている。

数ヶ月前から左肩が妙に痛いのである。これといって

原因は思い当たらず、世間で言う 五十肩 が

私には遅く現れて、60を目前に発症したのではないかと

一人納得&諦めているところである。シャツや上着を

着る時に、必ず痛くない右手から通してしまい、無理な

体制で左手を通すので、イテテ!!シマッタ!!

と思わされている。

そういえば最近、母親から叱られることがなくなった。

彼女の要求にちゃんと応えているということか

それとも 諦めて文句を言わなくなったのか

前者の方であるとうれしいのだが、ことばが話せない

ので、いまだに不明である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« ずぼら荘厳 | トップページ | 来て!!来て!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ずぼら荘厳 | トップページ | 来て!!来て!! »