« 宛名は法名で!! | トップページ | 特許権は釈尊 »

返歌の意味

2009/12/26

かなり書き込みが滞ってしまいました。

読者の方から以前の書き込みの

親鸞聖人の9歳の時に詠まれた歌にたいする

慈円僧正の返歌

はるふかき はなのにしきにひきかえて

   すえたのみある 墨ぞめの袖

の意味を尋ねられていました。今年の元気塾の

講師の先生にたずねてみたところ、ご存知なく

一度調べて見ましょうとのことでした。

「しかし、念仏を弾圧した立場にいた人なので

  あまり、真宗門徒にとっては意味はないかも

    しれませんね。」

とも言われました。

どこかで、どなたかが話されるかもしれませんので

気に留めておくこととしましょう。

どなたか、ご存知の方がみえましたら、ご教示を!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 宛名は法名で!! | トップページ | 特許権は釈尊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宛名は法名で!! | トップページ | 特許権は釈尊 »