« 校長室に呼び出されました | トップページ | 坂の上の雲  の  三男 »

精進料理 vs 肉食(+妻帯?)

2009/11/27

本山報恩講も あと一日を残すのみとなった。

この報恩講のル-ツは親鸞聖人が有縁の方々と

法然上人の御命日に仏法聴聞し、お勤めをしておられた

法然上人御命日の集い(講)

にあると、先日いただいた報恩講のパンフレットに書かれている。

また、地元の寺の報恩講にお参りして時に聞いた法話の

講師から、御伝抄(親鸞聖人のご一生が書かれた文書)が

毎年、報恩講中の 25日 に拝読される理由を

先ほどの法然上人の御命日と もう一人、9歳の時に

仏教の門に入れていただいた、後に天台座主になられた

慈円僧正の御命日が同じ 25日にあたることに由来して

いると教えていただいた。

そのときに9歳の親鸞聖人が読まれた歌は有名で

いろんなところで聞いたことがあったが、その歌に

恩師の慈円さまが返された歌があったことを知った。

はるふかき はなのにしきにひきかえて

   すえたのみある 墨ぞめの袖

タイトルに戻りましょう。今回の報恩講参拝は

末娘(高2)も同行すると言うので3人かと思いきや。

新型インフルエンザに感染して休職させられていた

長女(長野。上田在住)もほぼ完治状態で

もう他人に感染させることがないのでと、急遽帰省し

4人での上山となった。

せっかくの機会なので、車で往復し、お昼ご飯は

精進料理を食べようと、四条にある女性僧侶の経営する

    弥光庵

Photo

Photo_2

に予約して食べ、そのあと、女性軍は新京極と

錦市場の散策に行った。

小生は今回の報恩講で楽しみにしていた

本廟法話 太田浩史氏(高岡教区)

の聴聞のために一足先に 本山へ

いつもながら、独特の視点の変わった

お話を聞かせていただいた。(時間が短かったが・・)

そして、いざ 改悔批判 へ

この詳細は後日として、やれやれ どうにか役目を終え

地下の視聴覚ホ-ルで開催されている

ライブ・イン浄土真宗

を聞くも、「おなかが空いた!!」との女性軍の声に負け

中座して、夕食へ

お昼の精進料理とは正反対の 中華料理で

1

昼・夜とも おいしかったです。

われ今、 この清き食を終わりて

こころゆたかに ちから身に満つ

ごちそうさま

これは、大谷派の食後のことば です

2

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 校長室に呼び出されました | トップページ | 坂の上の雲  の  三男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

精進料理も肉食料理も、どちらもおいしそうですね。

慈円僧正の詩は、知りませんでした。
親鸞聖人が9歳のときに出家されるときに読まれた詩、

  ”明日ありと 思う心の あだ桜
     夜半に嵐の 吹かぬものかは”

に返された御歌ですかぁ。
どういう意味なんだろ。
知っておられたら、教えてください♪
私も調べてみます。

投稿: JJSG | 2009年11月28日 (土) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 校長室に呼び出されました | トップページ | 坂の上の雲  の  三男 »