« 拙句 | トップページ | たまには グルメ を »

院 vs 院

2009/10/22

8日間の入院を終えて、連れ合いが帰ってきた。

入院していた、隣町の市民病院は、行く度に

その人の多さに、ビックリさせられる。

朝・電話で「退院の時刻が早くなったので

10時過ぎに迎えに来てください!!」

と弾んで、明るい声での呼び出しである。

応えて

「家に帰りたいの?そこに居たほうが

仕事もしなくてすむし、姑さんの顔も

見なくて済むよ!」

と言うも、やはり、家の方が良いそうである。

話がそれてきたが、

人が多いということは、病人が多いという

ことで、病気を治して長生きしたいと思って

いる人ばかりと推察する。私もその立場に

なれば同じであろうし、連れ合い殿も同様で

失明したくないので、手術を受けて視力を

回復したようである。

同じ  という文字のつくところの

寺院の方は、最近訪れる人が減少しています。

先日終わった、別院の報恩講でも、30年も

前には満堂のお参りがあったであろうが、

いまでは、残念ながら、かなり減少している

ようである。

前にも書いたが 高光大船 さんが

「飯を食って 働いているのが生きている

というのなら、柱時計も生活者である。」

といわれていたことを思い出す。

本当に 生きている 人になるために

これから始まる 各寺院 の報恩講に

お参りして まず 聴聞 をいたします。

私は

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 拙句 | トップページ | たまには グルメ を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

JJSGさんこんばんは
ご和讃や聞書がすット出てくるのがすごいですね。
聞法は問法と言われますが、なかなか問になるような聞き方ができません。
私も縁を求めて聴聞させていただきましょう。

投稿: 釈破旬  | 2009年10月28日 (水) 04時30分

こんにちは。

以前、祖母から聞きました。
「昔は、お寺によくお説教を聞きに行ったけど、最近は、すっかり御法話のご縁がなくなってしまった。。。」

とても残念なことです。

仏法は聴聞に極まる、と教えてられますから、聞いて聞いて聞き抜かないとダメなんですよね。

「たとひ大千世界に
 満てらん火をも過ぎゆきて
 仏の御名を聞くひとは
 ながく不退にかなうなり」(親鸞聖人)

「至りて堅きは石なり、至りて軟なるは水なり、水よく石を穿つ。『心源もし徹しなば、菩提の覚道何事か成ぜざらん』といえる古き詞あり。いかに不信なりとも、聴聞を心に入れて申さば、御慈悲にて候間、信を獲べきなり。只仏法は聴聞に極まることなりと云々。
(蓮如上人御一代記聞書193)

私もご縁を求めて、聴聞させていただきたいと思います。

投稿: JJSG | 2009年10月24日 (土) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拙句 | トップページ | たまには グルメ を »