« 報恩講シ-ズン到来 | トップページ | 院 vs 院 »

拙句

2009/10/20

先日、書き込んだ 俳句の受賞作を

ご紹介いたします。

主催した、赤羽別院 暮らし部会に所属

している手前、応募作品の水増し用にと

事務局から 別院の彼岸会に申し込み

用紙を渡されたので、その場で

エイヤ-とばかり ひねりだしました。

お題 が与えられていて、今回は

 と 

でありました。法要中別院の窓から

白い萩の花が咲いているのが見えました

ので、読んだ句が

たのしげに 

   涼風そよぐ 萩の花

これがスタッフ特別待遇もあってか

優秀賞に選ばれました。

もうひとつ、当日の説教の講師が

手次寺の若院さんで、丁度 十二光

のことをお話されていて、その中に

歓喜光 がありましたので。

秋彼岸 善知識説く

         歓喜光

こちらは、参加賞の 佳作でありました。

別院ブログに最優秀賞 と 優秀賞

が掲示されているところを、写真に

とり、載せましたので、興味のある方は

ごらん下さい。

http://d.hatena.ne.jp/kurasibukai/

これをきっかけに、俳句を趣味に始めて

みようと思います。 お金も道具も

要らず、できそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 報恩講シ-ズン到来 | トップページ | 院 vs 院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どなたの俳句もすばらしいできですね。感心しきりです。難をいうならば、序列の付け方です。どの句が、どの句よりも上位であると決定し、参加者に納得してもらうかは難作業です。俳句にはルールがあるようでルールは無いと言えます。現代俳句は、季語も、音数も拘りません。感動をどう言葉にするか、詩的要素があれば何でもありです。採点者の立場を明確にする必要性を感じました。文化的な集団遊技の序列は、歌合せや連歌の頃から悩みの種でした。当然ルールが自発的に発生しました。

投稿: jun | 2009年10月21日 (水) 11時47分

こんばんは。

和の心、いいですね。
いい俳句が読めるといいですね。

投稿: JJSG | 2009年10月20日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 報恩講シ-ズン到来 | トップページ | 院 vs 院 »