« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

プチ・ラマダンの宣言

2009/10/30

月に一度くらいは、ラマダンを経験して

世界中に沢山居るといわれる、食事をできず

空腹で眠りに付く人たちのことを、想像しようと

思っているのですが、なかなか実行できずに

飽食&過食の日暮しをしています。

今朝、いつもお邪魔している九州のお寺の

副住職のブログを読んでいて、反省させられ、

明日、急遽 プチ・ラマダンをすることに

しました。http://bongu0420.exblog.jp/

自分の頭の中だけで考えていると

ついつい忘れて、そのまま実行せずに終わります

ので、今回は家族にも 公言して行うことに

しました。Photo_2

空腹感を味わうことは、脳のはたらきにを活性化

すると言うようなことを、どこかで聞いたことも

あります。

確かに、人間の歴史は、空腹を克服するために

頭脳を働かせ、いろんな技術を開発してきました

ので、いいかも知れませんね。

美容と健康にも悪くなさそうです。煮炊きが

ささやかに減少するので、地球温暖化にも

いいはずです!!

空腹でイライラするかも知れませんので

家族には 迷惑な話でもあります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

校長室 呼び出し

2009/10/29

学校で生徒が悪さをすると

「○○(呼び捨て)、

ちょっと 職員室まで来い!!」

となる、私も小中の生徒のころ経験が

あります。

来月21日から28日までの8日間

京都の真宗本廟で報恩講が厳修される

通称、東本願寺のことである。

その法要の中に

改悔批判(がいけひはん)ということが

行われます。これは真宗独特のもので

あるようです。各派によって形式が異なり

ますが、真宗大谷派では

門徒が自分の信心について親鸞聖人の

御影(ごえい・黒い木像)の前で告白をし

その話を受けて、僧族の方が

批判(アドリブでの法話)をするという形態

になっています。

その門徒感話をさせていただくことになりました。

最初、教務所(各地方にある本山の出張所)

から電話で依頼を受けたとき。名誉なことなので

内心

「オレも まんざらなもんでもないな!!」

と思ったのですが、よく考えてみると

批判をされるわけですから、褒められるという

ことではありません。真宗門徒として自分を

考えるに、確かに褒められるような人間では

無いことは、自覚するほどであります。

その点では、この人選は 正解 です

話のテ-マが決められていまして

「報恩講に遇いえたよろこび」(5分程度)

というものです。

さて、何をお話いたしましょうか??

批判の対象となる、自分の日暮しをそのまま

話せばいいような気がしてきました。

  期日 11月21日(土) 15:30~

  場所 真宗本廟 ・御影堂

であります。

修復されて、ピカピカの御影堂での一番最初

であります。

冒頭の 職員室呼び出しよりも悪質なので

校長(親鸞聖人)室呼び出しを

楽しんで受けさせていただきましょう。

それも、連れ合い と 子供まで同伴で!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

たまには グルメ を

1_7

これは昨晩の我が家のメインディッシュの

ブラジル料理の ロ-ストチキン です、

わが町は外国人労働者の方たちが

沢山住んでいます。一番多いのは

ブラジル人です。

市内にはブラジルの食材を売る

ス-パ-やレストランが数軒あります。

そこで販売しているものを 一匹

買ってきました。一見油ギトギトに見えますが

チキンが回転する、専用のロ-スタ-で

油を落としながらやいているので、返って

パサパサしているほどです。特性の漬け汁

に漬けて焼き上げられていて、皮も美味しく

食べられる逸品です。

お値段は 1080円也

ご馳走さまでした。我が家のワンちゃんも

食後の言葉 「わん!」とのことでした。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

院 vs 院

2009/10/22

8日間の入院を終えて、連れ合いが帰ってきた。

入院していた、隣町の市民病院は、行く度に

その人の多さに、ビックリさせられる。

朝・電話で「退院の時刻が早くなったので

10時過ぎに迎えに来てください!!」

と弾んで、明るい声での呼び出しである。

応えて

「家に帰りたいの?そこに居たほうが

仕事もしなくてすむし、姑さんの顔も

見なくて済むよ!」

と言うも、やはり、家の方が良いそうである。

話がそれてきたが、

人が多いということは、病人が多いという

ことで、病気を治して長生きしたいと思って

いる人ばかりと推察する。私もその立場に

なれば同じであろうし、連れ合い殿も同様で

失明したくないので、手術を受けて視力を

回復したようである。

同じ  という文字のつくところの

寺院の方は、最近訪れる人が減少しています。

先日終わった、別院の報恩講でも、30年も

前には満堂のお参りがあったであろうが、

いまでは、残念ながら、かなり減少している

ようである。

前にも書いたが 高光大船 さんが

「飯を食って 働いているのが生きている

というのなら、柱時計も生活者である。」

といわれていたことを思い出す。

本当に 生きている 人になるために

これから始まる 各寺院 の報恩講に

お参りして まず 聴聞 をいたします。

私は

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

拙句

2009/10/20

先日、書き込んだ 俳句の受賞作を

ご紹介いたします。

主催した、赤羽別院 暮らし部会に所属

している手前、応募作品の水増し用にと

事務局から 別院の彼岸会に申し込み

用紙を渡されたので、その場で

エイヤ-とばかり ひねりだしました。

お題 が与えられていて、今回は

 と 

でありました。法要中別院の窓から

白い萩の花が咲いているのが見えました

ので、読んだ句が

たのしげに 

   涼風そよぐ 萩の花

これがスタッフ特別待遇もあってか

優秀賞に選ばれました。

もうひとつ、当日の説教の講師が

手次寺の若院さんで、丁度 十二光

のことをお話されていて、その中に

歓喜光 がありましたので。

秋彼岸 善知識説く

         歓喜光

こちらは、参加賞の 佳作でありました。

別院ブログに最優秀賞 と 優秀賞

が掲示されているところを、写真に

とり、載せましたので、興味のある方は

ごらん下さい。

http://d.hatena.ne.jp/kurasibukai/

これをきっかけに、俳句を趣味に始めて

みようと思います。 お金も道具も

要らず、できそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

報恩講シ-ズン到来

2009/10/20

秋が深まってくると、愛知県では真宗寺院の

報恩講のたよりが聞こえてきます。

雪の多い北陸などはすでに終了している

お寺も多いようです。

読者の方から 

「今年は報恩講にお参りしたいので

  日曜に厳修されるところの情報を」

とリクエストがありました。調べていないので

手抜きをして、webで公開しているものを、

拾ってみました。

--------------------------------------

大谷派名古屋教区30組 

http://www.nagoya30.net/info/event/event.shtml

--------------------------------------

大谷派名古屋別院(東別院)http://www.ohigashi.net/houonkou_nittei.html

--------------------------------------

本願寺派海幡組(高浜・碧南・西尾・幡豆郡)

http://www.katch.ne.jp/~sugi-kaz/kaibannsotop/kaibanso/houonkou1.html

--------------------------------------

それぞれにアクセスして、ご都合のつくところに

お参り下さい。

我が組 岡崎教区14組(碧南市)のものは

資料をさがして、後日お知らせすることに

いたします。

真宗寺院は 「寺を開く」ということを推進して

いますので、原則的にどのお寺もお参りできる

とおもいますが、詳しいことは直接お寺に

問い合わせてみてくださいね。

いずれにしろ、お参りしたいナ-とか

お話を聞きたいナ- と思ったときは

阿弥陀さんと 親鸞聖人が呼ばれている

訳ですので、思い切って足を運びましょう。

私はこのシ-ズン、わくわくします。

これからも、判り次第、情報を流すように

いたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (5)

38km + α

2009/10/18

本日 10月18日(日)はもう始まっていますが

わが町 の 年に一度のイベント

大浜てらまちウォ-キング

が開催されている。

清沢満之 さんのお寺 

   西方寺

のある、大浜地区は 寺が密集している

ということで、国の予算が付いて始められたもの

である。

あちこち 寺巡りをしている私としては

全国にこの程度の寺密集地域はザラに有る

と思うのですが、市民の方々が晴れた青空の下

二本の足で歩くことは、いいことなので良しと

しておきましょう。

当然、地域の交通指導員は交通整理に動員

されるわけで、午後1時より 出動です。

さて、歩くといえば、先日 親鸞聖人が比叡山

から、毎日 京都の聖徳太子の 六角堂

正式には 頂法寺

に100日の間、参篭のために、通われた道のり

を、体験しようと、歩かれた方々居たことを

新聞で読みました、写真も載せられていました。

かなりの急斜面の山道を下る姿が写されて

います。

その距離をみて、ビックリいたしました。滋賀県

との県境の山なので、京都市中からはかなり

有るだろうと推測はしていましたが、ナント

   18km

もあるようです、当然毎日通われたのですから

往復されたということです。合計 36km と

言うことになります。山道ですから仮に 時速

4km で歩かれたとしても、9時間歩かれて

居たことになります。季節的にいつだったかを

しりませんが、冬であれば、雪に悩まされた

ことでしょう。暗い中を歩かねばならなかった

でもありましょう。

そんなことが、新聞記事を読んで憶念された

ことでありました。ただただ 頭が下がります。

いのちがけで、生死出ずべき道 をたずねた

道をいつか、私も歩いてみようとおもいます

      が

最近、膝の状態があまりよろしくないので

無理かもしれません。やはり、なんでも

若いうちにしないと、だめですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (4)

赤羽別院報恩講

2009/10/15

昨日から始まった、赤羽別院の

報恩講

に本日、お参りしてきました。Photo

立派な山門ですが、先日台風で屋根瓦に

損傷がでました、瓦が落ちる可能性があるので

接近禁止です。

Photo_2

本堂にも五色の幕が賑やかそうです。

報恩講といえば

Photo_3

お斎ですね、シンプルですね。もちろん

ご飯とお味噌汁もついてましたよ。

この別院に訪れた 句仏上人が9首の

俳句をここで読まれたそうで、それにちなみ

俳句を公募していましたので、私も2首

ひねってみました。

優秀賞 と 佳作 に選ばれ。表彰です。

Photo_4

この式の典礼を担当いたしました。そして

1

中身は

2

丁度、お数珠を購入しようとおもっていたところ

でしたので、買わずに済みました。

40年ぶりに俳句をひねったのですが、これを機に

俳句を始めてみましょうかね。お金要りませんから

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (3)

小説 親鸞

2009/10/13

今年、話題となった新聞連載の

  五木寛之

さんの ものではなく、

  吉川英治

さんの 小説 親鸞 の序文に氏が

なぜ 親鸞聖人が好きなのか書かれていた。

冒頭部分を紹介しよう。

---------------------------------------

歎異抄 旅にもちきて 虫の声

私の旧い拙い句である、こんな月並みに

耽っていた青年のころから、自分の思索には

おぼろげながら親鸞がすでにあった。

親鸞の教義を味解してというよりも---

親鸞自身が告白している死ぬまで愚痴鈍根の

たちきれない人間としての彼が---直ちに

好きだったのである。

 とかくわたくし達には正直に人へも対世間的

にも見せきれない自己の愚悪や凡痴を、親鸞

はいとも自然に

「それはお互いさまですよ、この親鸞だって」

となんのかざりもなくやすやすといってくれて

いるのである。あのひとですらそうだったか

とおもい、以後はどれほど、自分という

厄介者に、また人生という複雑なものにも、

きがらくになったことかしれない・・・・・・・・

-----------------------------------

吉川さんは 2度 小説 親鸞 を書いたそうで、

最初は 新聞社に入社間もなく、社命により

連載出筆されたそうだが、一年半の連載を

まとめて 「親鸞記」という本にして発売寸前に

関東大震災で社屋が焼失して、一緒に燃えて

しまい、世に出ることはなかったようである。

二度目は40代に小説家として、地方紙連載

として三年ちかくで書かれた。それが、手元に

あるものである。Photo

ずいぶん前に購入して、親鸞聖人と玉日姫

(恵信尼さん)のラブロマンスをわくわくして

読んだような気がします。当時はこの序文

を読んでも、何の感動もしなかったようですが

いまよむと、深~く納得いたします。

時の流れと、自分の老いをじみじみ感じる

秋の夜長(といってももう朝です)で

あります。

そういえば、今回の五木さんの 親鸞

は、一度読んだだけで giveupしてしまい

ましたが、何年かしたら、製本されたものを

読むかもしれません・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

台風一過

2009/10/10

台風18号が本州に多大な傷跡を残していきました。

上陸した知多半島(愛知県)に隣接している

我が家もトタンが飛んだりしてましたが、

報道されているような被害もなく、有り難い

事でしたが、被災された方々を思うと複雑な

心境です。

今年は 伊勢湾台風から丁度 50年目で

関連する報道も、地元だったためか多く

眼にしました。

当時 小学校2年生だったので、ずいぶん

風雨が強かったことくらいしか記憶に

ありません。

救援物資で届けられた ボ-ダ-柄の

シャツを気に入って、喜んで着ていたことも

覚えています。高校の友人は名古屋の

南区に住んでいて、浸水した水が長く

引かなかったので、畳を重ねて筏遊びを

したといっていました。大人の心配を

よそに、子供はのんきですね。

後で聞いた話ですが、母親の弟は

当時、自衛隊に所属していて、被災地に

入り、遺体処理をしていたそうです、

来る日もくるひも、腐敗した遺体を棺桶に

収める作業をしたそうです。

昨年、ラジオで聞いた話ですが。

ハリウッド女優のシャ-リ-マックレ-ン

さんは、被災した子供たちに元気を

取り戻して欲しいと、沢山のピアノ

を小学校などに送ってこられた

そうです。しかし、たった50年前の

事なのに、ほとんどそれらの小学校

には記録もピアノもないそうです。

残念なことですね。

パソコンで検索したら

-------------------------------

2009年9月25日 ... 伊勢湾台風から4カ月

たった1960年1月ごろ、被災地の三重、

愛知、岐阜3県の小中学校に計47台の

ピアノが届いた。

米国の女優、シャーリーマクレーンさん

夫妻が集めた寄付金をもとに、日本の

福祉団体が被災地に贈った「愛の ...

-------------------------------

とありました。

使えばなくなってしまう、お金ではなく

心を届けたかったのでしょうか??

災害は忘れたころに、やってくる!

再度、記憶にインプットしておきましょう

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

ひょ-しょ-じょ-

2009/10/9

Photo

先月、愛知県警本部長から 感謝状をいただいた。

子供のころからは、表彰状などというものは

ほとんどもらった記憶がありません。

これは、長年(30年近く)地域の交通安全協会の

交通指導員

を続けてきたことへの ご褒美 でありました。

9月17日 名古屋まで行って、授与式に参列

しましたが、沢山の受賞者の一員として

Photo_2

このように座っていたのみ。

アトラクションに県警音楽隊の演奏と県警の花

の華麗な舞を楽しみました。

1

2

Photo_3

しかし、感謝状は会場で地元署の警察官に

没収され、改めて地元の 碧南警察署で

署長の手から 授与すると言う。ご丁寧なこと

である。再度、表彰式に参列して、いただいて

きました。

みどりのオジサン をいつまで続ければ

いいのだろうか? まあ、あまり世の中の

役に立っていないので、これくらいは辞めろ

と言われるまで、させていただきましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

似て非なる 二文字

2009/10/7

島根県を応援する人たちのサイト

リメンバ-島根

に沢山の投稿をしてみえる

 

   小次郎さん

の投稿に 石に刻まれた

   

の文字の写真が掲載されています。

http://www.re-member.jp/?bv=3514

じょ とも ゆるす とも読むそうですが

よく似た字で いつも私たちを悩ませて

いる文字がありますね。

    怒

こちらの感情は 股 に挟み込んで

身動きできないようにして

ゆるす 心をいつも持ちたいもののです。

自分自身は常に許されているのですからね

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (3)

二冊の 真宗聖典

2009/10/6

9月から真面目に学び始めた 

  真 宗

であるが、長年の怠惰な生活が祟り、本を開く

と とたんに 睡魔が訪れる。

加えて、短い文章を読んで、とにかく自分で

考えなさい!! という勉強なので、思考の

習慣のない人間にとっては、かなりシンドイ

と、始めたばかりから息切れ状態である。

しかし、宗教の歴史など、いままで知らなかった

ことに触れ、新鮮な感覚も味あわせて

いただける。

毎朝、お朝事を兼ねて 声明の

練習をするが、キ-が高くかなり喉を絞って

大声を出しているので、浅田飴が必要である。

先日、報恩講の助音(じょいん・勤行のサポ-タ)

の練習に参加したとき、講師の先生が、

「真冬でも おつとめ中は汗をかきます。」

と言われていたので、声明方はアスリ-トなのだ!

と実感する。親鸞聖人をはじめ、蓮如さん

法然上人も当時としては、かなりご長命なのは

毎日の勤行のおかげなのかも知れません。

さて、 真宗聖典を新しく購入しました。

1 

左が 真宗大谷派のもの、右が 本願寺派のもの

です。それぞれ一長一短ありまして、中を見ると

2_2

本派のものは 注釈版なので まったく原文の

漢文がありません。漢文も見たい(読みたいとは

書けません、読めないので)ですね。

しかし、本文中の難しい言葉は下段に解説が

してあり、別に仏経用語の辞典を引かなくても

いいので便利です。また、最大の特徴は巻末の

索引ですね。用語から本節のペ-ジがすぐに

引けるように工夫されています。例えば

私のペンネ-ムの破旬氏の住む

他化天・・・・・p441、p575

とすぐに探せます。これはかなり好評で

8月に参加した講習会で隣に座っていた

お同行は、改版されて索引が追加された

ので、真宗聖典を買い換えたとそうです。

この二冊の聖典が本棚の肥しとならぬよう

勉強いたしましょう!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

2009/10/3

先日 予告した 目覚 についてのエピソ-ドです。

元気塾 講師 の川瀬さんの大阪の友人住職が 

「通夜での 法話 が大変だよ」と言われたので

いい話があると、通夜の志 の封筒の表書き

に   目 覚 

と各地域があると教えてあげたそうです。

その友人は いい話を聞いたとばかり

早速、門徒総代(会社社長)のお母さん

(会社会長)のお通夜での法話で、

それをお参りの方々に話された

そうです。 しかし

目覚 と書く理由の2番目と3番目を反対に

して話してしまったそうです。

-----------------------------------

2番目・・亡くなった人に もう一度目覚めて

      下さいという気持ち

3番目・・亡き方の死をご縁として、仏法に

      目覚めよ という願い

-----------------------------------

その法話を 喪主のご主人と一緒に聞いていた

奥さん(亡き人は姑にあたる)が思わず

「も もう結構です!!目覚めて

もらわなくて いいです!!」

と叫んでしまった と言うのです。

通夜会場は一瞬に 凍りついてしまいました。

嫁と姑の関係がどんなだったかも 容易に

想像できますね。

さて、さて、この後 葬儀、七日法要、忌明法要

がどんな雰囲気の中で、執り行われたか・・・・・

そして、遺産相続へと発展します。喪主には

姉が二人居たそうな。

この続きは、ブログでは怖くて書けませんので

読みたい方のみにメ-ルでこっそり お知らせ

いたします。コメントにメ-ルアドレスを記入して

入れてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

目覚

2009/9/30

お通夜の 志 の封筒に 

  目 覚

と書いている、熊本のことが詳しく書かれた

ブログを、いつもコメントしていただいている

junさんに教えていただきました。

これから書こうとしている、先回の元気塾の

講師の川瀬先生に教えていただいた

目覚 に関するエピソ-ドを読んでいただく

まえに、そのブログも是非お読み下さい。http://homepage3.nifty.com/houtokuji/12houwa.htm

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »