« 赤羽別院秋季彼岸会 | トップページ | おなか から おなか へその2 »

おなか から おなか へ

2009/9/24

昨日はお彼岸の中日ということで

いろんなところで 秋季彼岸会 が

厳修されていましたね。

それらに お参りしたり、お墓にも行かれた

方も多いことでしょうが。高速道路の渋滞

を見るに、年に2回のお彼岸くらいは

ゆっくり、ほとけさんに会いたいですね。

さて、我が夫婦はというと。

母親を急いで支度して、車椅子にのせ

外に出し、デ-サ-ビスのお迎えを

一人で待たせて、岡崎の本宗寺さんの

彼岸会へ。(約一時間のところ)

ゆっくり聴聞したいところですが、

同時開催で 赤羽別院の彼岸会にも

お参りするために、美味しいお斎

よばれて、すぐに碧南へ

手次寺の彼岸会の準備のお手伝い

を午後からする、連れ合いを降ろし

そのまま 一色町の 赤羽別院へ

アルコ-ルの朋でもある。

浅野眞理子師の法話を始めて聴聞し

母親がデ-サ-ビスから帰るので

大急ぎで自宅へ。

なんとも、いそがしい一日でありました。

さてさて

どんなお話を聞いてきたかは、また

後ほど、ゆっくりと書くことにいたします

タイトルの おなか から おなかへ

はその内容であります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 赤羽別院秋季彼岸会 | トップページ | おなか から おなか へその2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤羽別院秋季彼岸会 | トップページ | おなか から おなか へその2 »