« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

不思議な空間

2009/9/28

組(そ と読みます)の勉強会である

ふれあい講座「心の元気塾」

の2回目が昨日ありました。

講題は「のしぶくろ に どんな言葉を

     書いたらいいのですか?」

という、世間の悩みに答えようというもの。

そもそも、お通夜や葬儀に持参する志に

のし の付いた袋は使用しない から

始まり、通夜に書く言葉のいろいろが

紹介された。当地では

  お淋見舞

と書きます。ほかには 伽見舞 など

とも書きますが、熊本のある地域では

   目覚

と書くところがあると、紹介されました。

なかなか、深いことばですね。

その後、 この 目覚 という言葉を

通夜法話で 紹介したことにより

とんでもない家庭問題に発展し、最後は

喪主家族全員の 目覚めに帰結した

面白おかしい事例が紹介され。爆笑と

ほろり涙の塾生の受け取りがあった

ようです。

最後に行われる、3つの班の代表に

よる 感話 も3人ともそれぞれの

受け取りを ちゃんと話され盛会で

有りました。

それにしても、班での話し合いも

お互いによく知らない人たちでの話し合い

なのですが、こころの内を吐露できる

不思議なこの場が 

ありがたいことでありました。

阿弥陀さんに 感謝!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (3)

似て非なるもの

2009/9/26

たまには 食べ物をPhoto_4

よく似た格好をしていますね。

右は 冬瓜(とうがん)白い小さな毛が

あります。夏に収穫されるのに 冬のウリ

とは、なんでか??

このまま、涼しい日陰に保存しておくと

冬まで保存でき、美味しく食べられるから

だと、聞いたことがあります。真偽は?

左は 何でしょう??

こちらは 冬 ではなくて ウエスタン

西 の ウリ と書きます。

そう スイカ(西瓜)です。

知り合いの八百屋さんの店先に

段ボ-ルにいっぱい入れて特売を

していました。驚くほど安価で

値段の割りには、鮮度も糖度も

なかなかのものでした。

昨日、もう売っていないだろうと

思いましたが、寄ってみたら、

小さいものが 5個 売れ残って

居ました。お店の大将に 連れ合いが

全部買うので 安くして!!と値段

交渉したところ。

5個で ナント 300円で完売!!

となりました。

ス-パ-も品揃えがいいけど、町の

八百屋さんも 捨てたものではアリマセン

地元商店も 是非 ごひいきに!!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

おなか から おなか へその2

2009/9/25

秋彼岸会で聞いたお話です。

年季法要は 

     しなければならないのか?

ということから始まり

      なぜ 

念仏をしなければならないのか?

という問いの答えを聞きました。

私たちは 母親を縁として お母さんの

おなかから この世(娑婆世界)に生まれて

きました。それまでは母親の胎内で

臍の緒(臍帯)を通じて、栄養をもらい

大きくなり出産を待っていました。

そして、生まれ出た この世は 実は

阿弥陀さんの おなかの中だった

と言われます。そして、娑婆世界での

命が尽きて、阿弥陀さんのおなかから

浄土という世界に生まれる とのこと。

浄土に生まれるまでの

人としての生涯に、育つ栄養素は

  お念仏

なのだそうです。

もし母親の胎内で臍帯を通した栄養

が途絶えたら赤ちゃんは生まれるどころか

生きて居ることすら出来ません。

だから、娑婆世界にすむ私たちは

念仏という栄養を 摂取しないと

浄土に生まれることも、生きていることすら

出来ないはずです。

私は妙にこのお話に 

          納得いたしました。

「飯を食って 働いている

   ことが生きていると

           いうのなら

あの 柱時計も

            生活者である」

と高光大船師は言われました。

本当に 生きている と

言える生活を送りたいものです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

おなか から おなか へ

2009/9/24

昨日はお彼岸の中日ということで

いろんなところで 秋季彼岸会 が

厳修されていましたね。

それらに お参りしたり、お墓にも行かれた

方も多いことでしょうが。高速道路の渋滞

を見るに、年に2回のお彼岸くらいは

ゆっくり、ほとけさんに会いたいですね。

さて、我が夫婦はというと。

母親を急いで支度して、車椅子にのせ

外に出し、デ-サ-ビスのお迎えを

一人で待たせて、岡崎の本宗寺さんの

彼岸会へ。(約一時間のところ)

ゆっくり聴聞したいところですが、

同時開催で 赤羽別院の彼岸会にも

お参りするために、美味しいお斎

よばれて、すぐに碧南へ

手次寺の彼岸会の準備のお手伝い

を午後からする、連れ合いを降ろし

そのまま 一色町の 赤羽別院へ

アルコ-ルの朋でもある。

浅野眞理子師の法話を始めて聴聞し

母親がデ-サ-ビスから帰るので

大急ぎで自宅へ。

なんとも、いそがしい一日でありました。

さてさて

どんなお話を聞いてきたかは、また

後ほど、ゆっくりと書くことにいたします

タイトルの おなか から おなかへ

はその内容であります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

赤羽別院秋季彼岸会

2009/9/21

秋のお彼岸真っ最中ですね。

明後日が お中日(秋分の日)です。

それぞれお手次のお寺でも 法要が勤まる

と思いますが、赤羽別院でも三日間

秋季彼岸会が 勤まります。直前ですが

その、ご案内です。

いずれも、午後一時から 読経&法話です。

法話の講師は、元気塾の仲間が勤めて

くれますので。是非、参詣&ご聴聞を

22日 碧南・安専寺

     安藤智彦師

23日 碧南・専興寺 

     浅野眞理子師

24日 西尾・宿縁寺

     織田慶雄師

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

釈尊のご一生 と 仏教の日本伝来

2009/9/20

先日、名古屋の 

東別院(大谷派・名古屋別院)

に久しぶりにお参りしてきました。

教化センタ-に用事が有ったので、ついで

といっては失礼ですが、用事もご縁です。

地下鉄の駅から地上に出ると

11ch 名古屋テレビの本社が有ります。

もとは、古渡城(ふるわたりじょう)という

お城があり、その跡地を拝領して

別院建てたようです。一説によると

織田信長はここで生まれたそうです。

その名古屋テレビから 別院参道が

高速道路の高架したに続きます。Photo

ここから後方に小さく見えますが、

釈尊の一生 と 仏教日本伝来のレリ-フ

が別院山門まで続いています。

ごらんになったことの無い方は

http://www.ohigashi.net/oshiete_denrai.html

をごらん下さい。写真を撮って着ましたが

こちらのほうがチャンと説明も読めますので

ごらん下さい。

そして、一度、名古屋別院にお参りして

現物も見てくださいね。秋彼岸会も

始まりますよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

町の中に 親鸞聖人

2009/9/19

   風の盆 

の越中八尾 の街中に 親鸞聖人

    発見

Photo_3

この和讃、 平田聖子 さんが 

曲をつけられています。

お寺の境内や御旧跡でもない

街中の 道端にあるのは 珍しいですね。

しかも、何気なく はな も

フレ-ムの片隅に入っています。

これは、偶然ですが・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

おわら in なごや

2009/9/18

Photo_2 

この期間中、富山へ行けなかった人へ

   朗 報

です。なごやで 本場の

越中八尾 

おわら 風の盆

が楽しめます。

日時 10月17日【土】 午後6時半~8時半

ところ 大谷派名古屋別院(通称・東別院)

          境内 (雨天決行)

入場料 500円

主催 名古屋市「開府400年記念・伝統の

           音と舞」実行委員会

問い合わせ 菱川玲子さん

         tel&fax052-895-7460

         携帯 090-1826-8518

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

民主党政権の 終焉 本編

2009/9/17

「政権を取って官邸に入った場合、

記者クラブ制の中では批判は

あるだろうが、当然どんな方にも

入っていただく

オープン性を高めていく必要がある]

これは、今年5月の党代表就任会見で

公的機関での記者会見を記者クラブ員以外

にも公開すると明言した。

昨日から話題独占の鳩山氏の言である。

場所は 党代表就任記者会見場で

フリ-ランス記者の質問にたいしての答え

さらに 神保氏に マニュフェストに載せて

はどうかと問われ

「そんなのとはマニュフェストに

書くまでも無く、当然」

と答えたそうである。

小沢一郎氏にいたっては、同じような質問

をした、上杉氏に対して

「どうぞ いらして下さい」  

とまで言われていたそうですから

昨日の 首相官邸記者クラブの

記者会見 上杉氏 も 神保氏 も

当然、入場して、辛らつな質問をしたので

しょうね。一般マスコミでは、彼らの質問

部分はカットされて、まったく報道されない

ので、一般の私は知る由もありませんがネ

前にも書きましたが、ソビエト連邦

 U S S R

はペレストロイカで改革開放されて

解体しましたが、それを担保したのは

グラスノスチ(情報公開)であります。

政権での 最初の 情報公開の場

記者会見を 閉鎖状態で行ったとすれば

民主党も官僚組織に取り込まれて行く

スタ-トだったかも 知れません。

そういったものは 国民の見えないところで

行われるのですから。

かって 地元市役所の記者クラブと

ささやかな戦いをした事のある 破旬壮年は

心配である。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

民主党政権の 終焉!!

20098/9/16

今日は、半世紀続いた、政権の

  交 代 

の日である。

未明に 衛星テレビを見ていたら

今日発足する 民主党政権の

  終 焉 

を予想される事実が 話されていた。

今は 時間が無いので今晩にでも

政権が成立してから、ゆっくり書こうと

思います。

乞う ご期待!!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

最終章?

2009/9/15

旅行記が延々と続きましたが、そろそろ

終わりにせねば!!

と、最終章というか おまけ の書き込みです

Photo

短い 短い 八尾の旅も おわら の囃子

に送られて、車中の人になりました。

久しぶりの長女・普照尼とも お別れ~

です。 お付き合い感謝!!

まずは 高山線 猪谷へ

車中では、たった一人の 宴会

Photo_2

そして、宴はタケナワ?

Photo_3

八尾で 娘と一緒に購入した、

鱒の押し寿司 おにぎり 2個と

地酒ワンカップで盛り上がりました

    

これが、大変なことに・・・・・

猪谷で高山行きに乗り換えてから

睡魔が訪れました

すっかり寝込んでしまい、高山駅に

到着しても、そのまま折り返し運転される

列車であったため、誰も起こしてくれず

あわや、飛騨古川に連行されるところ

    でした

そのまま、乗っていると、高山で

お泊りさせられる ところでありました。

  くわばら クワバラ

かくして、二日間の 

短くて ナガ~ィ 

内容の濃い

旅行が終了いたしました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (4)

風の盆

2009/9/13

9月1日~3日の間は、高山線

  富山---越中八尾

の間は、大変な混雑であります。JR西日本の

動員できる、ディ-ゼル車両を総動員して

臨時列車ダイヤを組んでいるそうで

乗客もいったん駅改札を出て、整理券を

GETしないと、列車に乗れません。

幸い早い時間帯に八尾に向かいましたので

その必要なし!!

去年も載せたけど、駅トイレも

 風の盆

Photo_4

徒歩で、踊り会場の多くある地域へ

このお祭りのル-ツでもある、名刹

聞名寺

本堂が踊り舞台になっています。Photo_5

ここは、浄土真宗 本願寺派のお寺です

踊りの合間に 住職がミニ法話をされる

そうですが、とてもその時間帯までは

今日中に愛知に帰るので、居れません。

境内には 風の盆 にちなんだ石碑が

たくさんありました。

1_2

2

そして 午後2時半ころより、各町内で

踊り開始

P9020122

まだ暑さの残る時間帯、踊り手 も 囃子手

も 大変です。これから夜中の12時近くまで

各町内、場所を移動したり、流したり

して、踊り狂います。唄もマイク、スピ-カ-

なしの、生唄なので、歌い手が一番大変

なのでは・・・・P9020141_2

2_2

男性も 女性も 笠を被って居ますので

顔が見えません、衣装も町内で決まって

お揃いなので、若い女性が唯一個性を

出せるのは、髪型と髪飾りのみ

観客の一番前で見ていると、目の前を

この うなじ が通りすぎますので

ドキッとします、なぜか・・・・・

以後は、お祭り番外編

亀も浮かれて おわら

Photo_6

飛脚と ツ-ショット

Photo_7

チャンと笠をがぶっていますが、顔が

でかいので 丸見え

中身は

Photo_8

でした。

なごり惜しいけど、16時45分発の

高山方面 猪谷行きで 八尾に別れを

告げました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

>

| | コメント (2)

越中入り

2009/9/13

とうとう、最終目的県 富山です。

金沢・兼六園を諦め、早く富山に着いたので

昨年も乗った ポ-トラム に飛び乗り

終点 岩瀬浜へ GO!!P9020087

いつ見ても スマ-トでカッコいいですね

席は空いているけど、乗るのは運転席横

P9020085

岩瀬浜は 北前船 の交易で栄えたところ

P9020092

古くからの 造り酒屋の白壁も

P9020088

北国街道の町並みも、きれいです

観光バスで 女性(私と同年代)の団体も

P9020091

展望台があり、行って見ると、この高さで

エレベ-タ-無し、汗をかきかき

P9020094

ガラス越しに 立山連峰 がうっすらと

見えます、雪のある季節は綺麗だろうナ-

Photo

娘と待ち合わせの 富山駅へ 戻り

お昼ごはんは やはり

Photo_2

ちょっと奮発して てんぷら と 稲荷すし

を追加しました。 娘は

Photo_3

冷やしトロロそば こちらも美味しそう!!

さて、おなかも膨れたので いざ

越中八尾へ

to be conteinue

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

ブログで ショ-ト問答

2009/9/11

あるブログへの 小生のコメントで

短か~い 問答 が有りました。

--------------------------------

記事

思うままに
憎むな
恨むな
腹立てるな
自分自身が思うままにならぬのに
他人が思うままになるか!

Commented by 釈破旬 

            at 2009-09-10 19:47 x
破旬に言い聞かせている
んですね。
受けたまわりました
そのコメントに対して 管理者さんから
Commented by 000000
         at 2009-09-11 13:33
いえいえ、管理者に
言い聞かせてるのです。
-------------------------------
短いみじかい、やり取りでしたが、ありがたい
やり取りでありました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

東別院 in 金沢

2009/9/11

今回の旅行の宿泊は 加賀百万石の城下町

  金 沢

過去 3度訪れているが、泊まるのは今回が

初めて、といっても 激安の 駅前ビジネス

ホテル 素泊まり 3300円也

駅前の有名ホテルには 明日行く

越中八尾 風の盆 ツア- ご一行様の

名前が書かれています。

フロントで対応してくれた女性、娘さんが

安城に住んでいるそうです。

zzzzzzzzzzzzz・・・・・・・の後 日が変わり

いつもの事ながら、5時ころ目が覚める。

5時半に娘に モ-ニングコ-ルすれど

応答なし。

散歩がてら、町をみようと 兼六園方面に

歩き出すと。途中に 東本願寺の金沢別院

2

に出会った。入り口に居た人に

「お朝事は 何時からですか?」と尋ねると

もうすぐの 7時開始とのこと、兼六園は

中断して、そのまま お朝事 のお勤めに

参加。猛スピ-ドの阿弥陀経には

ついていけず、ただ聞くのみ

どうして、こんなに早く読むんだろう???1

P9020071

お隣で一緒にお参りしていた女性と しばらく

仏法談義をたのしんで、境内を散策

1_2

花祭りの象さんや、お釈迦様?もお出迎え

Photo

山門も 立派!!

ここを出て、兼六園へ  

と思って歩いていると、途中に有名な

近江町市場 

発見、色気より食い気とばかり、飛び込んで

みると、まだ開店前の 準備中で有りました。Photo_2

Photo_3

さらに 兼六園方面に歩を進めると

Photo_4

大谷廟所がありました。

Photo_5

Photo_6

ここまできて、まだ兼六園は遠そうなので

気が変わり、早く富山に行き、路面電車の

ポ-トラムに乗ることに変更し。再度

近江町市場に寄り、娘の好物

   蒸かし芋

P9020107

をお土産に購入、100円也

ホテルに帰り、急ぎ身支度をして、金沢駅へ

次は 富山編 であります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

東本願寺の至宝-児玉清 親鸞に遇う

2009/9/10

テレビ放送番組の紹介

今月19日から 名古屋・松坂屋美術館で

開催される

「東本願寺の至宝展」

に関連して、タイトルの番組が放送されます

日時 9月21日(月・祝日)お彼岸ですね

     午前10:30~11:25

チャンネル 11 名古屋テレビ

ご覧 あれ!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

下洛

2009/9/9

京都駅で腹ごしらえを終え、いざ北陸へ

先回夜で見ることが出来なかった

  余語のうみ

余語湖も今回はまだ明るいうちに通過した

ので、車窓から眺めることができました。

乗り換えの地、敦賀に着いたときはもう

日が暮れていて、少し時間が有ったので

改札を出て見ました。

駅前にはタクシ-乗り場は当たり前ですが

ここにはPhoto

ベロタクシ-の乗り場がありました。

インドなどで走っている、輪タクの現代版

であります。営業時間が終わっていたので

客待ちしている、ベロタクシ-はいません

でした。

敦賀から福井まではPhoto_2

これにのりました。なにやら高級感が

漂いますが。車両はかなり古いものでした。

昔の特急列車でしょう。チョッピリ得した

気分デス

福井といえば、今庄そば です。

ホ-ムの蕎麦スタンドは営業終了

急いで改札を出て、夜の盛り場を散歩

して、駅に帰ると、改札横に

駅蕎麦屋がありました。

280

今庄そば 280円也 割り箸あり

京都駅のと合わせて、ワンコインの

  ぷち グルメ

でした。これはこれで楽しいのですよ!!

今晩は、金沢でお泊りです。

やっとのこと、一日目 シュ-リョ-

長い・ながい。ナガイ 一日でした。 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

久しぶりの京都 その3

2009/9/9

さて、今回の旅行?の目的である

   入学式 tulip happy01

に参列するために、再びバスに乗り京都駅へ

東本願寺には、今回お参りする縁が無く

改修なった、ピカピカの 御影堂 に

車窓から手を合わせました。

京都駅でバスを乗り換え、西本願寺へ

残念ながら、バタバタしていて写真が撮れず

映像なし

たったひとつ、西本願寺で確認したかった

阿弥陀堂 と 御影堂

の 段差 だけはカメラに収めました。

P9010053

前にこのブログで書きましたが、阿弥陀堂

の床よりも御影堂の床の高さが低く作られ

ているのです。この写真は両堂をつなぐ

渡り廊下の 御影堂側です。

立ってみえる 阿弥陀さまの 足

の位置と 座ってみえる 親鸞聖人 の

頭の位置が 同じになるように作られて

いるのだそうです。聖人が

 仏足頂礼

されている姿なのだそうです。

入学式終了後 記念撮影をして

最初の授業 3時限を受けました。

16時すこし過ぎに下校して。次の目的地

北陸・金沢へ

その前に 駅ホ-ムにお蕎麦屋さん発見

遅めの(かなり)昼食に

掛けそば 一杯

2201

ここは、てんかす乗せ放題の上に

環境に配慮して、割り箸 NO!!

2

完食!! ご馳走さまでした。

ちなみに、ここの掛けそば 安い

220円也

まだ少し 一日目が続きます

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

久しぶりの京都 その2

2009/9/8

京都というところは、先回の書き込みの

お龍さんの実家跡のように、歩いていると

いろんなものに遭遇いたします。

親鸞聖人ご遷化の地といわれるところの

ひとつ 善法院跡(御池中学)から京都駅

方面のバスの停留所に向かい途中

金箔屋さんがありました。今晩泊まる予定

の金沢が金箔の製造地として全国シェア

一番ですが、消費No.1はやはり 京都Photo

店内には 金箔を押した 自転車が

さらに歩くと わが地元の 信長 最後の地

Photo_2

本能寺がありました、ここは

Photo_3

この 辻説法で有名な 日蓮上人の

日蓮宗の本山でありました。そして、ここも

Photo_4

本堂は修理中であります。そこからさらに

東へ進むと 左手に

Photo_5

京都市役所がありました。バスに乗り

烏丸通りを南に 烏丸松原で下車し

1

親鸞聖人入滅の地 といわれる

光円寺 です、石碑に 月輪本荘 と

有りますが、どこぞで聞いた事のある名前

2

意外と 小さな お東の寺でありました。

帰洛されてからは、転々と住まいを移され

隠れるように暮らしてみえたようですので

こちらがホントかな??

TO BE CONTINUE!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

鳥に負けるな!!

2009/9/6

島根のお寺のブログに 東三河の鳳来寺山

の コノハズク の鳴き声を紹介したところ。

検索でみつからなかったようである。

ご存知、この鳥は 三帰依 の

仏 法 僧(ぶっぽ-そ-)と鳴きます

紹介した手前、聞けないことに申し訳なく

思い。私なりにいろいろ 探してみたら

わが県の 

コノハ警部(愛知県警のマスコット)

のものではなく。同じ真宗の法義の 淳い

福井県のものが見つかった。

鳥でさえ、三帰依を唱和しているのですから

人間の私たちはも お念仏

居たしましょう!!

http://members.jcom.home.ne.jp/jijibaba/arasimadake.html

何種類かが 聞けますが いずれも

 と  しか発音していません。

一番最後のものは、どうにか  と言って

いるようです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

秋の実り

2009/9/6

みんなで無農薬・有機農法で育てた

お米が届きました。

今年は一反5表の収量でした。

多いときは7表取れていたので、今年は

  不 作

お米の粒も小さいそうです。

でも重量にたいする粒数は多いので

たくさんの米粒が食べられると

前向きに考えましょう。

問題はお味ですが、育てた米は

おいしいに決まってます!!

09

まずは仏前に

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

久しぶりの京都

2009/9/6

1日の朝一番の東海道線刈谷発の普通電車

に乗り込み、一路 京都へ

本山には11時過ぎまでに入ればいいので

それまでの2時間ほどを、京都見物

まず、最初に 六角堂・頂法寺

Photo

そして、山門

Photo_2

親鸞聖人が29歳のときに聖徳太子の夢告

を受けて、比叡山を いでた ところである。

しかし、ここには何度もお参りしているので

お参りだけにして

本当の目的地、お向かいの 

  六角会館

で大峰顕師が、この会館で連続講演を

された(現在進行中ですが)講述録

8冊を購入。

徒歩で、親鸞聖人が 念仏の息が絶え

往生の素懐を遂げられたといわれている

場所のひとつ 善法院跡

途中 京都らしいレストランを発見

Photo_3

自然食バイキングですか・・入りたいけど

おなかもすいていないし 我慢

その道向かいにはPhoto_4

坂本竜馬さんには興味はありませんが

お龍(りょう)さんは、写真を見る限り

かなりの   美人 

京都は歴史がゴロゴロしていますね。

そして

2

1

ここ 御池中学は

Photo_5

だそうである。そして

Photo_6

介護を受けるお年寄りたちを運ぶ

ウェルキャブがずらり

保育園、小学校、中学校、介護施設などを

併設している、巨大な複合施設でありました。

長くなりそうなので、 続きは 次回にて

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

始業式

2009/9/5

先日、京都の本山・西本願寺の

  阿弥陀堂

において、中央仏教学院の入学式が

挙行された。

平日であったが、仕事を早めに済ませて、

始発電車に乗って、ピカピカの58歳になる

 一 年 生

として、参列させていただいた。

受付会場にいくと、黒山の人だかりで、3つの

課程の入学制は600人をはるかにこえている

とのこと、私も同学年生が314人できました。

単に仏教・真宗の勉強がしたい人、

お寺さんの資格を得るために勉強する人、

下は15歳のお子さん(私からすると

お孫さん世代)から80歳過ぎの、

人生の大先輩まで老若男女が

集いました。

この学校は利口になって卒業

するのではなく、愚かに(自覚して)

卒業する学校だそうで、単なる馬鹿なら、

すでに卒業レベルまで到達している

私であるが、愚かさを心底自覚は、

3年間で出来るのか、いささか不安である。

そして、家に帰ってから、たった一人の

始業式を内仏の前で、執り行った。

Photo

一年生の教材一式と おつとめの 先生を

勤めてくれる。

MP3プレ-ヤ-。FMトランスミッタ-

ラジオの面々。

これから見捨てずに、よろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »