« 法子ちゃん | トップページ | ウィルス感染したらしい »

法子ちゃん の続き

2009/8/25

法子ちゃん に込められた願いは解りましたが

自分の名前 正三(しょうぞう・・・俗名)

に込められた願いは 何だったんだろう??

名付けたのは 祖父・二郎さんとのことであるが

当然 この世の人ではない、その息子(わが父)

も お浄土に還ってしまっている。 たぶん

ご存じだろう、生みの親(母親)は健在であるが

30年近く前から ことばを失っているので

たぶん訊いても、答えられないだろう・・・

そこで、一人勝手に推測してみよう。

仏教をかじっているので、法子ちゃんの

おじいちゃんではないが、仏教的にその理由を

考えるに

業をしく保って欲しい

と。、先日聴いたばかりの法話から憶念してみた。

三業 とは 身 口 意 

の三つのことだそうです、確かに自分でも悪いと

わかっていても、身体でしてしまうし、

意識しているときも、いないときでも、相手を

傷つけてしまうことばを口にしてしまいます。

身や口に表さなくても、心の中で他の人を嫌ったり

恨んだり、憎んだり、あろうことか 無視したりします。

無視すると云うことは、存在を抹殺するわけですから

殺人です。子供たちがイジメでする、シカト

は 殺人行為なのですよ。

いま盛りの、せ ん き ょ

太郎ちゃん、一郎くん、邦夫さん、瑞穂ちゃん

一度、自分の名前に込められた、大きな願いを

思い出してみよう!!読者の皆さんもね

昨日、連れ合いの診察のアッシ-君を拝命したので

病院の待合室で読んだ、仏教伝道会発行の

   仏教聖典

に、政治家の心得を釈尊が説いたところがあった

----------------------

政治の上に立つ人は、まず仏の教えを

信じなければならない。もし政治を行う人が

仏を信じ、教えを信じて、慈悲深く徳のある人

を敬い、これに供養するならば、敵もなく、

恨みもなく、国家は必ず栄えるに違いない。

そして国が富み栄えるならば、他の国を

貪り攻めることもなく、また他を攻める

武器も必要なくなるであろう・・・・・・・・

----------------------

仏教というカリキュラムを 政治家の必須に

しないと、戦争もなくならないし、少欲知足で

経済も安定しないのではないだろうか???

政教分離 と言うけれど、精神だけは 分離せずに

ドンドン 採用して欲しいものである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 法子ちゃん | トップページ | ウィルス感染したらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 法子ちゃん | トップページ | ウィルス感染したらしい »