« 信北道中膝栗毛~3 | トップページ | 法子ちゃん »

信北道中膝栗毛~3 三花繚乱

2009/8/23

Photo

年から年中 自宅兼工場で仕事していますので。

通勤ということは有りません。従って 

人と会うこともあまり無いのです、ましてや若い女性の

顔をみることは、テレビ以外は皆無

旅にでると、若い女性が見れるので いいですね!

また、最近 若い女性だけでなく、車窓からの景色で

咲き誇っている 花 を見るのも楽しみになって

来ました。(花って顔をしてないって?)

これも、歳を重ねてきたせいでしょうか??

冒頭の写真は 大糸線 南豊科 駅に停車中

満開の花が有ったので、思わず パチリ

百日紅(さるすべり)の花でした。

あまり花の名前を知っているわけではありませんが

さるすべり を漢字で書くと 百日紅 となるとは

ビックリですね。確かに花の寿命が長く

真っ赤な花が100日とまでは行かないけど

咲き続けています。

さて、後の二花は???クイズじゃないけど

木槿(むくげ)も元気よく咲いていますね。Photo_2

Photo_3

この花、お隣の 韓国の国花 だと言うこと知ってました?

なぜ、この花が国花に選ばれたのか、知りたくて

韓国領事館に問い合わせて見ました。親切にメ-ルで回答が

有りましたよ。

-------------------------

「今より100余年前、我が国にも新文化が入ってきた。

西洋人の往来が頻繁になった。その当時の先覚者であった

尹ジホ氏等の發起により洋樂隊が組織され愛國歌を創作し、

愛國歌の「木槿 三千里 華麗 江山」という句節を入れたことから

木槿が朝鮮の国花になったという記録があります。

--------------------------

だそうです。いずれにしろ韓国では大変愛されている花で

「木槿の丘」とは 韓国のことを指すそうです。

さてもう一つPhoto_4

ノゼンカズラ です。この写真は市内の 真宗寺院

東正寺 の山門のとなりに咲いていた物です、もう盛りを

過ぎて残り少なくなってしまいました。ついでにブログで

本堂をお参りしてみましょう。

Photo_5

一般的な真宗寺院とは、寺の造りが違いますね。

真宗に転派する前の本堂なのかもしれません。

と言うことは 五〇〇年も建っている???

旅行を終えて、花の写真は冒頭の物しかないので

あとの2つの写真を撮ろうと、町を見渡すと

あるわ有るわ、あちこちにこの三種類の花が

咲いています。人間(特に自分は)意識してみないと

目にはしていても見えていないものですね。

目だけではなく、口も 鼻も 耳も

意識して使わないといけません。

さあ、今日は 本願寺派のお寺での 夏期講習

に参加させていただきます。

耳をそばだてて、聞 ではなく 聴 

聴かせていただきましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 信北道中膝栗毛~3 | トップページ | 法子ちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なかなか身になりません、わたしも。聴いて解釈はできるのですが身が反応しません。きっと解釈出来るうちは身は動かないでしょう。
「わかったなし、なむあみだぶつ」と昔の人は言ったそうな。

投稿: tanuki | 2009年8月25日 (火) 20時30分

tanukiさん コメントありがとうございます。
回りのお陰で、他人より沢山 聴く縁をいただいていて
幸せです。でもなかなか身になりませんね。
夏期講習で 物種の吉兵衛 さんの話を聞きました。
彼は「このままでは死んで行けない」という問いを
聴くために、女房に頭を下げて、3年間家を出て聴聞に明け暮れたそうです。すべてを投げ捨てて聴くことなんて私には出来そうに有りませんが、与えられた縁を大切に聴いて行くしか無いですね。

投稿: 釈破旬 | 2009年8月25日 (火) 03時39分

聴いて、聞こえてくるものがあったら何よりですね。

投稿: tanuki | 2009年8月25日 (火) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信北道中膝栗毛~3 | トップページ | 法子ちゃん »