« 田園流・太極拳 | トップページ | まじまじと・・・ »

法義相続

2009/7/1

早いもので、1年の半分が終わってしまいました。

山陰のある御門徒さんのお話です。

お孫さんが大学に入学され、旅立たれた夕方

お夕事(おゆうじ・夕方の勤行)にと内仏に行ってみると

   「お爺ちゃんへ」

と書かれた手紙が置いてあったそうです。

口うるさかったお爺さんへのイヤミから書き出され

最後には、仏さんに手を合わせることを教えてくれた

その口うるさいお爺さんと18年間生活できたことへの

感謝で書き終わられていました。

嬉しかったお爺さんは、、ひとり車を走らせて会いに

行かれたそうです。部屋に入ってみると、手書きされた

  南無阿弥陀仏

の六字名号が 貼られて有りました。

よくもまあ、こういう孫に育ってくれたものだと

頭が下がったそうであります。

私も県外の学校に長女を送り出すときに、

  三つ折り本尊

を持たせましたが、これはある意味親の押しつけ?

このお孫さんは、お爺さんの思いを超えた願いを

相続されていたということでしょう。

それも、六字名号の無い生活はあり得ない

という日暮らしを、家族全員で続けられた成果です。

法の種まきは怠るべからず!!

それにしても、子供は思い通りには育ちませんが

思わず育つこともあるもんですね~ェ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 田園流・太極拳 | トップページ | まじまじと・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田園流・太極拳 | トップページ | まじまじと・・・ »