« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

開 法 蔵

2009/7/31

月の後半は、誠にい忙しい日々が続き、ブログの書き込みも

かなりサボってしまいました。今日が7月最後の日なので

なんとか、書き込みをと・・・

子供たちは 夏休み であるが、あまり姿をみません。

どこで、何をしているのでしょう。蝉とりのタモを持った男の子

は何処に行ったのやら??

------------------------

お寺の座敷などに掛けられている額に、

  開 法 蔵

と書かれているものを、よく見かけます。パソコンで検索を

してみると、出典は 大無量寿経のなかの

重誓偈(三誓偈)のなかの

  為衆開法蔵

  広施功徳宝 

  常於大衆中

  説法師子吼

のその部分を抜き出したものらしい。

和訳された、お勤め用の しんじんのうた では

法の蔵を 開きては 功徳の宝 ほどこして

つねに群れいる 人々に 獅子吼ゆるごと 法説かん

とあります。

仏教・真宗 を学び始めて いつの間にか

  30年

近い年月が過ぎてしまいましたが、一体何を学んできたのか

と言う程度の 領解 すら得られていず、ずいぶん前から

基礎から勉強しなければ!! と思いつつ

機会も、時間も、勇気も無く 悶々としておりました。

探せば有るもので、自宅にいて、仕事も休ます

通信教育で勉強できる、方法が開かれていました。

三年間掛けて、じっくり、シッカリ 勉強させていただく

ことになりました。(落第しなければですが・・・・)

仏教・真宗は 知識 ではないことを 充分知りつつも

ふかく経蔵にいりて 智慧海のごとくならん

に挑戦してみようと思います。

最近 覚える量よりも 忘れる量 の方が多いのが

気がかりで有りますが・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (2)

5年間、ただ聴く

2009/7/24

先日、テレビで 昨年、連れ合いと旅をした 

  高 岡

を紹介する。 遠くへ行きたい

を放送していた。高岡と言えば銅器の産地である。

その技術をいかして、大仏さんも作られてている。

仏壇に供えられている、おりん(鈴)も銅器であるが

それを逆さに沢山つるしてハンドベルのように

楽器を作った方がいて、紹介されていた。何でも

JR高岡駅の列車が発車するときのベルの音が

これで演奏された曲が使用されているそうです。

何度か聴いているのですが、全く気にも留めて

居ませんでした。次回高岡駅に行ったら、ゆっくり

聴いてみましょう。

その、おりんの音は、ちゃんと調律されて出荷して

いるそうで、番組の中でその作業の模様を

しりました。一度たたくと、3つの音階の音が同時に

発せられ、 甲(かん) 乙(おつ) 聞(もん)

の順番に、音が消えて行くように、調律するそうです。

たたく場所によっても音はちがいますし、なかなか

一人前の職人になるのは、大変で、ほとんど世襲

で技術が伝えられるとのこと。

職人としての一生は

① 教えてもらう

② 体得する

③ 伝える

と言うことをする必要があり。最初は 5年間

  ただ聴いている

だけの、作業をするそうです。気が遠くなりますね~ぇ

とかく政治家の世襲が問題視される 昨今ですが。

職人の世界の 世襲 は自分では絶対できないと

思いますが、続いていって欲しいですね!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

意に反して 月命日

2009/7/20

夫婦水入らずの 月命日 のお勤めと思っていたが

予想に反して

次男 茶菓子持参でギリギリ帰参

次女 雨で花火大会が延期になり在宅

といつものメンバ-での月命日となった。

加えて 長野のアパ-トでお勤めをしたという遠距離参加組と

その長女からメ-ルで連絡を受けた長男から

「申し訳ない」という気持ちが届きました。

そうそう、一人(一匹)忘れていました

お勤めをしない 犬 のシオン君も参加意図が

怪しいのですが、お内仏の前に座っていました。

   考えるに

ここを去ること十万億仏土に住む 父親(祖父)から

見ると、愛知と長野なんて同じ所にいるようなものだし

馳せ参じることは出来なかった長男も、気持ちだけ

座っていれば同座しているのと 同じことでした。

賑やかな 有り難い 月命日 となりました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

月命日

2009/7/19

本日は門徒としてもっとも尊敬する、先輩の命日である。

先輩の後ろ姿をみて、寺と深く関わるようにさせて

いただきました。加えて(失礼)我が父親の月命日でもある。

夜8時から、手次寺の若院さん(たまに住職)にお願いして

家族だけの月命日のお勤めをする。我が家に孫が4人

居るけれど、だれひとりお内仏の前に座らないかも知れない。

長男は どこかに行っていて、帰って来られないとのこと。

次男は 昨晩から行方不明

長女は 長野在住なので、自宅(アパ-ト)でお勤めをするそうだ。

次女は 地元の花火大会で そちらの方がいいらしい。

もっとも各人、内仏の前に座れないことを、申し訳ないと

思っているようで、祖父である、釈正覚 さんも

怒っては居ないとおもいますよ!!みなさん

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (4)

慚愧心なき イタダキマス

2009/7/19

先日、お参りした 赤羽別院の 夏のお文 の法話で

講師の青木さんが 近所に住む野良猫(まちねこ)に

餌を与える人が居るが、ウンチの始末をする人が居ない!(怒)

寺の境内がトイレ化されて、困っている、できるなら捕まえて

処分(となりに流れる矢作川の堤防に捨てる)したいが、

これをすると、愛玩動物虐待として逮捕されるかも知れない。

と話されていた。

法律で苛めたり、殺したりしてはいけない動物を規定して

いるが、動物は犬猫ばかりではなく、食卓を飾る

牛、豚、鶏、鯛、今日日本中で大量殺害予定の

    う な ぎ

もすべて命をもつ、生き物である、それらを殺して罪に

問われる業者は居ない、食べている私たちも全く

罪の意識などは、無いのが事実である。

かたや、賞味期限間近の お弁当を値下げして

販売することが問題化して

モッタイナイ

と言う言葉が、再び脚光を浴びた。

私も好んで 他人に モッタイナイ、おとましい

などと云いまくっていたが、果たしてどれだけ

言葉の持つ意味を腹に落としていたか?

怪しいものである!!

日本で廃棄される食べ物は 3000万人分

にも登ると云われている。

食べ物を得られず 餓死 する人も少ない数ではない。

その人たちに対して、また、捨てられる食べ物のために

命を奪われた動物、植物にたいして。

私たちは、単に もったいない だけでなく

申し訳ないという気持ちを持たないといけないと

思わせていただいた、法話でありました。

昔の日本人の使う 

  もったいない

  いただきます

  ごちそうさま

などの言葉にすべて 

  申し訳ない

が、込められていたような気がします。

これからは、慚愧心を入れて云うことに

しましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

なつのお文(ふみ)

20099/7/15

これは当然

   げ の お ふ み 

と云うべきであるが、或る住職さんが

「坊守(主に住職婦人を指す)たちの話を聞いていたら

盛んに ナツノオフミ という言葉が聞こえてきた

嘆かわしい!!」

といわれていました。今日、始めて 赤羽別院(愛知・一色)

の 夏のお文 の法要にお参りさせてもらった。

大派・本願寺では、拝読者がお文を拝読する前に

短い法話(お文法話)をすることが、儀式とのことである。

拝読者は 友人のようにお付き合いさせていただいている

    青木馨 師

であった。あなたにとって幸せとは?

健康、お金、柔和な人との関係??後生&安心(あんじん)

とは何か?というお話で有ったようなきがする。

法話のあとの質問タイムが無かったので、講師控え室まで

お邪魔して、質問させてもらった。

「今生・現世に対して、後生・後世と言う言葉が

行く末としてあるとのお話ですが、生まれる前もあるとの

法話、どのような表現の言葉が当たるのか?」

     答えは

宿世・廣劫多生(こうの字が遍が足りないような?)

なのだそうです。

その他、いろいろ、現代教学の問題点などの指摘も

あり、大変勉強になりました。

問いを持って聞くことが大切と、いぜん友人から

教えてもらいましたが。

本日は、講師部屋にお邪魔した私を、お世話する

女性の方が お客さま と勘違いしていただいたのか

冷たい麦茶 と おいしい メロン が出され

遠慮無くごちそうになりました。

これは、ご利益以外の何物でもないでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

かしまし娘の いただきます

2009/7/12

Photo_2

年配の方ならご存じの 漫才トリオ

かしまし娘

の三人の、ト-ク番組を今朝テレビで放送していた。

何気なく、見ていたら、場所がとある東京の

うなぎ屋 さん

-------------------------

話が進む途中に、うな重が運ばれてきた。

すかさず長女の歌江さんは、両手を合わせ親指と人差し指

の間に割り箸をのせた。三女の花江さんは、箸を持たず

両手を合わせた。次女は割り箸を割り、食らいつくといった

感じで、食べ始めようとしていた。長女が

「あんたも、早くしなさいよ!!」と

いただきますを云うように諭すと

「私は おがまんヨ!!」と次女の照江さん

「そら~ァ いかんわ照江ちゃん」

と妹からも、きついお言葉

------------------------

次女の照江さんは、お行儀がわるいですね。

親の顔が見てみたいものです。

でも、この三人は実の姉妹ですので、親も同じだとおもいます。

おなじ親が、同じように育てたつもりでも、同じようには

育たないものでありますね。

そんな私も、今日の昼ご飯に、いただきます を云うのを

忘れて、食べ始めてしまい、途中で云いました。

照江さんと同じように育っているようです。

その照江さん、食らいつこうとしたうな重をみて

「東京のうなぎは、縦にならんどる、しかも三本も」

「大阪は横向きに二本しか並んどらんのに!!」

とさも徳をしたように、云われていましたが、

お重の大きさが同じならば、下のご飯が見えないように

並べられていると、うなぎの面積は同じなので

徳をしたことにはならないですよ!!

そう言えば、東西の本願寺本山の御堂に敷かれた

タタミの向きが、縦横違うそうです。両方とも同日に

お参りしたことがありますが、私は全くきがつきません

でした。それを指摘された方は、目の見えない方

だったそうです。

次回、京都に行くときは、自分の目で確かめてきましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

お参りしない 犬

2009/7/11

ずいぶん書き込みをサボってしまっています。

書かねばならぬことは有るのですが、筆(キ-ボ-ドをたたく指)が

進みません。そこで、今日は猫の手ならぬ、犬の頭を借用。Photo

頭のバ-コ-ドは別に意味はありません。お遊びです。

Photo_2

仏間に連れて行き、お勤めをしましたが、全く同調する意思なし。

回向が終わり。鐘(きんと書きたいが、該当する漢字を知らない)

が3つなると。あわてて内仏前に駆けつけます。理由は

ご褒美の煮干しがもらえるから。

或る法話で、15年も猫とお勤めしている住職が、いつまで

経っても お勤めする猫にはなりません。と言われていた。

猫は、生まれたときから猫として完成しているので、仏さんに

お参りする必要が無いのだそうです。お参りしなければならない

生き物は、人間だけだそうです。確かに、不完全な人間が

私を含め多いですね。

Photo_3

食堂では、既に与えられた自分の食事を完食してしまったが

お母さんの椅子に飛び乗り、常に物色しています。

そして

Photo_4

根負けして、ハヤシライスをゲット!!

犬はタマネギを食べさせてはいけないと云われていますが・・

大丈夫でしょうか???

それにしても、お茶碗でハヤシライスを食べるのも

味気ないと言うか・・・・

お参りしなくていい、完成した人間に成るために

今日も、お勤め いたします。ナンマンダブ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (1)

まじまじと・・・

2009/7/3

先回の書き込みをしてから、果たして娘の部屋にござる

   三つ折りご本尊

は六字名号であったか、絵像であったか

不安になった。それで、携帯電話で写メしてもらった。

Photo

絵像でありました。我が家のお内仏も絵像です。

両サイドは 親鸞聖人 と 蓮如上人 

であります。こちらは 九字 と 十字 の名号でした。

先回の大学生のお孫さんのお宅は 六字名号だったので

しょうね。

仏供飯(おぶくさん)が皿に盛られていますので。仏供の器と

盛槽を持たせるのを、忘れていたことを知らされます。

やはり、私は目にしているだけで、ちゃんと見ていないことが

多いようです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

法義相続

2009/7/1

早いもので、1年の半分が終わってしまいました。

山陰のある御門徒さんのお話です。

お孫さんが大学に入学され、旅立たれた夕方

お夕事(おゆうじ・夕方の勤行)にと内仏に行ってみると

   「お爺ちゃんへ」

と書かれた手紙が置いてあったそうです。

口うるさかったお爺さんへのイヤミから書き出され

最後には、仏さんに手を合わせることを教えてくれた

その口うるさいお爺さんと18年間生活できたことへの

感謝で書き終わられていました。

嬉しかったお爺さんは、、ひとり車を走らせて会いに

行かれたそうです。部屋に入ってみると、手書きされた

  南無阿弥陀仏

の六字名号が 貼られて有りました。

よくもまあ、こういう孫に育ってくれたものだと

頭が下がったそうであります。

私も県外の学校に長女を送り出すときに、

  三つ折り本尊

を持たせましたが、これはある意味親の押しつけ?

このお孫さんは、お爺さんの思いを超えた願いを

相続されていたということでしょう。

それも、六字名号の無い生活はあり得ない

という日暮らしを、家族全員で続けられた成果です。

法の種まきは怠るべからず!!

それにしても、子供は思い通りには育ちませんが

思わず育つこともあるもんですね~ェ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »