« 二つの 砲座 ではなくて 法座 | トップページ | 法義相続 »

田園流・太極拳

2009/6/28

昨日&今日と 田んぼの 田の草取りの作業を2時間/日

行った。温度計は30の文字を通過し、かなりの高温多湿

状態であったが、田んぼに張られた水が蒸発するので

気化熱を奪い、意外と涼しい環境であった。

     しか~し

腰痛と筋肉痛が襲ってきた。泥の中に足をつっこんで

少しでも手の届く面積の草を取ろうと欲張るので

まるで、静かな動きなれどかなりの運動量のある

太極拳をしている感じである。と言っても太極拳など

一度もしたことがないけどね。

日頃の運動不足に加え、普段使わない筋肉を

使い、転倒しないように気も張っているので

たった2時間の作業で、ぐったり状態になって

しまった。

農作業はいまではかなり機械化されて、辛抱して

作業をすると云うことは減ってきて居るであろうが、

子供のころ、母親の実家の田植えと稲刈りに

猫の手よりましな働き手として、イヤイヤ強制動員

されていたが、そんなものは米作りのごく一部で

収穫までの間に、延々と気の遠くなるような

草取りという作業が行われていたことを、この年に

なって、半分趣味で稲作をしてみて、思い知らされた。

ご飯粒一つでも拾って食べさせられた理由も

今となっては 納得デス!!

日本人の我慢強い性格は、こんな作業を縄文時代から

続けてきたからなので有ろうか??

義務教育の中のどこかの学年の半年を掛けて

最初から最後まで稲作を経験させると良いのではないか

と思う。卒業して永久に使用することも、知らないでも

なんの不都合も無いような知識を、詰め込むより

遙かに人生に有意義であるような気がします。

疲れや筋肉痛が何日も抜けない世代ですので

いつ回復することやら・・・・・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 二つの 砲座 ではなくて 法座 | トップページ | 法義相続 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二つの 砲座 ではなくて 法座 | トップページ | 法義相続 »