« みてござる | トップページ | 仏飯を食べて育つ »

阿難尊者 二度起つ

2009/6/11

毎晩、お勤めの最後に拝読して、みんなで味わっている

蓮如上人ご一代記聞書

に 懈怠 と言う言葉が出てきた。現代語訳には

おこたり なまける 

こととあります。これを読んでいて。赤羽別院(愛知・一色町)

で聞いた。池田勇諦師の報恩講和讃のお話を思い出した。

師のお話に、 阿難尊者が大無量寿経の中で 二度起つ

場面がでてきます。

一度目は 釈尊があまりにも嬉しそうなお顔をされているので、

思わず自発的に立ち上がり、その理由を問います。

二度目は、釈尊に命令されて立ち上がります。

佛告阿難 汝起更整衣服 合掌恭敬 禮無量寿佛

仏、阿難に告げたまわく、「汝、起ちて更に衣服を整え

合掌恭敬して、無量寿仏を礼したてまつるべし・・・」

二度目に起ち上がったと言うことは、

自発的に立ち上がったが、いつの間にかまた座り込んで

いたということです。なぜ座り込んでしまったのか?

師は 「懈怠 していたからだ」 と 云われます。

釈尊のお弟子の中で、一番熱心に聴聞されていたと

云われる 阿難尊者 ですら、懈怠して釈尊から

とがめられて見えるのですから、私などはほとんど

懈怠していて、ごくたまに立ち上がるばかりです。

こんな 私 でも大丈夫なんでしょうか??

蓮如さんは

懈怠おおう(多)なるものなれど、御たすけは治定なり。

ありがたや、ありがたやと、よろこぶこころを、

他力大行の催促なりともうす

と云われています。ちょっと安心いたしました!!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« みてござる | トップページ | 仏飯を食べて育つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

池森さん ようこそ こんにちは
平野さんと言うと、思い当たる方がお二方みえますが、
黒部の平野さんでしょうか? もうひとかたは石川県(京都在住)の方です、さてどちらの方でしょう??
富山と云えば、昨年夏に、八尾・風の盆と五箇山などに
連れ合いと二人でのんびり、青春18旅行を楽しみました。水がおいしくて(蕎麦も)良いところですね。
富山も真宗の盛んなところ、やはり三河と同じ仏教の香りのするところですね。今年もできたらもう一度、風の盆にお邪魔したいと思っているところです。
今後とも(たまにで結構ですので)お立ち寄り下さい。
ただし、あまりご期待なさらぬようにお願いします。
いたずらをする人も見えますので、出来たらハンドルネ-ムなどを使って投稿していただけると、嬉しいです。
では、また・・・

投稿: 釈破旬 | 2009年6月15日 (月) 13時25分

こんにちわ
初めてお目に掛かります
実は、ご存じの平野様より紹介していただきました
平野さんとは同郷であります
今後とも宜しくお願いいたします
さて昨日は、当地の真宗大谷派富山教区第12組同朋大会に参加して参りました
その記念講演の講師に仙龍寺住職の春秋賛{はるあきすすむ}先生の大変感銘する講演を聴いて参りました
これもご縁があったからこそと思いました

投稿: 池森幸雄 | 2009年6月15日 (月) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みてござる | トップページ | 仏飯を食べて育つ »