« 阿難尊者 二度起つ | トップページ | おぶくさん »

仏飯を食べて育つ

2009/6/18

手次寺の若院さんが、以前、こんな法話をしていた。

「おばあちゃんがいつも、私たち(5人兄弟)に

「あんたらは、お仏飯を食べて育ったんやからね」

と口癖のように云っていました。」 

さてさて、おばあさんは何が言いたかったのでしょうか?

当然、法話では語られていたはずですが、覚えていません。

昨日、有る方のブログに お仏飯(ぶっぱん)の記述が

有ったので、コメントを入れた縁で、この若院の法話を

思い出した訳です。

その寺では、門徒さんが作られたお米が、お供えととして

寺に届けられ、それで仏飯を炊いて見えるようで、ご本尊

にお供えされる(若院さんの役目らしい)まで、いろんな

方々のお世話により成り立っていることが書かれていた。

確かに、米 と云う文字からも 八十八の手間が掛かる

という意味があるそうなので、なにごともいろんなお陰

で存在することを教えられますね。

少しこじつけ気味ですが。お仏飯と一緒にお香が焚かれます。

我が家は通常は線香ですが、その香りがかすかに仏飯に

移ってしまいます。以前は、そのお下がりをそのままの

形で、冷えた状態で食べていましたが、最近は電子ジャ-

が有りますので、戻して暖めて他のごはんと混ぜて

食べてしまいます。家族全員でお下がりをいただいて

いるわけです。

-----------------------

染香人のその身には

香気あるがごとくなり

これをすなわちなづけてぞ

香光荘厳とまふすなる

-----------------------

かすかに香のかほりのするご飯を、毎日食べていると

この和讃に有るような、染香人になれるような気も

しますので。有り難く毎日いただくようにいたしましょう。

我が家では、このお仏飯のことを おぶくさん と

呼んでいます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« 阿難尊者 二度起つ | トップページ | おぶくさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

junさんこんにちは
お仏壇(お内仏)が無いんですか・・・
私としては寂しいのでは無いかと思いますが、そういう
家庭が増えているんでしょうね。仏壇やさんがナカナカ
売れずに苦労しているとききます。
仏飯について、少し薀蓄を今晩にでも書き込みましょう

投稿: 釈破旬 | 2009年6月18日 (木) 15時04分

オブクサン。そういえば子供の頃、この言葉は日常語であった。我が家では朝のお勤めが終わると直ぐに下げ、母の朝食であった。ジュラルミンの筒から押し出した、円筒形の形のものだった。昔からのしきたりを守るため、戦後の食糧難の時代でも、朝は白米で、昼飯・晩飯は代用食であったと、後に父から聞いた。我が家にはそんな歴史がありました。独立した我が家には、仏壇もなく、そんな歴史も引き継がれていない。

投稿: jun | 2009年6月18日 (木) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阿難尊者 二度起つ | トップページ | おぶくさん »