« カムバック!!どん・ふぁ-ま- | トップページ | 旬の味 »

上人(聖人)かねてしろしめして

2009/5/16  

いろいろ仏法で悩むことが多い 破旬くん であるが。

そんな悩みは 親鸞聖人や蓮如さん、そして釈尊は

すでに先刻ご承知で、キッパリと回答を出してくれて

居るようである。いろんな聖教をつまみ読みしていると

答えが見つかることがあります。

先日書き込みをした、 ゴタイゲサン

について、「蓮如上人御一代記聞書」

にこんな物がありました。

-----------------------

8 一 「他力の願行をひさしく身にたもちながら、

よしなき自力の執心にほだされて、むなしく流転

しけるなり」とそうろうを、え存ぜずそうろうよし、

もうしあげ候うところに、仰せに、「ききわけて、

え信ぜぬもののことなり」と、仰せそうらいき。

------------------------

当然、この文章では私は理解できませんので、西本願寺の

現代語訳によりますと。仰せに 以降は

------------------------

蓮如上人は、「これは、他力の救いを頭で理解した

だけで、信じることのできないものをいうのである」

と仰せになりました。

--------------------------

とありました。頭以外で理解するということは、身体で理解する

と言うことなのでしょう。つまり 体解 すべし!!となります。

真宗では、仏法は 毛穴から入る といいますからね。

また、「仏さんの話を聞いても、右の耳から入り左の耳から

出てしまう」という方もみえますが、一端 身体の中に入れば

水銀やカドミウムのように微量ずつでも蓄積されるとも

聞きました。やはり聴聞につきるようです。

念仏の回数のことも、親鸞聖人の書かれた

  「一念多念文意」

という書物(まだ読んだことがない)に回答が示されて

いるようです。

最近、我が家では、夕事のお勤めに お文(御文章)の

拝読に代えて、この 

  「蓮如上人御一代記聞書」

を原文+現代語訳で、ひとつずつ味わう(ただ読んでいるだけ)

ようにしました。一巡するのに約一年かかるそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

生意気にも、ブログランキングに参加中

上のバナ-をクリックして、応援乞う!

|

« カムバック!!どん・ふぁ-ま- | トップページ | 旬の味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凡愚さんこんにちは
凡愚庵のブログにいつの間にかリンクを張っていただいているようで、深謝!!
御和讃に「染香人のそにみには~」というのがありますが、お香の香りがするような人間になりたいものですね!!
私の場合は毛穴にひとつずつ疑蓋が装着されているようで、これがまた頑丈につくられています。ひとつずつ破壊しているのですが、修復作業を誰かがやっているようであります。
東西発行の書物を併用すると微妙に順番が変わっていたり、読み方が違っていたりして困るというか、余分に注意深く読まねばならないので、良くもあり、悪くもあります。

投稿: 釈破旬 | 2009年5月18日 (月) 13時01分

法は毛穴から浸みいる。

毛穴の手入れをおこたらないようにしなければなりませんね(^◇^)熏習くんじゅう、衣服に香の香りが染みつくように様々な縁により無意識のうちにしみついていくんでしょうね。不思議としみつけようと思うとなかなかしみつかないですよね

投稿: 凡愚 | 2009年5月18日 (月) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カムバック!!どん・ふぁ-ま- | トップページ | 旬の味 »